エルダー・スクロールズ・オンライン ロスト・デプス

ESO コミュニティスポットライト:Geonhdrioによる頑強なドワーフの鎧

ESOのファンであり、才能あふれるコスプレイヤーでもあるGeonhdrioを再びお招きし、最新の機械的傑作であるドワーフのリファブリケイトの重装鎧についてお伺いしました!

こんにちは。またお会いすることができて光栄です!これまでにもドワーフ・スパイダーやクロックワーク・スキーヴァトンなど、見事なESOのオブジェクトを製作されてきましたが、Elder Scrollsシリーズのどのような点に惹かれて、このような複雑な作品の製作に至るのでしょうか?

Elder Scrollsシリーズの魅力は、その美しい世界観や伝承の細部に至るまで、驚くほど緻密に作り込まれている点です。些細な部分も丁寧に考え込まれています。そのため、私は製作者として可能な限りオリジナルのデザインに近づけることを目標に、こういったレプリカを製作して作品に命を吹き込むことに挑戦しています。



重装鎧を全身に纏ったGeonhdrio


Elder Scrollsの中で最も謎めいた種族の一つであるドゥエマー対する情熱が強いようですね。その魅力はどこにあるのでしょうか?

ドゥエマーはかつてタムリエルを旅していた最も謎めいた種族の一つであるだけでなく、革命的な発明家であり、技術や工学、職人技の達人でもあります。私はスチームパンクの美学を愛する者として、ドウェマーの蒸気機関装置、黄銅と銅の美学、そして自分たちの作品を機能的なだけでなく、芸術的にも優れたものにしている独特の視点に非常に興味をそそられました。

前作に続く今回の大規模なコスプレプロジェクトとして、リファブリケイトの重装鎧を選んだ理由は教えてください。試練「ホール・オブ・ファブリケーション」で獲得することに成功したのですか?

初めてこの鎧のセットを見た時、一目で着用可能なコスプレとして再現したいと思いました。正直なところ、この鎧のスタイルがクラウンストアで販売が開始されたときに購入したんです(笑)!だから試練に挑戦できるようになった頃には、すでにこの鎧の製作に取り組んでいました。

リファブリケイトの重装鎧は非常に華やかで細部まで作り込まれていますが、これほど大きなプロジェクトのためにどのような計画を立てたのでしょうか?

実はこの作品に取り掛かる前にはあまり計画を立てていませんでした。ここだけの話、ただ次から次へとパーツを作って、次の展開を見ていこうと思っていました。私にとってはそれが冒険であり、創造と進歩するための大きな挑戦なのです。



間近で見たリファブリケイトの重装鎧


武器や鎧の製作方法について教えてください。

まず、参考材料としてさまざまな角度からスクリーンショットを何枚か撮り、次にどの素材を使うかを検討しました。せっかく全身を揃えるのだから、着心地も良くしたいと考え、テンプレートの構想を練り始め、一つひとつのパーツを作っては調整することを繰り返しました。その際、主要な素材として使用したのがEVAフォームです。



鎧用のフォームの切り抜き


ドワーフの銅色の仕上げはどのように行われたのですか?

メタル塗装は、ベースを黒にすると発色が良くなるため、まずは鎧のセット全体を黒で着色しました。次に、アンティークゴールドのような色合いにするためその色を3回ほど重ね塗りして、理想の色合いに仕上げました。その後ダークブラウンのインクで2回ほどドライブラシをかけることで、風化した色合いを再現したのです。



鎧の塗装


全体的に非常に素晴らしい出来栄えですが、この作品の中で特に気に入っている部分はありますか?

個人的には、盾の出来栄えが一番の自慢です。胸当ての背面にマグネットで盾を取り付けられるような構造にして、そのマグネットが見えないように工夫しました。これによって移動中は背中に装着することができ、また構えたいときには簡単に取り外すことが可能になりました。



このコスプレを製作する上で、あなたが直面した予期せぬ苦労はありましたか?

今回の製作で一番苦労したのは、着心地のよさと自分が求める美しさを両立させることでした。実際に着てみてフィットするかを試し、また脱いで調節してという作業を繰り返してようやく完成しました。

これからコスプレ製作を始めたい人に向けて、何かアドバイスはありますか?

技術レベルに関係なく、忍耐強く時間をかけることが大切です。最終的な仕上がりにこだわりすぎず、製作過程の冒険を楽しんでください。楽しんで作れば、それはもう立派なコスプレと言えます!


完成した鎧のフルセット!


素晴らしい表現ですね!最後に、何かメッセージがあればお願いします。

リファブリケイトの重装鎧のコスプレの素晴らしい写真を撮影してこの作品に生命を吹き込んでくれた、@byHjallvirに大きな拍手を送りたいです!

また、ESOコミュニティの皆さまにも感謝しています。これからも、この才能あふれるコミュニティで活躍する素晴らしいクリエイターたちを応援し続けてください。ソーシャルメディアで彼らの作品をフォローし、クリエイターへの応援を共有しましょう。皆さまからの応援が大きな支えになります!

最後になりましたが、コミュニティスポットライトで再び私の作品を紹介してくれたZeniMax Online Studiosの皆さん、本当にありがとうございました!

ESOの最新プロジェクトに関するお話しとさまざまなアドバイスをご紹介いただき、大変感謝します。ぜひGeonhdrioのTwitterInstagramをフォローし、オンラインポートフォリオで彼の作品をチェックしましょう。

スポットライトを浴びるべきESOのコンテンツクリエイターをご存知の場合は、TwitterまたはInstagramでお知らせください!

※リンク先は英語表記となります。

最新ニュース