エルダー・スクロールズ・オンライン ブラックウッド

キャラクター特集 ー シスター・セルディナ

目覚めの炎教団の大司祭であるシスター・セルディナの素性は、デイゴン教団のリーダーである彼女自身と同様に邪悪でミステリアスなものです。最新のキャラクター特集で、最も熱心な定命のデイゴン信者について学びましょう!

拝啓ケシュ総督

総督、悪い知らせです。象牙旅団の持ちうる限りの力を尽くしていますが、この新たなメエルーンズ・デイゴンの教団、目覚めの炎教団の大司祭を見つけるには至っておりません。何人かの信者に事情を聞きましたが、彼らは新たに入信した者たちで、組織の実態に関しては何も知りませんでした。「破壊者」「災害の化身」「破滅の運び手」など、邪悪な肩書きを持つ者たちの噂は耳にしましたが、追及できるほどの実名はほとんどありませんでした。しかし、今後の調査に繋がる一人の名前をついに聞き出すことに成功したのです。その女の名は、シスター・セルディナです。

私が把握している限りでは、シスター・セルディナは現在ブラックウッドにおりません。つまり、我々が今抱えている問題は、他のデイゴン信者の仕業と考えられます。そして、どうやら目覚めの炎に新たに入信した者たちの多くが、彼女が執筆した数々の証言を読んでおり、一部の者によれば、彼女は「どこか遠く」にある秘密の要塞で、修練者たちの訓練を監督しているとのことです。さらに興味深いことに、20年から25年前にシスター・セルディナがロングハウス帝の王宮と繋がっていたという手がかりを発見しました。

私が生まれるより少し前のことだったため、シロディールにそのような名前の者がいなかったかロヴィディカス評議員に尋ねてみたところ、彼はこう答えました:

「シスター・セルディナ?その女性なら覚えているよ。彼女はモリカル皇帝が統治していた第二紀556年か557年頃に白金の塔にやって来て、3、4年の間シロディールに留まっていた。彼女はブレトンの司祭で、背が高く、鋭く暗い目を持ち、どこか冷淡だった。彼女は力強く、まるで彫像のようで、人の注意を集める態度と存在感を持っていた。思わず目を背きたくなるほど不気味な眼差しで私をじっと見つめるセルディナが脳裏に焼き付いているよ。

彼女がどのような司祭だったのか、宮廷での目的は何だったのかを明確に突き止めることはできなかった。当時のモリカル皇帝は、リーチの魔女や秘術師、詐欺師、利益追求者、影響力を持つ行商人など、影のある人物を顧問として集めていた。シスター・セルディナが彼の傍を片時も離れないこともあったが、彼女が他の助言者の前で彼に助言することはほとんどなかった。時には何か月も姿を消すこともあったが、行き先は誰にも分からなかった。

ある時、私は調査員を雇い、シスター・セルディナの事や彼女のモリカル皇帝に対する助言について調べた。調査員の調べにより、幼い孤児だった彼女はマグナスの司祭に引き取られ、ストームヘヴンの近くにある修道院で育ったことが判明した。しかし、第二紀541年にダーコラクのリーチの民による大群が修道院を略奪し、彼女や他の人々を監禁したのだ。修道院が破壊されてから数か月後に彼女はようやく姿を現したが、それは誓いを放棄して修道院を去るためだった。その後、ダガーフォールからレヤウィンまで航海し、第二紀544年ごろに消息を絶った。セルディナがその後の10年をどこで過ごしたのか私には見当もつかないが、ある日、白金の塔に現れて皇帝モリカルに忠誠を誓い、皇帝から宮廷での小役を与えられた。そして数年後、彼女は現れた時と同じように突然宮廷を去った。彼女の姿はそれ以来見ていない。

ロングハウス帝の秘めたる忠誠心や目覚めの炎教団の台頭について、今私たちが知っていることを考慮すると、シスター・セルディナがモリカル皇帝の宮廷でメエルーンズ・デイゴンの司祭として仕えていたとしても、なんら不思議ではない。モリカル皇帝自身が望んで広めたわけではなく、その過ちは息子のレオヴィックに託されたのである。しかし、私はシスター・セルディナがマグナスの聖なるシンボルを身につけているのを見たことはないし、彼女がマグナスの名のもとに祈りを捧げるのを聞いたこともない。」

シスター・セルディナに関しては、ロヴィディカス評議員の記憶のみが収集できた情報のすべてです。もう少し良い報告をお知らせしたかったのですが、シスター・セルディナがどこにいようと、現時点では我々の手には届きません。もしレヤウィンに姿を見せたら、彼女の捕獲を最優先にします。しかしその間も、我々は謎の大司祭に対処せねばならず、目覚めの炎信者たちにすべての動きを監視されているのです。

あなたの忠実なる部下、

ライアン・リオレ隊長

レヤウィン象牙旅団

シスター・セルディナと彼女のタムリエルでの計画については、現在すべてのESOプレイヤーの皆さまが無料で利用可能なデッドランド(Deadlands)のプロローグと、まもなくリリース予定のDLCゲームパック「デッドランド(Deadlands)」で詳しく知ることができます。タムリエルの民に対するメエルーンズ・デイゴンの最終計画がついに明らかになるのが楽しみですか?シスター・セルディナが、破壊の公の計画における重要な役割を担っていることは間違いありません。Twitterでお知らせください。

デッドランド(Deadlands)のプロローグクエストラインは、現在すべてのESOプレイヤーの皆さまが無料で利用可能です。エルダー・スクロールズ・オンライン:デッドランド(Deadlands)は、11月1日に登場予定です。


最新ニュース