エルダー・スクロールズ・オンライン ロスト・デプス

ESO開発チームが明かすテイルズ・オブ・トリビュートのお勧め戦略

テイルズ・オブ・トリビュートの開発チームが推奨するパトロンやカードのコンボについて学び、タムリエルの酒場に旋風を巻き起こす準備をしましょう。

最初に選択できる4つのデッキに加え、ハイ・アイルで冒険を進めていくとさらに4つのデッキをアンロック可能なため、テイルズ・オブ・トリビュートをプレイして勝利する方法は数えきれないほど存在します。今回は、ESOの新しいデッキ構築型カードゲームを設計・テスト・調整する中で、テイルズ・オブ・トリビュートの開発チームが編み出したお気に入りのデッキと戦略をご紹介します!

セララスによるリード&リアクト

シニアシステムデザイナーのJohn Carlsonは、ロアマスター・セララスのカードとパトロンのアビリティでマッチをコントロールする戦略を好みます。

「私が先手の場合は、常にセララスで開始します。そうすることで選択肢を広げることができ、対戦相手のパトロンに応じて2つ目のカードを選ぶことが可能です。もし後手だった場合は、パトロンの保有しているアビリティからアンセイのフランダー・フンディングを選択します。」と、Carlsonは説明します。

フンディングは、好意を得ている状態では1ターンにコインを1枚ずつ提供することによってマッチ序盤でリードするのに役立ち、タバーンから欲しいカードを獲得するための資金を常に確保しておきたい場合には絶好の選択肢です。また、フンディングのカードは勝利を獲得するために必要なパワーも提供してくれます。

「通常はどちらか一方のパトロンのカードを多く獲得することに集中しますが、上記のカードを両方所有している場合は、序盤はコインとカード選別のためにセララスのカードを獲得し、中盤では多くのパワーを得られるフンディングカードの購入に獲得したコインを使用します。いずれかのフンディングのエージェントと2枚の「夢見の洞窟」を使用すれば、毎ターン強力な手札を揃えられます。「夢見の洞窟」は、私が全デッキの中で一番気に入っているカードです。」



「ノー・シラの詩人」と「夢見の洞窟」は、ドローをコントロールするのに役立ちます


特に「夢見の洞窟」は、自身のデッキの上4枚のカードを確認し、最大4枚までのカードを選択して、クールダウンパイルに移動させることができるため、旨みが多い強力な選択肢です。一方「ノー・シラの詩人」は、自身のクールダウンパイルからカードを1枚、自分のデッキの一番上に戻すことができます。どちらも、次のターンで確実にコンボを引きたい場合に特に有効です。

フラールによる勝利の買収

テイルズ・オブ・トリビュートのアソシエイトUIエンジニアのMatthew Haworthは、勝利の道を買収する戦略を好みます。


「デルメネ・フラールと妖術王オルグヌムのパトロンデッキは比較的シンプルなため、私のあまり考え込まないゲームへのアプローチに適しています。早期にコインを獲得し、タバーンから必要なものを何でも手に入れることができるフラールは、特に我慢強いタイプではない私にとっては有難いものです。オルグヌムのカードは同じカードでコンボしやすい物が多く、大量のプレステージを直接獲得することが可能で、挑発するエージェントを(厄介なアビリティを持っていない限り)無視することができます。」と、Haworthは話します。


フラールによる安定した収入を利用してオルグヌムのカードに移行すれば、素早くプレステージ勝利を収めることができます。


「フラールは、オルグヌムという火に燃料を供給してくれます。フラールからのコインと、自分のデッキに直接カードを生成できるオルグヌムのアビリティを利用すれば、デッキのサイズに応じて増減するオルグヌムのパトロンのアビリティを活かすための大型のデッキを組みやすくなります。「十分の一税」や「オルグヌム王の指揮」のようなコントラクトカードを複数回発動し、最終的にゲームを勝利に導くパワーを獲得することができます。」




「通貨取引所」と「オルグヌム王の指揮」はパトロンを操ることができます


「通貨取引所」(コンボの一部である場合)と「オルグヌム王の指揮」は、自分のターンに追加のパトロンのアビリティを使用できるため、予想外の一手につながることも多く、場合によってはパトロン勝利を一気に奪い取ることも可能です!

ゲーム終盤の爆発的なセットアップ

品質保証部門のテスターであるのMichael Nicholsは、聖ペリンとカラスの公爵のデッキ構築能力を組み合わせる戦略を好みます。

「聖ペリンはパワー、カラスの公爵はコインを提供してくれるため、たとえ弱いカードでも両方のデッキからカードを何枚か持っておくと、ゲーム後半で何か足りないという事態を防ぐことができます。ペリンのカードによる安定したプレステージ獲得と、公爵のコインやパトロンのアビリティによる終盤の爆発的な追い上げのどちらかにどれほど傾倒するかで、ゲームのプレイ方法が異なります。正しい比率は、対戦相手の戦略次第です!」と、 Nicholsは説明します。

適切なカラスの公爵のカードをプレイすれば、1ターンでデッキをすべて引ききることも可能で、コンボを確実に決めることができるようになります。

「カラスの公爵は、コインを獲得するために同じカードとコンボすることも良いですが、その追加のドローカードはほぼすべてのデッキで機能します。もしコインをかき集めることができれば、余分なドローカードを手に入れて聖ペリンのようなパワーを提供する強力なカードにシフトしていきます。この余分なドローカードは、コンボボーナスによるパワーの供給を維持し、「あとひと押し必要だったパワー」を獲得し続けることができます。



招集とガーガー演説のカードは、ドローとパワーを提供します


「招集」のようなカードによって聖ペリンはパワーを生成する方法に事欠くことはなく、「ガーガー演説」などのカードによるコンボで、カラスの公爵はパワーを頻繁に提供してくれます。最終的に勝利するためにはプレステージが必要ですが、それを獲得するための最も確実な方法の一つは、パワーを蓄積してターン終了時にプレステージと変換できるようにすることです。デュークとペリンを組み合わせることで、賢明なNicholsは勝利への道を2つも切り開いたのです!

個人的にこの謙虚な編集者は、赤鷲のデッキを減らす要素と、ストレートにパワーを提供する聖ペリンを組み合わせて、対戦相手がデッキを完成させる前に早期勝利を目指すことを好みますが、これも数ある中の一つのプレイ方法に過ぎません!皆さまがテイルズ・オブ・トリビュートに挑戦する際は、勝利のためにどのような戦略を立てますか?Twitterでお知らせください。

エルダー・スクロールズ・オンライン:ハイ・アイル(High Isle)は、現在配信中です。


最新ニュース