エルダー・スクロールズ・オンライン グレイムーア

キャラクター特集 ー アラナ

リーチの魔女はモンスターにとってもノルドにとっても強力で恐ろしい存在です!
最新のキャラクター特集で、マルカルスに登場するモンスター狩りの反逆者について学びましょう!

インペリアルの地図製作者ジャノ・ウェスタリスの手紙より抜粋

暴君の明確な承認を得ていても、マルカルスの壁の向こうに出ることが危険な旅であることに変わりはありません。
血と殺戮に飢えた野生の獣や、さらに野蛮なリーチの民があらゆる洞窟や茂みに潜んでいます。
残念なことに、地図製作の仕事では頻繁に遠出をしなければなりません。
屈強な護衛は必須ですが、知識豊富なガイドも重要です。
滞在して1年が経った今でも、リーチ族の政治を理解することが私にはできません。
この地の知識がなければ、緊迫した状況での遭遇は致命的なものとなるでしょう。

ほんの数週間前、同行者と一緒に街の南東の丘を調査していました。
護衛の1人が浅い渓谷の向こうから1人のリーチの民がこちらを見ていることに気が付きました。
そして、その数は瞬く間に1人から4人、そして12人へと増えていきました。
やがて雄叫びが始まり、ヘラジカの皮で作られた太鼓が鳴り響き始めました。
私の護衛が武器を抜いて背中合わせに立ったことに触発され、雄叫びはより大きくなり、太鼓の音はさらに強く響きました。
魔法使いたちが近付くにつれて、私は少しずつ死への確信を深めていきました。
ところがその刹那、突然全ての音が止みました。
猛烈な不協和音は呟きのように静まり返り、巨大な野蛮人たちの後ろから1人の女性が姿を現したのです。

彼女は背が高く、顔にはペイントが施され、羽飾りや皮、そして骨を身に纏っていました。
その野蛮な装いにもかかわらず、彼女は剣を掲げる私の同行者を一刻も怖がることなく、君主のような威厳を放ち歩いてきました。
すると、ガイドが急いで前へ出てお辞儀をしました。
彼が何者かを崇敬する姿は、過去に一度も見たことがありません。
2人は時折私と私の同行者を指差しながら、リーチの言語で言葉を交わしていました。
しばらくすると、その女性はガイドの頭に手を置き、私たちに近づいてきました。

彼女は立ったまま長い時間私たちを見つめた後、「歯を見せなさい。」と言いました。
私はすぐさま口を大きく開け、はっきりと見えるよう身をかがめました。
多くの護衛たちも私に倣いましたが、その誠意のほどは人それぞれでした。
不幸にも、ハラルフという名の誇り高き1人のノルドが彼女の要求を拒みました。
すると彼女の戦士の1人が前に出て、「アラナ様は口を開けろとおっしゃったぞ、ドブネズミめ!」と怒鳴りました。
ノルドはそれでも拒みました。
リーチの戦士が骨刀を抜くとその女性、アラナは手を挙げてその場を宥めました。
そして彼女はハラルフを除く私たち全員に退くよう合図を出しました。
私たちは彼女に従い、残されたハラルフ1人がリーチの魔女と対峙することになりました。

彼女は私たちの中の誰もが理解できない言葉で何かを呟き始め、手に持った骨の入った袋をカラカラと鳴らしながら、ハラルフに近づきました。
彼女の呟き声が大きくなるにつれて彼の顔が歪みはじめ、その唇は震え、目は恐怖で見開かれました。
すると突然、がくんと彼の口が開きました。
口の中を覗き込んだかと思えば、アラナは微笑み、彼を苦しめていた不思議な力を緩めました。

「頼みを聞いてくれてありがとう。」と、彼女は言いました。
恐ろしい光景を目の当たりにしたにもかかわらず、私はリーチの民へ畏敬の念を分かち合わずにはいられませんでした。
荘厳な外見をしていても、その全く飾らない姿が私の胸を打ちました。
彼女は間違いなく魔女であり、その中でも強力な魔女でした。
しかし私は、彼女の目に穏やかな良識のようなものを見出しました。
それは私たちが想像すらできないような敵に出会い打ち勝ってきた、歴戦の英雄に見られる精神力のようなものでした。

仲間の元へと戻った彼女は、「吸血鬼とウェアウルフがこの丘に忍び寄っている。」と最後の警告を発しました。
そして彼女は私たちに振り返り、顔をこわばらせ、「だがじきに終わる。」そう言うとアラナとリーチの民は、ここに来た時と同じように素早く去っていき、幻のように荒野へと消えました。

「何者だったんだ?」そう私は尋ねました。

「アラナ、魔女の反乱軍のリーダーです。」と、ガイドは答えました。

それ以上考えを巡らせる必要はなく、私はその次の日にすぐさまリーチを発ちました。

リーチに滞在するなら、荒野には近づかないことをお勧めします。
吸血鬼やウェアウルフが本当にその丘にいるとしたら、アラナと彼女の狩人の軍団は彼らに相応の戦いをもたらすでしょう。
リーチの魔女たちのように争いを仕掛ける者はごくわずかです。

恐るべき闇の軍隊が深淵から立ち上がろうとしていますが、リーチの民にも守護者がいない訳ではありません。
リーチを探検していれば、アラナと彼女の狩人の軍団に遭遇する可能性があります。
魔女の反乱軍と同盟を結ぶことを考えていますか?
Twitterでお知らせください!

スカイリムの闇の中心は、11月2日にPC/Macに登場するDLCゲームパック「マルカルス(Markarth)」で終焉を迎えます。



最新ニュース