エルダー・スクロールズ・オンライン ブラックウッド

古代の歴史や美しさが溢れる島:サマーセットの紹介

サマーセット諸島はタムリエルには他とはない場所で、サマーセットの美しさや歴史は、そこに住んでいるハイエルフの生活に影響を与えています。
新しいトレーラーとこの記事で、誇りに満ちた古代の人々や、彼らの故郷についてご紹介します!

古代の種族

遥か昔、最初のエルフがタムリエルを訪れた時、彼らはアルテウムやオーリドン、そして3つの島の中で1番大きな島であるサマーセットを含むサマーセット列島に殖民しました。

「タムリエルにいるすべてのエルフ達は、伝説のアルドメリの島があった遥か昔の時代から存在していました。
何らかの理由で、古代エルフは次から次へと故郷を去ってしまい、最初にタムリエルに訪れた時に彼らが辿り着いたのがサマーセット諸島だったのです」と、エルダー・スクロールズ・オンラインのストーリー担当であるLawrence Schickは説明します。

現在、サマーセットはハイエルフとして知られる種族の故郷となっていますが、理論上は、タムリエルに住むウッドエルフやダークエルフを含むすべてのエルフ種族がサマーセットを起源としていると言えます。

「かつて、そして今でもサマーセットは古代エルフやハイエルフの故郷となっています。
この地は、エルフ達ができるだけ伝説や歴史に近づくよう、彼らの古代の文化を再現したり維持したりすることに力を注いでいた場所です。」

ハイエルフは、自分たちがニルンを作り出した神話上の「神」、エドラの末裔であるということを信じている、ということは誰もが知っています。
古代エルフの遺産により、エルフ達は他の定命の種族よりも古い霊魂に近い存在であると考えています。
正しいかどうかはわかりませんが、この考え方により、ハイエルフは思い上がっていて傲慢であるという評判が生まれましたが、それと同時に、彼らの日々の生活や文化を明らかに特徴づけています。
その結果、サマーセットは古代の神話的な過去に対して、敬意が込められた土地となったのです。

「サマーセットを創り上げている時、私たちが1番表現したかったのが、サマーセットに住む人々の歴史でした。
プレイヤーはゾーン内にある古代エルフの建物の遺跡を探検することとなり、都市部では、昨今のハイエルフ文明がどのように昔からあるものを基にして構築され続けてきたかを見ることができます」とエルダー・スクロールズ・オンラインのアートディレクターであるJared Carrは説明します。

サマーセットに辿り着くと、ハイエルフの誇り高き歴史が、彼らの生活のあらゆる面でどのように反映されているのか、はっきりとわかることになるでしょう。

「完璧な」故郷

理想的な故郷を作ることに関して言えば、ハイエルフは他に類を見ない種族です。

「ハイエルフは、自分たちの人生を捧げる仕事や趣味が何であろうと、できる限りのことをやろうとします。
彼らはあまりにも完璧主義者なのです」とLawrenceは話します。

ハイエルフ社会は、自分たちの故郷や神聖な祖先の模倣となる世界を作り出し、維持することを目指しています。
この精神は、彼らの仕事や興味、私生活に関連するあらゆるものに反映されています。
彼らの精神は、彼らが支配を行っている方法や、タムリエルの他の定命の種族を支配したり、協力している方法にも見受けられます。

「ハイエルフは昔から尊大で傲慢な種族です。
自分たちが優位であるという感情は、背の高い建物や大都市にある尖塔に反映されています。
サマーセット諸島自体は形作られた景色であり、管理された自然なのです」とCarrは話します。

サマーセットを探検する時、光り輝く白い塔や完璧に手入れされた都市の庭などから、彼らの文化を知ることができます。
フィールドへ冒険に出る時でさえ、タムリエルの他の場所では不釣り合いな、手を加えられていない美しい自然を見ることができます。

この美しさは、サマーセットの荒れ地を覆っている鮮やかな花や、沿岸を取り巻く華やかなサンゴに現れています。
サマーセット諸島を歩き、冒険していると、ハイエルフの故郷の暖かく、生き生きとした色に囲まれていることに気付くことでしょう。

「より鮮やかな緑色に加え、花の色は日本のカエデや桜に近い、深紅色や紫色、ピンク色に重点を置きました」とCarrは説明します。

サマーセット諸島での生活には、力強く荒々しい面があると同時に純粋な面もあり、ハイエルフの都市のように手入れをする必要がなく、純潔で優美です。

訪れる変化

第二紀のエルダー・スクロールズ・オンラインで、サマーセットの国境を開くという女王アイレンの布告により、ハイエルフの虚栄心や優位性が試されてることとなります。
記録されている歴史の中で初めて、異なる種族、品物、文化、考え方などが、島に常時流入し続けることになるのです。

「何世代にも渡り、サマーセットに住んでいるほとんどのハイエルフは、他の定命の種族に会うことなく生活をしていました。
つまり、ハイエルフの性格にもよりますが、彼らにとっては極めてカルチャーショックだったはずです。
正しく生きていないと教えられてきた人々に会うことになりるのです。
その人々とは、不適切な信念を持ち、不作法な行動を行います。
さらに悪いことは、予測不能であるということです」とLawrenceは説明します。

島の住民の新参者に対する反応は、サマーセットに到着した直後に体験することとなります。
そして、かなり序盤から、住民であるハイエルフが布告に対して持つ意見は、かなり入り混じっているこということがはっきりとわかります。

「布告への準備は少ししかできませんでしたが、女王アイレンはタムリエル中の全種族をハイエルフの世界へと招き入れたのです。
ハイエルフのほとんどが肩をすくめ、いつも通り生活します。
イライラしたり悩んだりしていることを訴える者もいるでしょう。この変化が楽しいと感じ、驚く者もいるのです!」とLawrenceは説明します。

しかし、プレイヤーの皆さまが部外者であり、変化が訪れているということを住民たちが感じ取り、ハイエルフの故郷の中で何が実際起こっているのかを理解すれば、この変化の中で大きな役割を果たすことができるでしょう。

サマーセット諸島を冒険し、タムリエルには他とない世界や文化を体験してみるのが楽しみですか?
ハッシュタグ #Summerset を付けて、Twitterで何を心待ちにしているのか教えてください!

エルダー・スクロールズ・オンライン:サマーセットは、PC/Macのプラットフォームに5月21日(月)に登場します。
ESO:サマーセットを早期購入すると、女王の恩寵パックやモロウウィンドが付いてきます!
この機会をお見逃しなく!


最新ニュース