エルダー・スクロールズ・オンライン ブラックウッド

ESO コミュニティスポットライト:試練のギルド

ESOの最も難しいコンテンツを経験する最善な方法の1つに、ギルド機能の利用が挙げられます。
今回の新しいコミュニティスポットライトでは、エンドゲームの試練を進行する2つの異なるギルドにお話を伺いました。
Xbox Oneの北米サーバーにあるUprising SavagesのMr. Shadowと、PC/Macの北米サーバーで新しく作成され、すでに成功しているギルド、Clown CoreのJokerとRajaです。


皆さんのギルドについて教えてください!
最初に結成したのはいつですか?
また、いつESOのエンドゲームの試練のコンテンツに挑戦し始めましたか?


Mr. Shadow:Uprising Savagesは、ゲーム内において現在でも最も困難な試練の1つである、難易度ハードモードのモー・オブ・ローカジュに挑戦するため、One Tamrielのアップデートが実装される直前に結成しました。
現在は、記録を更新し、切磋琢磨し、一番になるために自分たち自身を追い込むことに重点を置いています!

Raja:約1ヵ月前にエンドゲームのレイダーたちと一緒に結成しました。
当初の目的は、試練「クラウドレスト」のハードモードの実績「グリフォンの心臓」を達成することでしたが、嬉しいことに初日で達成することができました(素晴らしいでしょう!)。
その後、チームは、記録の更新を追求することを決断し、その時に私もこのギルドに参加しました。


組織とメンバーシップという点において、どのようにギルドを構成していますか?

Mr. Shadow:12人のメンバーから構成される中心となるチームがあり、その下に数人の代理プレイヤーがいます。
また、長い間ギルドに所属しており、同じ志を持った信頼のおけるオフィサーも数人います。
オフィサーはギルド内が良好な関係を維持する手助けをし、私たちの試練の進行に対するフィードバックや、どのように私たちが改善できるのかという意見を共有します。

Joker:私たちは、ギルドマスターを中心にこのギルドを構成しました。
このギルドに所属しているのは、ギルドマスターの知人で、一緒にプレイしたことがあるプレイヤーのみとなっています。

Raja:Clown Coreの素晴らしい特徴の1つは、優れたプレーヤーが集ったグループであるにも関わらず、大部分は同じレベルだと感じることです。
これにより、多くのアイデアが生まれ、アドバイスをできるようになっているのです。



異なる試練のグループが複数ありますか?それとも中心となるチームが1つだけありますか?

Mr. Shadow:私たちは、可能な限り一貫性のあるパフォーマンスを維持したいため、中心となるチーム1つのみです。

Raja:Clown Coreは1つのチームだけで構成されており、私はそのスタイルを気に入っています。
内部競争がより少なくなり、ギルドを進歩させることに、より集中できるからです。


どのようなプレイヤーや性格が完璧な試練のグループを作り上げると思いますか?

Mr. Shadow:完璧な試練のグループというのは存在しません。
性格の不一致もありますし、言い争いも起こります。
私は正直、グループに必要なことは、同じ目標を持つことだと思います。
プレイヤーは意欲的に練習や記録更新に取り組むべきですし、試練の時間通りに来ることは当然のことです。

Joker:理想のグループは、お互いに助け合い、仲が良く、お互いのために時間通りに来るグループです。

Raja:スキルは重要ですが、Jokerも話した通り、素晴らしいグループを作る時に、スキルは重要性が高いものではありません。
多数の優れたプレイヤーが存在しますが、グループとして上手くいかなければ、元も子もありません。
私にとってグループで重要なことは誠実さです。
約束を守り、仲間である主要メンバーを気に掛けることができるプレイヤーを求めています。


皆さまのチームは戦闘中にどのようにコミュニケーションを取りますか?指示を出すプレイヤーは1人ですか?

Mr. Shadow:これは中々厄介で、私たちが達成しようとしている試練によって変わります。
時には、1人が多くの指示を出しますが、何か発言する必要がある場合は、グループメンバー全員に発言する権利があります。
例えば、クラウドレストでは、誰かがファイヤの攻撃を受けた場合(チームが集合する必要があるファイヤコメットの範囲攻撃)、残りのメンバーが呼びかけるべきです。
グループのやり方を変更する必要があるにも関わらず、変更されていない場合は、誰かがはっきりと発言するべきです。

Joker:私たちのギルドは、指示を出すプレイヤーが1人だけというわけではなく、必要に応じて、全員が指示を出すことができます。

Raja:指示に関して言えば、「戦闘に関する情報があれば、共有する」という考えを強く支持しています。
簡潔に、明確に要点を伝え、必要な場合はいつでも発言するという考えです。



攻撃、防御、回復が得意ということ以上に、他にどのようなスキルが試練のグループメンバーとして重要ですか?

Mr. Shadow:学び、改善し、忠告を受け入れ、試練に時間通りに参加し、仲間のレイダーと協力することができるという能力です。

Joker:賢明で機転が利く指示は、プレイヤーが死亡したり、多くのDPSを失うという事態を避けることができます。

Raja:もう1つ重要な能力は、失敗を恐れない能力です。
物事が思わぬ方向へ進むことも多々ありますが、それによって自分やチームの足が引っ張られてはいけません。
残りのメンバー11人があなたなら最善を尽くせると信じているため、笑い飛ばしてもう1度挑戦しましょう。


新しい試練やダンジョンに対してどのような準備をしていますか?

Mr. Shadow:練習し、ストリーム配信を観て、セットについて話し合い、挑戦する予定の試練に向けてグループ構成を練り上げます。
私たちにとってよりやりがいがあることは、プレイヤーを鼓舞することです。
私たちにあるのは他のプレイヤーと同様に、PTSで学んだことだけで、私たちのやりたいことを試すことはできません。それでも、試練がコンソールに実装されるまでに、PC/Macですでに難易度ハードモードを完了したため、次に何をすべきかという良いアイデアはすでにあります。また、アドオンへのアクセス権がないため、一部のコンテンツはより挑戦的になります。これを克服するための最善の方法は、何度も何度も繰り返すことです!

Joker:PTSは、新しい試練やダンジョンを試すには最善の方法です。

Raja:同感です。
私たちが好きなことの1つとして、半分の大きさのグループで難易度ノーマルの試練に行き、一部のメカニクスを確認することです。
難易度ノーマルはそれほど危険ではないため、楽しむにはぴったりです。


ゲームの最も困難とされる一部のコンテンツに挑戦することを踏まえ、ギルドに参加したいというプレイヤーに対してどのような条件がありますか?

Mr. Shadow:私たちははっきりとした条件がありますが、新しく中心となるメンバーを選抜する際には経験が重要となるため、条件を満たすことだけが求められるわけではありません。
性格も時によっては重要なことですが、私は試練に時間通りに姿を見せない、または話を聞かないというタイプの性格ではない限り、性格を主要な判断材料にはしないようにしています。

Joker:私たちのギルドに参加できるプレイヤーは、ギルドマスターの知人で、一緒にプレイしたことがあるプレイヤーだけです。

Raja:最高レベルのエンドゲームにいる多くのグループは、「誰と繋がっているのか」を基盤として組まれています。
プレイヤーはすべての攻撃のDPSを確認しており、参加可能な時間も明確です。
より重要なことは、私たちが必要とする時に、手を貸し協力してくれるかということです。


試練の難易度ベテランやハードモードに挑戦したいプレイヤーはどうすれば基本スキルを向上させることができますか?

Mr. Shadow:見つけられるすべてのリプレイを入手しくてださい。
プレイしたいスタイルをプレイヤーキャラクターで練習し、戦闘方法を学びましょう。
個人的には、いつ何が起きて、何を強化する必要があるのか分からないため、すべてのクラスと役割を練習することをお勧めします。

Joker:動画を見て、プレイヤーと話し、試行錯誤し、試練の前に準備をすることです。

Raja:そのすべてと併せて重要なことは、進行グループやその場しのぎで組まれたグループに参加することを恐れないことです。
いつも素晴らしいグループに飛び込めるとは限りませんが、そこで多くのことを学べるため、時間と労力を費やすだけの価値があります。



試練のギルドを始めようと考えているプレイヤーに何かアドバイスはありますか?

Mr. Shadow:時間も労力をかかります。
最も大変なのは、同じ目標を持ち、常に試練に一緒に挑戦するメンバーを11人見つけることです。
ディスコードや他のチャット用のアプリを使用すると、誰が試練に来るのか、誰が来られないかをまとめて把握することができるため、大いに役立ちます。
最も重要なことは、自分がプレイしているプラットフォーム上のコミュニティを知ることです。
なぜなら1日の終わりには、そのコミュニティの誰かがレイドに参加することになるからです。

Joker:素晴らしいギルドマスターになることです!仲間のメンバーを助けながら、楽しめるようにしましょう。

Raja:自分自身がしっかりと目標を持ち、ギルドに参加しているプレイヤーが同じ志を持っているか確認しましょう。


あなたのギルドにとって次のステップは何ですか?
サンスパイアが楽しみですか?


Mr. Shadow:はい、サンスパイアが次のステップであり、私たち全員が次の神殺しになることを楽しみにしています!

Raja:私たちは、今もクラウドレストの世界記録を目指しているため、もう少しそれに集中する予定です。
その後、サンスパイアに挑戦できればと思っていますが、グループの仲間次第です。


Mr. Shadowさん、Jokerさん、Rajaさん、貴重なお時間とギルドに関する質問にお答えいただきありがとうございました。
エルダー・スクロールズ・オンライン:エルスウェア(Elsweyr)の一部として登場するサンスパイアで、ESOの最も困難なエンドゲームのコンテンツを確認し、試練のギルドに参加しましょう!
またはギルドを結成する絶好のチャンスです!
自分にぴったりなギルドを見つけるためにギルド検索を使用することをお忘れなく!

あなたはエンドゲームの試練のギルドに所属していますか?
Twitterでお知らせください!



最新ニュース