エルダー・スクロールズ・オンライン ファイアソング

エルスウェアとカジートの生活を見に行こう!

カジートの魅惑的な故郷は何故ユニークなのでしょう?
カジートが故郷と呼ぶエルスウェアの遠く離れた地へと飛び出しましょう!


エルスウェアの暖かい砂の上を散歩しよう

エルダー・スクロールズ・オンライン:エルスウェア(Elsweyr)では、吹きさらしのサバンナや、岩だらけの砂漠の渓谷、そして密集したジャングルで構成された大規模で生き生きとした世界を冒険することとなります。
昨年のチャプターであるエルダー・スクロールズ・オンライン:サマーセット(Summerset)で見られた手付かずの自然とは全く違う環境が広がっています。


「私達にとって、サマーセットは通常の世界からハイ・ファンタジーのうっとりするような世界へと旅立つ出発点のようでした。
しかし、エルスウェアでは、より伝統的なElder Scrollsの雰囲気に戻したいと思いました。
そのため、エルスウェアはサマーセットほど緑は生い茂ってはいませんが、独特の美しさと魅力がある、非常に異国情緒漂う土地となりました」と、エルスウェアのゾーン開発リーダーであるGreg Rothは説明します。


エルスウェアの環境のアイディアを思い付いた時、チームは現実の世界にある複数の情報源からインスピレーションを得ました。


「通常、新しいゾーンを計画する時は、常に複数の実世界からインスピレーションを得て、それぞれ組み合わせるようにしています。
例えば、エルスウェアの草原は、東アフリカを参考にし、南にある熱帯地域は、南インドやインドネシア、タイに注目しました。
こうすることにより、プレイヤーの皆さまに、現実に根付いた経験でありながら、少し違った経験をもたらすことができます」と、新しいゾーンのシニアコンセプトアーティストであるJoseph Watmoughは話します。




エルスウェアの高い地形のコンセプト

マップの中心部を切り開く巨大な渓谷である、スカーなどの新しいの岩だらけのゾーンを設計する時でさえも、チームはインスピレーションと方向性を得るため、周りの世界に目を向けていました。


「私たちは、この岩が生成されると思われる種類の岩を含む様々な種類の断層を調べ、岩の実際の層化が全地帯でどうなっているのかを調査しました。
エルダー・スクロールズ・オンラインでは、全てのものに意味があります。
私たちがただ何かを思いつくということは決してなく、それが生物群系にとって適切であり、現実世界の類似物があるかを確認するために、なぜそれがここにあるのかという根拠を探します。」


タムリエルという世界にあるルールには、常に現実を基にしている理屈があります。
事細かに注意を払うため、ESOのデザイナーには目を奪われるほど魅力的で、現実的であり、楽しくプレイできる環境を作成するという、ユニークでやりがいのある課題が与えられます。


「エルスウェアを作成するにあたって挑戦的だったのは、勾配と道でした。
この新しいゾーンには、多数の崖やその間を通る巨大な渓谷があるため、プレイヤーの皆さまが難なく進めるようにこれらのすべての渓谷と景色を組み立てるのは容易ではありませんでした。
いくつかのロケーションでは、眺めるにはとても素敵ですが、渓谷で行き詰まり、通じる道を探すために100mまた進まなければならないのは苛立たしく感じることもあるので、私たちはそのロケーションに戻って抜けられる小道をさらに追加しなければなりませんでした」と、ワールドビルディングの責任者でESOのアーティストリーダーであるKevin Boehmは説明します。




豊かだが危険な世界

もちろんチームは、どのロケーションも、余すところなくユニークであるようにし、プレイヤーの皆さまがエルスウェアの驚くほど美しい名所を思う存分楽しめるように力を注ぎました。


「私たちは、水道橋やオークレストの街のように、重要な要素が離れた距離からでも確実に見えるようにすることで、プレイヤーの皆さまが常に何か面白いものへ向かっていると感じられるようにしました」と、Boehmは話します。


南の猫人間

最も古いタムリエル文明(恐らくエルフが到着する以前)についてのある言い伝えによれば、カジートは独自の文化と文明を何千年にも渡って発展させてきたそうです。
カジートはタムリエル以外でも、窃盗やさらに悪いことをする、ということで有名ですが、ESOチームは、さらなる否定的な固定概念がないように、彼らの文化を探求する時には注意を払いました。


「私たちはすでに何が固定概念なのか知っていたので、カジートの文化の他の側面も確実に見せるようにしなければなりませんでした。
例えば、カジートの家族がどのように機能しているか、などです」と、Greg Rothは話します。


エルスウェアでは、見た目が様々なカジートが家族やクランを構成することもでき、この毛皮を持つ者の多様性は、常に新しいゾーンでの冒険の背景にあります。


「すべてのカジートが大体似た容姿で生まれますが、いつ生まれたかによって、年を重ねるごとに異なる外見へと成長します。
生理学的に大差がある兄弟や姉妹を持てるのです。
例えば、1人はセンチ・ラートで、1人はアルフィクになることがある、ということです。
外部の者が考えると非常に奇妙な家族構成ですが、カジートにとってはごく当たり前のことなのです。」




様々な姿や形のカジート

今までのタムリエルの冒険で放浪しているカジートに会ったことがあるかもしれませんが、カジートの故郷で彼らに会えば、その場所に留まるという選択肢を選ぶことがあるかもしれません。


「カジートの中には、リバーホールドや、メイアヴェイル、リンメンなど、その地域に定住することにしたり、何らかの世話をすることにしたりためにその地に留まる傾向があります。
定年を迎えて故郷に帰ってくるカジートを多く見かけることもあるでしょう」と、Greg Rothは話します。


まさにその環境を示すかのように、カジートは古代の種族であり、ゾーン中にある街や遺跡に散乱している彼らの長年の文化の証拠を見つけることができるでしょう。


「カジートという野獣の種族は、タムリエルで最も古くから存在する種族の1つであり、私たちはこの種族とこの文明が、遥か昔から存在しているということをお見せしたかったのです」と、Joseph Watmoughは話します。


そのためにチームは、様々なカジートの建築物を考え出しました。


「エルスウェアの建築物に関して言えば、私たちがよく併せて使用する、古く廃墟と化したセットや新しいセットがあります。
より新しいスタイルのカジートの建築物は、時間の経過と共に彼らの文化がどのように発展したきたのかを示すために、しばしばカジートの遺跡の上に建てられてきました。
街では、この2つのスタイルの組み合わせを見ることができますが、さらに古い土地では遺跡のみを見かけることがあるでしょう」と、Kevin Boehmは説明します。




古代と現代が組み合わさったカジートの建築物

「エルスウェアにあるすべての表層は、ここから全てが始まったのだという印象を与えるような、時間と共に徐々にぼろぼろになっていった装飾品の層で覆われいます。
私たちは、プレイヤーの皆さまに、この場所には固有の文化の本当の意味があるように感じてほしいのです。
ここがカジートが家や水源などのアイディアを生み出した場所なんだという風に、です」と、Joseph Watmoughは話します。


戦いが続く地

カジートの故郷に到着した際に、紛争の起こっている土地や、放浪している山賊によって破壊された土地、帝国侵略、そしてもちろん無慈悲なドラゴンたちが上空から襲ってくる場面に出くわすでしょう。
エルスウェアの人々は紛争を全く経験したことがないわけではありませんが、組み合わさった脅威は、地域に散在する守備隊にはあまりにも圧倒的すぎるように思えます。


「これはもはや大混乱です。
プレイヤーの皆さまは、プロローグから物語を順番に進めていくと、この大混乱の詳細を次々に明らかにすることができます」とRothは話します。
「ドラゴンは解き放たれ、元々ホール・オブ・コロッサスの遺跡内に監禁されていたため、その地域一帯に広がりました」と、Greg Rothは説明します。




解き放たれたドラゴン

ドラゴンだけでも十分な脅威となっていますが、6年前、ユーラクシア・サルン女王陛下と帝国の歩兵隊が北側から侵略し、現在はゾーンの最も巨大な都市のリンメンを完全に支配しています。
帝国の兵士に加え、ユーラクシアの副官達が恐ろしいネクロマンサーを利用して、死者をも兵士として利用し、巨大戦力をつくりあげました。


「ユーラクシア女王は、消耗戦ではうまくいかないことを知っているので、カジートが避難所へ攻撃できないように対策を考えました。
彼女は攻城兵器を全て所持しており、通常は都市を守るために使用していますが、現在は都市に向かって真っすぐ向けています」


今この場所を苦しめているドラゴンとの取引を、どうにか僭女王が仲介したことで、彼女の望み通りに事が運び、エルスウェアの実権を、より一層を握ることになったという報告があります。


帝国、ネクロマンサー、盗賊や他のモンスター、そしてドラゴンで満ちた手つかずの荒野。
どんな冒険者であっても、カジートの故郷への道を切り開くために戦闘は避けられないでしょう。


タムリエルで愛されている猫人間

エルスウェアのカジートはエルダー・スクロールズ・オンラインに登場して以来、広範囲に渡って旅をし、彼らのスキル、商品、豊富な文化をタムリエルの他の場所にもたらしています。
エルダー・スクロールズ・オンラインでプレイヤーは初めてカジートの先祖代々の故郷を冒険し、古代の歴史と魅惑的な人々を発見し、そして、厄介な侵略者やモンスターから支配権を奪い返す手助けをすることができます。


カジートの故郷の冒険は待ち遠しいですか?Twitterでお知らせ下さい。


エルダー・スクロールズ・オンライン:エルスウェアは、PC/Macには6月4日(火)に登場します。
PC/Macプレイヤーの皆さまは5月20日(月)に早期アクセス権を入手することが可能です。
今すぐエルスウェアを早期購入し、ユニークなボーナス報酬とゲーム内の騎乗動物「ラード・マスラ」(条件があります)をすぐに手に入れましょう!
お見逃しなく!

最新ニュース