エルダー・スクロールズ・オンライン ブラックウッド

ESO コミュニティスポットライト:Celkaeによるアネクイナスタイルのコスプレ

ESOのファンであり、コスプレイヤーであり、そして無類の猫好きでもあるCelkaeは、豪華なアネクイナスタイルのカジートの鎧を制作し、砂漠に住む獣人の優雅さを再現しました。今回のコミュニティスポットライトでは、Celkaeのコスプレ制作過程と彼女のThe Elder Scrollsシリーズとの出会いについてご紹介します。

まずは、インタビューにご参加いただきありがとうございます!早速ですが、The Elder Scrollsを始めたきっかけや最終的にエルダー・スクロールズ・オンラインに辿り着いた経緯を教えてください。


私は古参のThe Elder Scrollsファンです。最初に出会ったのはエルダー・スクロールズIII:モロウウィンド(Morrowind)で、それ以来ずっとファンでいます。2014年の発売当初からESOのことは知っていましたが、すぐにはプレイせずにゲームに関するニュースやアップデートのみを何年も追い続けていました。しかし、エルダー・スクロールズ・オンライン「エルスウェア(Elsweyr)」のチャプターがリリースされた時、そろそろ始めてみるべきだと決心しました。

今回のコスプレの制作には、どれほどの期間がかかりましたか?


今回は長期間を要しました。2021年の1月頃からこのカジートのコスプレを作り始めましたが、数週間手を付けなかった時期もありました。


カジートのアネクイナスタイルは非常に繊細で複雑なデザインですが、コスプレ制作に踏み切った理由を教えてください。


私は大の猫好きで、カジートはお気に入りの種族です。Elder Scrollsのゲームをプレイする際は毎回カジートを選んでいます。アネクイナの重装鎧のコンセプトアートを目にした時、そのデザインの細かいディテールの数々に感動しました。また、兜があることで、難しかったカジートの顔を再現する手間を省くことができました。



この新しいコスチュームを制作するにあたり、どのような計画を立てましたか?


まず、鎧をあらゆる角度から把握できるように、できるだけたくさんの参考後像を見つけることから始めました。そして、この鎧が実際に存在したらどういう風に見えるのかを想像し、それをうまく再現するために木材の彫刻や箔置き、革などの画像を鎧の造形や塗装の際に参考にしました。



精巧なデザインの胸当てや兜、盾の制作には、どのように取り組みましたか?


まずはコスチュームの様々なデザインをスケッチするところから始めました。普段は紙に書きますが、左右対称の模様が描かれた盾のように複雑な形状のものはデジタルで描きます。次にそのデザインを切り抜き、粘着紙で貼り合わせて、鎧の大まかなアウトラインを作成しました。そして納得がいくものができたら、EVAフォームでそのデザインを複製し、接着剤を使用して貼り付けていきます。さらに細かい部分は、水を少し混ぜた柔らかいペースト状になるフォーム粘土で作成しました。これは一度乾くと固まりますが、非常に軽いため紙やすりで削ることができます。

次に、カッターを使用して木の効果を素材に彫っていきます。革のような質感を持つ布を貼り付けて塗装することにより、鎧に革の効果を与えました。さらに、鎧を装着したまま動いてもひび割れしないように、弾力性のあるFlexi Paint(フレキシペイント)を下地に塗って細かい凹凸を滑らかにします。盾の月はアクリル絵の具で描き、鎧の雫はクリスタルレジンで表現しました。仕上げに、リネンを使って服を縫製し、塗装したライクラで尻尾と手袋を制作しました。



このコスプレを制作する上で、最も苦労した点は何ですか?


間違いなく兜ですね!デザインに悩んで3回も造形を繰り返しました。左右対称にするために、それぞれで使用される素材のボリュームのバランスに気を配る必要があったんです。個人的には、兜がコスプレの中で最も重要なパーツだと考えています。最初に人の目に触れるパーツであるため、作りが雑だと他のパーツの評価も下がってしまう恐れがあるからです。



このようなコスチュームを制作したいと考えている新人コスプレイヤーに、何かアドバイスはありますか?


コスチューム制作の初心者で、今回のような複雑なコスプレに挑戦したい場合は、最初から最後まで一つ一つのパーツ制作に集中することをお勧めします。肩当てや腕章など、簡単なものからで構いません。その工程を楽しんでから、他のパーツへ移りましょう。ゆっくりと時間をかけて、辛抱強く取り組むことがとても大切です。最初は難しくて、思い通りに作るためには何度もやり直さなくてはいけないかもしれませんが、落ち込まないでください。何度か挑戦するうちに、夢にまでみた作品がきっと出来上がるはずです。

そして、自分と似たようなデザインのコスプレをチェックしたり、制作過程について他のデザイナーに気軽に質問したりするようにしましょう。Instagramでは多くのコスプレデザイナーを見つけて学ぶことができます。また、KamuiEvil Ted SmithPunished Propsなどの経験豊富なクリエイターが、インターネット上で制作方法を多数公開しています。

今後の予定は何ですか?ESOのコスプレをさらに制作する予定はありますか?


他のESOのコスプレ制作も検討しています。何といっても、素敵なデザインのものがたくさんありますからね。それから、すでに制作済みのカジートの鎧でコスプレ大会に参加することも考えています。

他の作品はどこで見ることができますか?


コスプレの制作過程や過去の作品をInstagramで公開しています。

素晴らしいコスプレ作品についてお話しいただいたCelkaeに大変感謝します!ESOコミュニティが気に入ると思うESOに関する作品を見た、または制作した場合はTwitterでお知らせください。

最新ニュース