エルダー・スクロールズ・オンライン

Clockwork City

DLC3『Thieves Guild』システム&スキルガイド

盗賊ギルドのパッシブスキルライン、窃盗システム、そしてリピート可能なアクティビティー……この盗賊ギルドDLCには刺激を求めてやまない盗賊たちの心を惹きつける物があります。
最新の盗賊ギルドガイドに目を通し、新スキルやシステムについて学びましょう。


盗賊ギルド:パッシブスキルライン

窃盗システム

記念品

助手


盗賊ギルド:パッシブスキルライン

6つのパッシブアビリティを含む盗賊ギルドスキルラインは、盗賊ギルドに身を寄せる者にとって非常に重要な物です。
使い慣れたロックピックを超える窃盗道具となるそれらのスキルを使いこなし、盗賊としての道を追求して下さい。

盗賊ギルドクエスト序盤のクエスト“共犯者”を完了し、アバーズ・ランディングに辿りついた時点で、最初の盗賊ギルドスキルラインが解放されます。
また、盗賊ギルドDLCを持っている状態で、“盗賊の宝”を開けようとした場合においても自動的にパッシブスキルラインが解放されます。
しかし、盗賊ギルドDLCへのアクセスがスキルの取得やレベリングの条件となっていますので、DLCへのアクセス権を再取得するまではスキルの取得やレベルアップはできません。

盗賊ギルドスキルライン・パッシブアビリティーの概要

  • 拾った物は自分の物:盗賊の宝はタムリエル中に隠された青く輝く宝箱で、盗賊ギルドのメンバーにしか開けられません。その盗賊の宝を発見して、無事それを開く事が出来た場合、中に入っているお宝はすべて貴方の物です。そして、宝箱を開くために必要となるのが、このスキルです。
  • 急速忘却:目立たない事の価値を知る者こそが熟練の盗賊たり得ます。急速忘却はスキルの使用から3秒後に、自身にかけられた賞金や悪評を減少し、自分を捕縛しようとする者達から己に関する記憶を遠ざけます。
  • 値段交渉:優れた値段交渉術は、盗賊ギルドメンバー内で羨望を受けるでしょう。このパッシブスキルでは盗品商人に盗品を売りさばく際、最大10%まで売り値を吊り上げられます。しかし、盗品商にも生活があるわけで、このスキルを利用したロンダリングで利益を上げる事はできません。
  • 恩赦:どの盗賊も街の衛兵に対し袖の下を潜らせた事があるはずです。このスキルもまさにそれ。衛兵に捕縛されそうな時に恩赦を使用すれば、悪評は取り除かれ、罰金を徴収されたり戦利品を押収されたりする事は無くなるでしょう。またスキルの使用後1分間、別の犯罪を犯さない限りは、貴方に近寄ろうとはしません。このスキルの使用は1日1回までとなりますので、上手く使いこなして下さい。
  • タイムリー・エスケープ:“刎頸(ふんけい)の交わり”とは盗賊ギルドメンバーにとって単なることわざではありません。貴方が窮地に陥った時、仲間が助けに来てくれる事もあるでしょう。無法者の隠れ家がある都市内で悪評を受け戦闘になってしまった時に、このスキルを使用すれば“無法者”が姿を現し、それを使用すれば、最寄りの隠れ家へと安全に避難できます。
  • 影のベール:伸びる影、そして薄暗い裏道。どちらも盗賊に恩恵をもたらす物です。このスキルを使用すれば、目撃者や衛兵の探知範囲を10%減少させる事ができます。狭められた視野により、人々が犯罪に気づく可能性が減り、衛兵も近くに寄りすぎない限りは貴方を追いかけ回す事はないでしょう。そう、見られなければ捕まる事はありません。


窃盗システム

犯罪はお金になります……特に盗賊ギルドにおいては。
盗賊ギルドのメンバーは数々の儲け話に乗ることができます。
アバーズ・ランディングには、リピート可能な新アクティビティーが3つありますが、もちろんそれは盗賊ギルドメンバー専用の物となっています。
また、盗賊ギルドクエストを通して器物破損、放火、不法侵入を含んだ、新しい犯罪行為に手を染める事になるでしょう。


ジョブボード

“共犯者”のクエストを完了した後、アバーズ・ランディングの盗賊の隠れ家内にあるジョブボードが使用可能になります。
そこでタムリエル全域に及ぶ、スリや金庫の解錠、配送依頼に基づいた特定アイテム収集等のクエストを受ける事ができます。
また、よりよい報酬を得る為、クエスト中に追加のアイテムを盗む、という選択もあります。

窃盗クエストは一度に複数受けられませんが、その代わり、プレイヤーの時間と情熱が続く限りは何度でもクエストを受け、それを完了する事ができます。
クエスト完了の報酬は、盗賊の隠れ家の中央にいるノルドの女性、「カリ」から受け取りましょう。
窃盗クエストの報酬として、ゴールド、経験値、盗賊ギルドからの信頼、恩赦要請、そして貴重品等を得る事ができます。
また、貴重品は売り払う事もできるほか、クエスト“強欲な女伯爵”の為にとっておく事もできます。


強奪ボード

強奪ボードは、クエスト“長いゲーム”完了後に解放されます。
強奪クエストは新タイプのリピート可能なクエストで、貴方の隠密能力、トラップ回避能力、鍵開け、そして敵の眼前から目的物をかすめ取る能力が試され、盗賊としてのスキルを極限まで引き上げる物となっています。

強奪ボードのミッションは専用のロケーションがその舞台となります。
独りでミッションに挑むのか、それともフレンドを引き連れて組織だった強奪を繰り広げるのか。莫大な報酬を手にするやり方は貴方次第です。
強奪クエストの受領は1日1回までとなっていますが、フレンド間でクエストを共有する事ができ、もし貴方のフレンドが別の強奪クエストを受領していた場合は、それをシェアする事によって、追加の強奪クエストに挑戦できます。

すべての強奪クエストにはボーナス目標が設定されています。
ボーナス報酬を受け取るには、制限時間内に目標を達成する必要があり、人に発見される毎に制限時間は短くなってしまいます。
ボーナス目標を達成できなくてもクエストを完了できますが、その場合は当然、ボーナス報酬を得る事はできません。
強奪クエストはランダムに生成されますので、毎回違った場所に宝が隠され、出現する敵も一定ではありません。貴方には忍び足を忘れて欲しくないのです。

強奪クエストを完了した後、秘密の出口付近にいる、カジートの男性「ファレン・ダー」に話しかけ、報酬を受け取りましょう。
ゴールド、経験値、盗賊ギルドからの信頼、そして売却可能であり、クエスト“強欲な女伯爵”で有用となる貴重品が成功報酬として支給されます。
また、ボーナス目標をクリアしていた場合は、さらに多くの盗賊ギルドからの信頼と、盗賊ギルドの新アイテムの内から、アイテムを一つランダムに得る事ができます。


再取得掲示板

盗賊ギルドクエスト“共犯者”完了後には“再取得掲示板”も解放されます。
アバーズ・ランディングの盗賊の隠れ家のすぐそばに設置されている掲示板からは、ヒューズべイン各地のターゲットから様々な貴重品を取り戻す、再取得クエストを受領できます。
このクエストでは目的物を求め、オーバーワールドへ出向く事もありますし、盗賊ギルドクエストで追加された新ダンジョン、バーラハの闇や鮫の歯の洞窟に潜る場合もあります。

再取得クエストはランダムクエストで、クエストの受領および完了は1日1回のみです。
報酬はブレトンの男性「スペンサー・ライ」が管理しています。
彼は最初、隠れ家の中にいますが、その後、盗賊の隠れ家すぐそばの掲示板辺りに佇むようになります。
再取得クエストの報酬はゴールド、経験値、そして盗賊ギルドからの信頼となります。


不法侵入

突然の侵入者に対し、寛容な態度を見せるアバーズ・ランディングの住民もいますが、そうでない住民は、住居に足を一歩踏み入れられた時点で、貴方を不法侵入者として通報するでしょう。
盗賊ギルドDLCには立ち入り禁止区画があり、そのエリア内をぶらついている所を目撃された場合は、不法侵入――犯罪行為とみなされ、賞金額と悪評が増加してしまいます。
どこかに忍びこむ際は慎重さを心がけましょう。


隠された財宝や窃盗可能なレアアイテム

鋭敏な目を持つプレイヤーはアバーズ・ランディングに隠された財宝を探し出す事ができるかもしれません。
なぜそれがそこにあるのか誰も知り得ませんが、それらを求めさ迷う時間は決して無駄にはならないはずです。
さらに、金色のアイテムステータスが眩しい、窃盗可能なレアアイテムに出くわす事もあるでしょう。
それらの貴重品に興味を示す盗賊ギルドのメンバーがいるかもしれません。


恩赦要請

盗賊ギルドのメンバーは様々な恩恵を得る事ができ、恩赦嘆願もその一つとなります。
自分に掛けられた賞金が高すぎて居心地が悪い?
心配いりません。恩赦要請を使って下さい。そうすれば自分に掛けられた賞金の一部に別れを告げられます。
(運がよければすべて帳消しになることも……)

恩赦要請は強奪や窃盗クエスト、または盗賊ギルドクエストの報酬として手に入れる事ができる他、盗賊の宝の中に入っている事もあります。


記念品

記念品とはゲームプレイを通し様々な方法で入手可能な小物で、使用する事でユニークなエフェクトを発生させる事ができます。
コレクションメニューのカテゴリーに記念品が追加された事によって、それらのアイテムが所持品や銀行のスロットを圧迫する事が無くなりました。

記念品の使用方法はいたって簡単で、コレクションメニュー内の記念品カテゴリーを開き、使用したい記念品にカーソルを合わせて選択キー(ボタン)を押すだけです。
また記念品カテゴリーを開いた後、クイックスロットを開き、そこに記念品をセットする事もできます。
クイックスロットに記念品をセットしておけば、必要に応じて即座に記念品を使用できます。

取得済の記念品を壊してしまった場合は、記念品メニュー内に再出現しますので、再び探しに行く必要はありません。
記念品コレクションをコンプリートしたい場合は、記念品メニュー内の各アイテムに記されているヒントを参考にして下さい。


助手

盗賊ギルドDLCでは召喚可能な特別キャラクターで、特定のサービスを提供する“助手”が追加されます。
助手には頭取、商人、盗品商など、召喚者のみが利用できる者から、エリア内の誰もが利用できる者まで、様々なタイプがあります。

助手はゲーム内の目標を達成する事で入手できる他、アップデートカテゴリー内のクラウンストアからも購入可能です。

必要に応じて様々な場所で助手を利用できますが、唯一、シロディール内では彼らを召喚する事はできません。
一度召喚された助手は戦闘に巻き込まれようとも貴方のそばから離れることはありません……が、彼らはあくまでも“助手”です。専属のボディガードではありません。


最新ニュース