エルダー・スクロールズ・オンライン ブラックウッド

Trineが手掛けたライランスの素敵なコスプレの制作方法を学びましょう!

ライランス・フールキラーになる方法を学び、この謎多きドレモラの素晴らしいコスチュームを制作しましょう。

Bethesda北欧版とのパートナーシップの一環として、Trineが「オブリビオンの門」に登場するライランス・フールキラーの素晴らしいコスプレを制作しました。完成したコスプレが非常に素晴らしい出来栄えだったため、Trineに制作過程やヒントを教えていただきました。自分の手で制作し、この謎めいたデイドラの仲間になりましょう!

設計


新しいコスプレのコスチュームを制作する時はいつも「Cosplanner(コスプランナー)」というアプリを使い、フード、胸当て、肩防具、ベルトなどのパーツに分けていきます。

収集する参考資料は、その多くがコスプレをしたいゲーム(または映画/シリーズ)のスクリーンショットです。ゲーム内でキャラクターやカメラを回転させ、様々な角度から衣装を撮ることができれば最高です。入手できた際には画集の写真やイラスト、またはインターネットにあるような3Dモデルも使用します。個人的には、3Dモデルが一番良い参考資料だと思います!

どんな時も、必要な材料をすべて買いそろえる前に各パーツに必要なフォームシートや生地の数量を計算し、次の工程に移りやすくなるように順番を決めてパーツを制作しています。例えば、防具がドレスに対して大きすぎたり、小さすぎたりしないように、ドレスを先に制作します。


材料


ドレスには茶と赤のリネン、そして細部に茶の合成皮革を使用し、防具にはWorblaのサーモプラスチックと2mmと5mmのフォームシートを使用しています。手袋の防具や腕当てなど、より頑丈にしたい部分や薄くしたい部分にはWorblaを使うといいですよ。

すべてシルバーと黒のアクリルペイントで塗装し、色褪せた雰囲気を出すためにエアブラシと茶色や黒の塗料を使用しましょう。

工程


まずは似たようなドレスのパターンを使い、私が「アンダードレス」と呼んでいるものから縫い始めます。少し調整が必要となるため、ライランスのドレスの細部をすべて確認します。ドレス下部は、アンダードレスではなくベルトに縫い付けられています。これにより、ベルトとスカートが一致しないというリスクを冒すことなく、ベルトを動かすことができます。


ドレスの「ベース」が完成したら、次は防具に取り掛かります。ウォーミングアップとして、まずは腕当てと手袋に取り掛かり、その後胸当て、そして肩と腰の防具の順に制作します。防具のパーツがすべて完成すると、それらすべてにプライマーを吹きかけて塗装します。こうすれば、防具が同じように塗装され、見た目に統一感を出すことができます。

最後に制作するのはフードで、常に適切な位置にくるように胸当てに接着剤で固定します。仕上げに、コスチューム全体にエアブラシで塗装すれば、汚れや使用感が表現されてコスチューム全体に統一感が出ます。


ヒントやコツ、アドバイスなど


このコスチュームを制作する際、スカートの端にある薄い生地の細部に苦戦すると思います。これには、切り取った生地を2mmのフォームシートに巻き付けて正しい形に整え、より立体的に見えるようにしましょう。時間もかかり大変な作業ですが、その価値はあります。

片腕を通す胸当ての側面を開くには、ベルクロを使用します。ベルクロが見えないように作成するのは非常に簡単で、これによって胸当てを開いての着脱が容易になります。また、フードを胸当てに接着することで、フードを常に適切な位置に固定することができます。



コスプレ初心者へのアドバイス


初心者の方はYouTubeで視聴したり、やり方を検索したりしてとにかく挑戦してみることが大事です!多くの人はコスプレについて考えすぎたり、分析しすぎたりして、始める前に怖気づいてしまいがちです。個人的には、実際に挑戦して試行錯誤しながら学ぶことを信条としていますし、何よりもその方が楽しく学べると思います!

この素晴らしいコスチュームを制作し、その制作過程を#ESOFamに公開してくれたTrineに大変感謝します。Trineの写真やコスプレをもっとご覧になりたい場合は、彼女のInstagramFacebookをチェックしましょう!

最新ニュース