エルダー・スクロールズ・オンライン

Clockwork City

ESO:MORROWIND(モロウウィンド )– ウォーデンの正体とは?

ウォーデンとは誰で、紡ぎ手とどのような繋がりがあるのでしょうか?
有名な学者、レディ・シンナバーが書いた、謎めいた新しい戦士についての短い書籍をご覧下さい。


ウォーデンの正体とは?

レディ・シンナバー著

エリンヒルのファラスタスの書籍「地の物語:紡ぎ手がタムリエルを奪う」の中では、想像力豊かなスタイルがトレードマークとなる野生のウォーデンは、紡ぎ手として有名なウッドエルフ司祭の過激派として主張されている。
私は、この主張は適切な学問的認識が欠如した発言、もしくは、大衆にアピールするためにあえて論争をけしかけているようである、と考えている。

私が慎重な調査を行った結果、紡ぎ手とウォーデンには、いくつか類似点があることを発見した。
ウッドエルフ司祭のように、このガーディアンは、歌と森の神であるイフレと親しい繋がりを持っているようだ。

しかし、私の考えでは類似点はこれだけであり、私の著作 “グレンモリル・ウィルド" で記述している有名な魔術結社と同じように、戦士たちに関連した多くの神話と誤解について私自身が晴らすべきであろう。

まず第一に、紡ぎ手は過激的でも暴力的でもない。他の者たちに、紡ぎ手とヴァレンウッドのために戦ってもらい、その代わりに紡ぎ手はボズマー社会の中で助言者、学者、司祭の役割を引き受けている。
それに比べると、ウォーデンは自然を守るために喜んで血を流し、イフレの聖域に害を及ぼした者や一味、更には砦全体も攻撃するという報告が多数あがっている。

また、ウォーデンの力と紡ぎ手の力にははっきりとした違いがあるようだ。
聞くところによれば、ボズマー司祭は相手を引き付けるために、過去、現在、未来を使用するのに対し、ウォーデンは自然環境から現実そのものを変化させて力を作るようである。
すなわち、私の同僚であるファラスタスは気に入るかもしれないが、紡ぎ手はある種の幻惑の魔法を使っているようで、ウォーデンの能力は、伝統的に変性や召喚と呼ばれるようなものに似ている、と言える。

紡ぎ手は、ボズマー文化の中で唯一の司祭だが、私の調査ではウォーデンを代表とする変わった団体や組織は見つからなかった。
それどころか、ウォーデンは誰にも世話にならず、ほとんどが単独かペアで行動しているようだ。
もし何らかの集団の一員であるなら、地元の戦士ギルドか魔術師ギルド、または、あまり報告はされていないが、闇の一党の一員という場合でさえある。

イフレとの関係を考えれば、ウォーデンの種族のほとんどはウッドエルフなのだろうか?
実際はそうではないようだ。
紡ぎ手のほとんどはボズマーであるのに対し、全ての種族(人、エルフ、獣人)のウォーデンは、タムリエルの自然を守っている。
実際、ハイロックの最北端の峰と南のエルスウェアの森からやってきたウォーデンに出会ったことがあり、ハンマーフェル生まれのウォーデンに出会ったこともある。

それではグリーンパクトについてはどうだろう?
ウォーデンは古代ウッドエルフの伝統を守っているのだろうか?
もちろんウォーデンのクラスであるウッドエルフは例外だが、他のウォーデンは古代ウッドエルフの伝統を守っていないようだ。
私の経験では、実際ほとんどのウォーデンは生きていくために、植物や動物、両方からの自然の恩恵を喜んで最大限に活かしている。

最後に、紡ぎ手の多くはヴァレンウッド内でみかけられ、密集した森の保護領域を大きく越えることはめったにない。
しかし、ウォーデンはタムリエルのどこにでも現れ、一番最近ではヴァーデンフェルの島に現れた報告もあがっている。

これらは、タムリエルでのウォーデン初期の発見である。
ウォーデンはユニークで謎めいた集団であり、紡ぎ手にも似てはいるが、明らかに異なっている。
より大々的な学術的調査が必要であることがわかった。
また、更なる調査によって、エリンヒルのファラスタスのとんでもない主張の残りの部分は、(過去にもしばしば虚偽であると証明されており)今回も虚偽だと証明されることは間違いないだろう。

***

この一節の感想やウォーデンについて、Twitterでお聞かせください!



最新ニュース