エルダー・スクロールズ・オンライン ブラックウッド

アップデート第30弾:戦闘プレビュー

皆さま、こんにちは!

今回は、アップデート第30弾に登場する新機能や更新内容をご紹介します!
このアップデートは、アイテムセットの発動に関する懸念事項や現在取り組み中のチャンピオンシステムの改善に加え、サーバーパフォーマンスや一般的な不具合およびゲームバランスに関するいくつかの修正に焦点を当てています。
詳細は来週公開予定のPTSパッチノートにてご確認ください。

セット発動

最近のアップデートによる「セット発動」に対する皆さまの懸念が高まっており、これらの種類のセットを利用することが強制されていると感じる、またはPvPでそれらと戦わなければならないことへの不満を理解しています。
これらのセットは、ダメージ、回復、生存性の「無対価」のソースとして見なされており、最小限のトレードオフを伴います。
これらの発動の選択肢が、対価を払わずにプレイヤーキャラクターをビルドするためのデフォルト方法になるのではなく、意味のある選択肢になることを望んでいます。

そのため、アップデート第30弾ではダメージを付与する、または回復するすべてのアイテムセットをプレイヤーキャラクターの統計値に応じて変化するように調整しました。
前述の「無対価ダメージ」を提供する3つのアイテムセットを単に装備するだけではなく、ビルドに含めるアイテムセットを注意深く検討する必要があります。
ダメージセットは、呪文ダメージまたは武器ダメージのいずれか高い方に、回復セットは最大マジカまたはスタミナのいずれか高い方に応じて増減します。
それ以外のセットは、基本的に最大体力に応じて増減しますが、いくつかのユニークな方法で増減させることも可能です。
セットと統計値における増減の詳細は、アイテムセットのツールチップにて確認することができます。

これにより期待できる効果はPvEにおける全体的なバフとなり、多くのプレイヤーの皆さまが効率を最大限に活かしたビルドを作成するために役立ちます。
PvP用のビルドは通常、複数の統計値に焦点を当てる傾向があり、特定の統計値にのみ特化させることが少ないため、PvPではアイテムセット発動の有効性が低くなると予想されます。
また、これによりセット発動専用のビルドを利用する場合、ビルドの大部分となる統計値を犠牲にする必要があり、統計値の獲得もパッシブや付呪、そして消費アイテムに制限されるため、以前のようにビルド可能なアビリティは大幅に制限されます。
統計値を特化型にすることで、アップデート第30弾以前の「セット発動」の統計値を取得することは可能です。
また、それらの統計値を中心にビルドすることで以前よりも高い値に到達することもできますが、この変更によってダメージと回復のバランスは、現在の「無対価発動」と比較してより健全なものになると私たちは考えています。

チャンピオンシステム

アップデート第29弾では、再調整したチャンピオンシステムを導入し、その後も更に発展させることをお知らせしました。
アップデート第30弾では、回復やサポートに特化したビルドのために新しいスロット可能な星をいくつか追加することでこのシステムへの取り組みを続けています。
また、このシステムの初期段階で追加されたパッシブの効果と、最適なビルドをいち早く入手することに関する皆さまの懸念を理解しています。

これらの懸念に対処するため、「戦闘」と「体調」の星座におけるパッシブの星のステージ数をさらに2つ減少し、パッシブの星1つにつき最大2ステージまでとしました。
これにより、両方の星座において、より最適なビルドを実現させるために必要なポイント数が大幅に減少し、ハイエンドなビルドが持つパワーも減少します。
また、回復に焦点を当てた最終的な新しい準主要の星座(各ツリーに最大3つ)を戦闘ツリーに追加し、回復のプレイスタイルを支援するスロット可能な星を新たに提供しています。
そして、基本攻撃を駆使するプレイヤーの皆さまにいくつかのコアなダメージボーナスを提供するため、元のチャンピオンシステムにあった重攻撃及び軽攻撃ダメージに焦点を当てたお馴染みの星座を追加しました。

いつものように、不具合修正や既存のアイテムセットの更新、サーバーパフォーマンス向上に向けた範囲攻撃アビリティの調整についてはPTSパッチノートをご確認ください。

最新ニュース