エルダー・スクロールズ・オンライン ハイ・アイル

ESO コミュニティスポットライト:ManCaveGaming

ESOストリームチームのメンバーであり、エルダー・スクロールズ・オンラインのコンテンツクリエイターでもあるBrian、またの名をManCaveGaming、そしてManChopsとしても知られる彼が、ESOストリーマーとしての道のりとPvPへの愛についてお話しします。

こんにちは、Brian!お忙しい中ありがとうございます。早速ですが、ESOについてお伺いします。このゲームを始めたのはいつですか?


マルチプレイヤーでスカイリムをプレイすることが友人との共通の夢だったので、ESOにはずっと注目していました。しかし実際にリリースされた当時、私はあるレーシングシミュレーターでレーシングチームを運営しており、チームを経済的に安定させ、選手たちのために雇用を維持し、自分自身もレースに参加することに集中していました。ご察しの通り、自分のために時間が取れることはほとんどありませんでした。

その間、ほぼ毎日ESOの配信を行っていたSaphnirというストリーマーをフォローして動画を視聴していました。彼女に夢中になった私は、ゲームついて質問するなど彼女との交流を1年間続け、ついにゲームに飛び込む決心をしました。そして始めてすぐに、友人とボイスチャットで何時間もスカイリムをプレイしていた頃の懐かしさが蘇りました。ほぼすべてのNPCに設定された背景のストーリーや没入感を高める声優の演技など、その素晴らしさは全く失われていませんでした。

TwitchでESOの配信を始めようと決心したのはいつですか?


これは大変難しい決断でした。そうするためにはレーシングチームの所有権と全責任を譲り渡し、私のTwitchチャンネルをレースからESOへと完全に移行する必要があったからです。レースの世界ではストレスが溜まることも多いため、ESOの前向きなコミュニティには驚かされました。そして、自分が築くコミュニティも悪質なものにはしたくないと思いました。

2021年2月にESOへ完全移行してすぐ、ストリーム中でもプライベートでも、自分の言動が前向きになっていることを実感しました。その時、私の選択は正しかったのだと、これこそが築き上げていきたいコミュニティなのだと確信しました。

ESOでのキャリアを開始した当初、私はNine Tale Foxというストリーマーに出会い、彼の下でゲームの本当の遊び方を基礎から教わりました。言うなれば、彼は私にルールブックを与えてくれたのです。Nine Taleと彼の奥さんにはより良いPvEプレイヤーになる方法だけでなく、このコミュニティがいかに素晴らしいか、そして常にストリーマーを支援してくれるコミュニティに対してどう恩返しするかについて、今も指導し続けてくれています。

Twitchの視聴者とともに、どのようなESOのアクティビティを楽しんでいますか?


私はESOのあらゆる側面を楽しんでいるので、いつ視聴してもESOで体験できるすべての要素を見ることができます。ただ、PvPに重点を置くことが多いですね。PvPを配信する時に重視しているのはポジティブな姿勢です。ポジティブでいればPvPは楽しく遊べるということをコミュニティに示すことを心がけています。PvPはすぐに倒されてもいいですし、最初は怖くても大丈夫です。私と一緒にシロディールに来れば、笑いでその恐怖を和らげてあげますよと常に伝えています。

PvPプレイヤーは意地悪だとか、慣れていないプレイヤーはPvPに足を踏み入れることさえ考えるべきでないといった悪いイメージを持たれがちです。私は皆が少しでも苦手意識から抜けだせるように手助けをすることで、そのような固定概念を払拭したいと考えています。確かにPvPプレイヤーの中には意地悪な人もいますが、そんなプレイヤーはどこにでも存在します。 笑い飛ばして先に進みましょう。私は前向きな考え方を持ったPvPプレイヤーの未来を創造するために、模範となれるよう努めています。


Twitchのストリーマーとして、視聴者をどのように惹きつけて楽しませるように心がけていますか?


私は、何をするにも視聴者を巻き込みます。ダンジョンをプレイする際はどなたでも歓迎しますし、もしパーティーが満員であれば、全員が参加できるまで何度もプレイします。PvPをプレイする場合でも誰もが参加可能です。また、視聴者の皆さんを笑顔にできるように、装備選びや装備コレクションを埋めるお手伝いをしています。視聴者が私の配信を視聴することで良い気分になってくれていれば、自分の務めを果たしたなと感じます。

また、TwitterやDiscordもよく使用していて、ビルドのアドバイスや時には人生の助言を提供しています。コミュニティには私とチャットしたい時はDMを送るだけでいいといつも伝えています。

TwitchでESOを配信しようと思っている他のプレイヤーに何かアドバイスはありますか?


自分らしく、ありのままで、誠実でいてください。ESOのコミュニティは小さな街のように固い絆で結ばれています。皆がお互いのことを知っているので積極的にコラボしましょう。他のストリーマーに質問したり、一緒にイベントを開催したりすることを恐れないでください。この素晴らしいコミュニティへの貢献は必ず報われます。

今月、あるチャリティ活動の一環としてTwitchで特集されていましたが、これはチャンネルが広まるきっかけになりましたか?


Twitchは私が配信を行う度にトップページに掲載してくれていて、2月以降のフォロワーや視聴回数は20%増加しました。私は視聴者とお喋りしたり、学んだり、教えたり、笑い合うことが好きなので、新たにフォロワーを得ることは非常に大切です。私は、ただゲームをプレイするだけのストリーマーになるのではなく、皆を自分の家に招待したかのように配信することを心がけています。会話とジョークで楽しませてみせますよ。

ストリーム中に起こった最も印象的な瞬間は何でしょうか?


一番印象に残っているのは、ストリームチームの他のメンバーと一緒に難易度ベテランのクラウドレストを完了したことです。Matygonは「Trials with friends(友達と試練に挑戦)」というイベントを週に一度開催していて、集まったストリーマーでお酒を「いっぱい」飲み、からかい合いながら難しいコンテンツに挑戦しているんです。視聴者はその配信で、ESOのトップストリーマーのありのままの姿を見ることができたと思います。

私も配信を視聴して涙を流すほど笑ったのはこれが2度目で、本当に最高でした。

シロディールのPvPに焦点を当てた配信を行う傾向があるように思えますが、あなたと視聴者の両方にとってPvPの何が、配信における楽しさに繋がっているのでしょうか?


MMOというジャンルの中で、ESOのコミュニティは他に類を見ない存在で、誰もが親切で礼儀正しく、協力的です。ただし、PvPの話が出た途端、それだけでコミュニティ内に恐怖が生まれるんです。

私の目標は、PvEと同じ温かい歓迎の気持ちをPvPでも作り出すことです。視聴者やFox Denのギルドと一緒にイベントを主催する時、私はいつも楽しさを第一に考えています。何度倒されようが、どんな不快な経験をしたことがあろうが私は気にしません。私と一緒にシロディールやインペリアルシティに来れば、楽しいひと時にしますよ。

「ホワイトストレークの騒乱」が開催中ですが、比較的新規またはPvP未挑戦のプレイヤーに向けたアドバイスはありますか?


もちろんです!すぐに、そして何度も倒されることになるでしょう。でもそれでいいのです!どんなに上手なプレイヤーでもPvPでは負けることがあります。だから思い詰めずに、お気に入りのクラスを選んでトリッキーな装備を準備し、ただ楽しむことをお勧めします。

PvPにお勧めの鉄板アイテムは「シシスの凝視」で、ヒーラーがいない場合は「ペイル騎士団の指輪 」が良いかもしれません。イベント期間中はほぼ毎日PvPをしているので、遠慮なくグループへの招待を頼んでくださいね。誰でも大歓迎です。

最後に、インタビューを終える前にあなたのコンテンツをフォローできるアカウントを教えてください。


お気軽にメッセージをお送りください。必ず返信しますよ!

貴重なお時間を割いていただいたBrianに感謝します。#ESOFamが知っておくべきだと思うESOのコンテンツクリエイターをご存知の場合は、Twitterまでお知らせください。

※リンク先は英語表記となります。

最新ニュース