エルダー・スクロールズ・オンライン ブラックウッド

2016年も終わりを迎えます!

2016年もまもなく終了です。
そこで、ゲームディレクターのMatt Firor氏が今年ESOで起こった出来事を振り返ります。

***

みなさん、こんにちは。

また1年の終わりがやってきました。
今年はエルダー・スクロールズ・オンラインにとって、本当にすばらしい年でした。
2016年の目標は、2015年に行われた非常に大規模なコンソール版のローンチの成功を足掛かりに、ESOを拡大することでした。
そのために、新しいコンテンツを追加するだけでなく、ゲームの新鮮さと面白さを保ち、ESOの史上最高のオンラインRPGという地位を確実なものにするために必要なシステムの変更を行ってゲームの改良を続けてきました。
正直なところ、私たちはこの目標を達成することができたと思っています。

思い出してみてください。
今年の初めには、まだ「盗賊ギルド」や「闇の一党」のようなすばらしいDLCをリリースしていませんでした。
DLC「ヒストの影」にあるような新ダンジョンも追加していませんでした。
スタイルパーラーに楽しいキャラクターカスタマイズ機能などの役に立つアイテムを追加したのも今年のことです。
そしてもちろん、2016年の初めの段階では、ゲームはまだレベルに基づいており、プレイヤーは3つの同盟の壁に隔てられていました。
One Tamrielが始まるまでは、他の同盟のプレイヤーとコミュニケーションをとったりグループを作ったりすることができなかったのです。

ZOSのチームは2016年のあいだにこれら全てを追加しました。
たくさんの新コンテンツ、新システムを導入し、年間で何百万人ものプレイヤーをESOの世界に引き込んだのです。
このお話をするにあたって、ZOSチームの献身と凄さをみなさんにご理解いただきたいと思っています。
私たちと同じ事を成し遂げられるスタジオはほとんど存在しません。
男性も女性もみな、ゲームの改良と強化のために毎日ESOの開発に取り組んできたからこそ100パーセントの成功を得られたのだと思います。

また、E3では世界中が私たちの成功に注目しました。
なかでも豊富なファンだけでなく、700万人を超えるプレイヤーがいるという発表には特に注目が集まりました。
さらに、そのほかにもたくさんのショーやイベントに参加しました。
そこで1年を通してコミュニティとやり取りをして話を聞き、ESOの偉業をみんなに知らせてきました。
あとは良くなっていくだけです。

もう一度言いますが、あとは良くなっていくだけなのです。
来年の初めに、2017年の計画を詳しくお話しますが、みなさまの多くはすでにプレイヤーのハウジングシステム「HOMESTEAD(ホームステッド)」をご存知だと思います。
このシステムは2月に開始予定です。

その後は?少々お待ちいただくことにはなりますが、私を信じてください。
待って損はさせません。
新しい年を迎えたら、できる限り早く、ESOに新しく追加される素敵なものについてさらに詳しくお話します。
2016年は大きな年でした。
そして、2017年はESOにとってさらに成功に満ちた1年になると期待しています。
今後何年も続く成長と成功を築くことができるでしょう。

もちろん、この成功はプレイヤーのみなさんなしでは成し遂げることができませんでした。
みなさんにしていただいたこと全てに感謝しています。
ただゲームをプレイしてくれたことも、ライブストリーミング配信してくれたことも、ギルドを先導してくれたことも、自分の考えを私たちに教えてくれたことも、全てです。
なかでも最も重要なのは、ESOという言葉をお友達に広めてくれたことです。
私はいつでもこう言っています(もちろん冗談ではなく本気です!)。
ゲームをプレイし、タムリエルで私たちと共に生き、楽しい時間を過ごすために末永く私たちに協力してくれるあなたのような人がコミュニティに存在する限り、私たちはESOの開発に取り組みます、と。

みなさんに感謝いたします。楽しい休暇をお過ごしください!
2017年もタムリエルでお会いしましょう。

-Matt

***

今年は信じられないほどのいい年でした。
2016年のESOで起こった記憶に残る思い出は何ですか?
2017年に期待しているのはどんなことでしょうか?
Twitter公式掲示板であなたの思いをお聞かせください。



最新ニュース