エルダー・スクロールズ・オンライン ブラックウッド

ESO コミュニティスポットライト:Geonhdrioのドワーフ・スパイダー

ESOのファンでありコスプレイヤーでもあるGeonhdrioは、不思議な機械のペット「ドワーフ・スパイダー」の実写版を制作しました!
今回のコミュニティスポットライトでは、彼と彼の素晴らしい制作について学んでいきましょう。

こんにちは、Geonhdrioさん!小道具や衣装を制作し始めたのはいつ頃ですか?
また、エルダー・スクロールズ・オンラインをプレイし始めたきっかけは何ですか?

小さい頃からよくものづくりをしていましたが、本格的に衣装や小道具の制作を始めたのは2012年でした。
制作した衣装を自分で着て披露するためにイベントへの参加を頼まれるようになり、それから小道具や衣装を作ることへの情熱がさらに高まりました。
それ以来、スチームパンクやポストアポカリプス、ファンタジーのような異なるテーマで多数のアイテムを制作してきました。

数年間にわたり、ありとあらゆるゲームやMMOをプレイした後、2017年の初めに彼女からESOを紹介されました。
壮大な世界やコミュニティに馴染んでくると、これは正に自分のためのゲームだと思うようになり、より真剣にプレイするようになりました。
今では、私がプレイしている唯一のゲームはESOであると言っても過言ではありません。



ドワーフ・スパイダーは複雑且つ、Elder Scrollsの象徴的な機械ですが、ご自身で制作しようと思ったきっかけはなんですか?

技術的であったり機械的な構造やオブジェクトが好きなため、ここ何年かはスチームパンクのサブカルチャーに魅了されていました。
そして、ESOに登場する見事な時計仕掛けの機械を目にした時、私はコレクター、そしてちょっとしたドゥエマーオタクになってしまったのです(笑)。

特にドワーフ・スパイダーを初めて見た時、現実世界でこれを自分のコレクションとして手に入れたいと思いました。
ですが、長い間探したものの、見つけることができなかったので、自分自身で制作することを決めました!

制作を始める前に、このような精巧な作りをどのようにして計画していきましたか?

私の作品のほとんどはまず始めてみて、そこからどうなっていくのかは成り行きにまかせます。
過去に色々な素材を扱ってきた経験があるため、このような制作に対する知識はすでに培われていました。
正直なところ、この制作の始まりは、ゲームに飛び込んで「ドワーフ・スパイダー(ペット)」を手に入れ、ハウジングの一つにそれを置いてさまざまな角度からスクリーンショットを撮るという単純なものでした。



どのような素材を使用してオートマンを制作しましたか?

手元にあるスクリーンショットを基に、まずは作品全体に強固な胴体を与えるため、アルミニウムのフレームから取り掛かりました。
それから、型を描いてEVAフォームからその型を切り出した後、一つずつ着実に組み立てていきました。
ドワーフ・スパイダーの胴体が完成すると、青い光ファイバーでルーン文字を作成し、その下にLEDライト(5V USB / モバイルバッテリー搭載)を配置しました。
最後に、綺麗な真鍮の色付けをしてウェザリングを施せば完成です。

このような精巧な作品を作るのにどのくらい時間がかかりましたか?

制作は仕事やESOをプレイしている時以外の空き時間で行っているため、いつもこの質問にどう答えればいいのか分かりません。
作品を乾燥させたり素材の発注にかかる期間を除いて大まかに見積もった場合でも、機械をほとんど使わずに全て手作業で行ったことを考えると、約200時間はかかっていると思います。

ESOに登場する不思議な機械を作りたいと思っているプレイヤーに対するアドバイスはありますか?

とにかく制作してみることです!自分の好きなものを作っている限り結果は重要ではなく、過程が大事なのです。
失うものは何もないのですから、純粋に楽しんでください。
誰もが初めは一からのスタートのため、自分のスキルレベルを他のプレイヤーと比べたりせず、助けや情報を求めることを恐れてはいけません(ゲーム内で#ESOFamが行っていることと全く同じです)。

以前にESOに関する作品を制作したことはありますか?
また、ESOから影響を受けて新たに制作しようと思っている作品はありますか?

ドワーフ・スパイダーの制作を始める前に、エルダー・スクロールズV:スカイリム(Skyrim)のアルドゥインに影響を受けた私は、目を光らせて煙を吐くことができる「ドラゴンの頭蓋骨」を制作しました。
現在取り組んでいる作品の一つは、剣と盾を備えた全身リファブリケイトの重装鎧の衣装です。
また、実物大のドワーフ・センチュリオン、実物大の騎乗動物「ドワーフスパイダー」、実物大のドワーフ・スフィア、ペットのセオドライト、クロックワーク・スキーヴァトンなど、将来的にはドワーフに関する作品をもっと作りたいと思っています。
大それた望みであることは自覚しています(笑)。※編集後記:誰にも止めることはできないでしょう!

他の作品はどこで見ることができますか?

私の作品や制作過程のほとんどは、TwitterInstagramでご覧いただけます。
また、簡単に見ることができるようにオランダ語と英語のポートフォリオをオンラインに作成しました。

自由になれるこのような素晴らしい世界を作り上げ、さらに在宅でありながらも信じられないほどのエネルギーと労力を費やしてくれているESOの開発チームの皆さんに感謝したいと思います。
また、ESOコミュニティ全体とサポートと楽しみを提供してくれるストリーマーの皆さんにも感謝を伝えたいと思います。#ESOfamは素晴らしいです!

素晴らしい作品とその制作秘話を共有してくれたGeonhdrioに感謝します!
次は、どのような素晴らしい作品を作り上げるのか楽しみですね。間違いなく誇れる作品となるでしょう!
ESOコミュニティが気に入ると思うものを見た、または制作した場合はTwitterrでお知らせください。
※リンク先は英語表記またはオランダ語表記となります。


最新ニュース