エルダー・スクロールズ・オンライン

Clockwork City

DLC1『Imperial City』エリアガイド

帝都内の移動方法や出現する敵を理解すれば、探索の生還率が上がるでしょう。
このエリアガイドでは各地区の特徴や配置、下水道からのアクセス、そして帝都の2つのダンジョンの入口などを紹介します。
しかし敵の同盟プレイヤーがどこに潜んでいるかは、もちろんその時まで分かりません。機転を効かせ、ご自身で切り抜けてください!




地区
  1. 記念地区
  2. アリーナ地区
  3. 樹木園
  4. 聖堂地区
  5. 貴族地区
  6. エルフの庭園
ダンジョン
  1. 帝都監獄
  2. 白金の塔
他のエリア
  1. 帝国下水道
  2. アルドメリ・ドミニオンの拠点
  3. ダガーフォール・カバナントの拠点
  4. エボンハート・パクトの拠点


アリーナ地区
──────────────────────────────────


この地区では帝国アリーナの壮大な姿が目を引きます。
ただし残念なことにこの闘技場はデイドラたちの手で捻じ曲げられ、陰惨に汚されてしまっています。
帝国の市民たちはモラグ・バルの兵士達の娯楽のために、化け物と戦わされたり、殺し合いをさせられています。
「試合」とは名ばかりで、市民はデイドラの魔物に殺戮され食われてしまうのがお決まりとなっています。

このアリーナ地区では、敵同盟のプレイヤーやシヴキンの勢力と戦ったり、エーテルのトロフィー室を閲覧したり、帝国アリーナに挑戦することができます。
アリーナでは強敵の試練が待ち受けており、幾多ものボスと闘いリングマスターを倒せば特別な報酬が手に入ります。
なおこの地区を探索する際は、ここを徘徊するイモレーター・チャー(オグリム)とキングクローゴ(デイドロス)に注意しましょう。



樹木園地区
──────────────────────────────────



デイドラに侵略される前は、樹木園地区は牧歌的な美しい庭園でした。
記録保管所に近く、帝都の学者たちが好んで休憩に来ていたのです。
今では地区のあちこちでかがり火が灯り、頭上には濃い煙が立ち込めています。
デイドラたちが帝都の記録保管所を略奪し、書物や巻き物を手当たりしだいに焼き払っているのです。

樹木地区の通りでは、レディー・マリグダ(スパイダー・デイドラ)とイセンダ・リスプレンデント(収穫者)が巡回しています。
彼らに不意をつかれないように周囲に注意しましょう。
この地区には他にも爪跡のトロフィー室と、樹木園の武器庫のクラフトハブがあります。



エルフの庭園
──────────────────────────────────



侵略以前は、エルフの庭園は活気ある住宅区でした。
それが今では背徳の軍「第零軍団」の活動拠点となっています。
ここには鍛冶場、攻城兵器の鋳造所、訓練場など、闇の軍勢によって設置された軍用施設が建造されています。

エルフの庭園を探索しながら、プラナーアーマーのトロフィー室を探しましょう。
ここではこの地区を徘徊するボス、眠れぬゾアル(監視者)や金切り声の夫人(クランフィア)と出くわすことがあります。



記念地区
──────────────────────────────────



ヴァレン・アクィラリオスが帝都を制圧するまでは、この地区は活気ある市場でした。
彼はルビーの玉座を奪取すると、この地区を墓地に変えてしまいました。
レオヴィックの軍との闘いで戦死した兵士たちにこの場所を捧げたのです。
しかしこのために、記念地区はモラグ・バルの歪んだ死霊術師たちにとって格好の死体調達場となってしまいました。
虫の教団とモラグ・バルのシヴキンたちは昼夜を通して死体を掘り出し、アンデッドの材料としています。

(この地区は後に再び市場となり、『The Elder Scrolls IV: オブリビオン』でも帝国の市場地区として登場します)

記念地区には見るべき場所が多く存在します。
この地区の最北には帝都監獄のダンジョンの入り口が。また、骨片のトロフィー室と記念墓地武器庫のクラフトハブがあるのもこの地区です。
腐った匂いを感じたら要注意。肉の精霊のヴォルガスが、骨の巨像のアモンクラルと一緒にパトロール中かもしれません。



貴族地区
──────────────────────────────────



貴族地区はこの街の上層階級の住宅区で、裕福な商人や大臣などが住んでいました。
デイドラの侵略が始まった際には、コーデックス隊長は可能な限りの軍団兵をかき集め、地区中央の広場にあり合わせの物で砦を作って立てこもったのです。
デイドラが容赦なく押し寄せる中、彼らはそんな砦を数ヶ月間もなんとか守り通しています。

貴族地区には軍団兵トロフィー室と貴族の武器庫のクラフトハブがあります。
なお、貴族地区では、油断は禁物で、一人で移動する場合は特に注意してください。
音を立てず素早く動きまわるシルスク男爵(悲痛の黄昏)と、霜に包まれたヌナタック(氷結の精霊)が際限なく次の獲物を探してうろついています。



聖堂地区
──────────────────────────────────



この地区は、かつては帝都の信仰の中心地でした。
今では、美しかった最高神の聖堂は変わり果て、おぞましい拷問室と化しています。
ここでは司祭たちは日常的に拷問・尋問され、信者たちはデイドラ公モラグ・バルに生け贄として捧げられています。

聖堂地区を探索する際は、巨大な歯のトロフィー室を探しましょう。
徘徊するボスとして破壊者グロゴロック(肉の精霊)と、マザルハッド(リッチ)が登場するので注意しましょう。



帝都監獄
──────────────────────────────────



帝都は数ヶ月前に、敵の大群に攻め落とされました。
侵略が始まると、帝都の監獄の衛兵たちも監獄を見捨てるほかありませんでした。
混乱が沸き起こる中、囚人たちは生き残りをかけて争いあい、その醜い戦いは、デイドラが我が物顔で監獄に到着するまで続きました。
以後、監獄は一匹の悲痛の黄昏とその部下によって完全に掌握されています。
デイドラたちは帝都の戦場から人間やエルフを捉えてきては、監獄送りにしています。
囚人たちは、デイドラたちが地下深くから発掘し、独房と拷問室に改修してしまったアイレイドの遺跡へと送られることになります。

帝都監獄は記念地区の最北にあり、帝都の2つの小グループダンジョンの1つです。
記念地区に入口があるほかにも、タムリエルの他の地域(シロディールや帝都以外)からはマップの重要地点アイコンをクリックすれば入ることができます。
3人の仲間とチームを組み、監獄に挑みましょう。
難度は通常モードとベテランモードがあり、ベテランモードではベテランランク16の報酬を入手可能です。



白金の塔
──────────────────────────────────



帝都がデイドラを攻めた時、白金の塔も攻め落とされました。
しかし帝国に仕える聖蚕の僧侶テラン・アルミナスは、その前に塔に星霜の書を隠していたのです。
なんとしても、デイドラたちよりも先に星霜の書を見つけなければなりません。
星霜の書を無事回収できるでしょうか。それとも、並みいるモラグ・バルの軍勢の前に力尽きてしまうのでしょうか。

このクエストの舞台となる白金の塔は、帝都にある2つの小グループダンジョンの1つです。
帝都の中央にそびえ立つ白金の塔は、この辺り一帯どこからでも姿が確認できます。
白金の塔には同盟の拠点から下水道経由で入れるほか、タムリエルの他の地域(シロディールや帝都以外)からはマップの重要地点アイコンをクリックすれば入ることができます。
3人の仲間とチームを組み、塔に挑戦しましょう。
難度は通常モードとベテランモードがあり、ベテランモードではベテランランク16の報酬が入手可能です。



帝国下水道
──────────────────────────────────



帝国下水道はこの都市の衛生のため古代に築かれたもので、おびただしい数の水路や貯水槽が網目のようにつながっています。
さらに地下深くには、何世紀も管理されずに忘れ去られたアイレイドの遺跡が眠っています。
下水道はかつてから野獣や盗賊が住みついていましたが、今ではモラグ・バルの支配下となり、恐ろしいデイドラの隊長が通路をパトロールし、出会った者を襲いながら白金の塔の下に隠された秘密も探っているのです。
帝国下水道はいくつもの通路や水路の織りなす広大な地下ネットワークであり、帝都全体に及びます。下水道を探検すると、次のようなものが見つかります。
  • 白金の塔の入り口
  • 各同盟の帝都拠点の入り口
  • 各地区への梯子
  • パトロールするシヴキンの将軍
  • ボスモンスター
  • トローヴスキャンプとカニングスキャンプ
  • 下水道の中心地バラスラム・セントラータで起きる特別イベント


同盟軍の拠点
──────────────────────────────────


3つの同盟軍はそれぞれ、今後大規模な侵攻の足がかりとすべく、帝国下水道に拠点を築いています。
あり合わせの資材で築かれた心もとない基地ですが、冒険者に必要な設備はすべて整っています。
これらの拠点は軍事目的で作られたものですが、テルバーストーンを狙って商人たちも集まっています。



アルドメリ・ドミニオンの拠点
──────────────────────────────────



アルドメリ・ドミニオンの拠点は帝国下水道の東側、樹木園地区と聖堂地区の近くに位置します。
下水道にある各同盟軍の拠点には、それぞれ次の基本設備がそろっています。
  • テルバー・ストーンも預けられる銀行
  • 各種の基本クラフト台
  • 調理用の火
  • クラフトスタイルを購入できる商人
  • 染料台
  • 一般雑貨商人
  • ランダムでセットアイテムを購入できる施錠箱屋
  • テルバー・ストーンで鎧やクラフト材料を購入できるテルバー・ストーン商人
  • 帝都の旅を開始して最初に拠点に入ると、「刃のドレイク」が登場


ダガーフォール・カバナントの拠点
──────────────────────────────────


ダガーフォール・カバナントの拠点は帝国下水道の西側、エルフの庭園と貴族地区の近くに位置します。
下水道にある各同盟軍の拠点には、それぞれ次の基本設備がそろっています。
  • テルバー・ストーンも預けられる銀行
  • 各種の基本クラフト台
  • 調理用の火
  • クラフトスタイルを購入できる商人
  • 染料台
  • 一般雑貨商人
  • ランダムでセットアイテムを購入できる施錠箱屋
  • テルバー・ストーンで鎧やクラフト材料を購入できるテルバー・ストーン商人
  • 帝都の旅を開始して最初に拠点に入ると、「刃のドレイク」が登場


エボンハート・パクトの拠点
──────────────────────────────────


エボンハート・パクトの拠点は帝国下水道の北側、帝国アリーナと記念地区の近くに位置します。
下水道にある各同盟軍の拠点には、それぞれ次の基本設備がそろっています。
  • テルバー・ストーンも預けられる銀行
  • 各種の基本クラフト台
  • 調理用の火
  • クラフトスタイルを購入できる商人
  • 染料台
  • 一般雑貨商人
  • ランダムでセットアイテムを購入できる施錠箱屋
  • テルバー・ストーンで鎧やクラフト材料を購入できるテルバー・ストーン商人
  • 帝都の旅を開始して最初に拠点に入ると、「刃のドレイク」が登場

この帝都地図には、重要地点がすべて示されているわけではありません。
スカイシャード、ストーリーイベント、遺跡など、この都市を探索中に遭遇するものは他にも数多くあります。
敵の手に落ちた帝都インペリアルシティへ足を踏み入れ、ぜひすべての秘密を見つけてください!

最新ニュース