エルダー・スクロールズ・オンライン ファイアソング

アップデート第36弾のプレビュー:戦闘の変更

皆さま、こんにちは!

年の終わりが近づく中、今日は戦闘にどのような調整が加えられるのかについてご説明します。今回は、過去数回のアップデートで行われた調整と似通ったものが多数含まれるため、短く簡潔にまとめています。このアップデートでは、大幅な変更やテーマはなく、不具合の修正やコミュニティからのフィードバックに基づいたアビリティ、アイテムセット、パッシブなどの調整がメインとなります。該当する大きな調整点については、以下に簡単な要約を掲載しますので、ご覧ください:

  • バックラッシュによる最後の攻撃は、最も高い攻撃力のステータスに従って動的にスケーリングするようになります。また、与えるダメージの基準は武器や呪文ダメージによってスケーリングされるわけではなく、ターゲットに与えたダメージに基づいて増加していき、そのターゲットが受けるダメージは、完全にプレイヤー自身が与えたダメージによるものとなります。

  • 戦闘星座のオカルト・オーバーロードは、爆発力が弱くなり、使用できる回数も減少しましたが、シナジーがより継続的に付与されるように調整しました。爆発からの極端なダメージを減少させ、連続して発動させないようにクールダウンを1秒間設け、攻撃したすべての敵にランダムなステータス効果を与えるようにしました。これにより、時間内に敵を倒すことができれば、クールダウン後にもう一度爆発させることができます。

  • ウォーデンのパッシブである優性種は、貫通力を調整する代わりにクリティカルダメージを増加しました。これは、中装鎧に特化したウォーデンと比較し、軽装鎧に特化したウォーデンがより多く倒されていることに気付いたためです。また、貫く冷気は特定のダメージタイプを強化するのではなく、全体的なダメージを増加するようになり、さらに氷の杖を使用した場合はより強化するようになりました。現状では、パッシブによって影響を受けないダメージタイプのクラスが無数に存在するため、ダメージを与えることを目的とした多くの変異の選択肢が狭められています。

上記に記載した以外にもいくつかの調整を行う予定ですが、そのほとんどが細かい調整や不具合修正、またはパフォーマンス改善となります。これで、アップデート第36弾の戦闘の変更について、概ね予想ができるようになったと思います!ここまで読んでいただきありがとうございます。それではまた、タムリエルでお会いしましょう!


最新ニュース