エルダー・スクロールズ・オンライン グレイムーア

アップデート第28弾:ゲームパフォーマンスのプレビュー

皆さま、こんにちは。

下記では、次の四半期におけるゲームパフォーマンスのプレビューについてお話しします。
今回は、アップデート第27弾で行われたパフォーマンス改善の効果についてご紹介し、その次段階として11月に実装が予定されているアップデート第28弾の内容についてプレビューします。
前回のゲームパフォーマンスプレビューと同様、エンジニアリングチームからの詳細な情報も含まれています。

まだアップデート第28弾の戦闘プレビューを確認していない場合は、 こちら からご覧ください。

アップデート第27弾の振り返り

シロディールにおける範囲攻撃アビリティのテスト :シロディールでの範囲攻撃アビリティのパフォーマンステストは10月19日に終了しました。
最初の3週間で行われたグローバルクールダウンのテストに関しては、他のものと比較して最大のパフォーマンス向上が見られました(サーバーのパフォーマンスが約25%向上しました)。
しかし、大幅なパフォーマンス向上は見られたものの、全体的なゲーム内体験は十分にはスムーズになっていないため、やるべき課題はまだ残されています。
テストの最終段階が完了すると同時に、更にテストの組み合わせを実施し、このテスト結果の詳細を皆さまにお届けする予定です。
詳細は近日中にお知らせします!

範囲攻撃アビリティのテストに関する全体的な特記事項は以下の通りです:

  • 私たちが理想とするサーバーのFPSは30ミリ秒未満です。
    50ミリ秒を超えると、プレイヤーのアビリティの発動に顕著な遅延が発生します。
    グローバルクールダウンテストでは、高負荷な状況下におけるサーバーのFPSは約25%低下しましたが、大規模な戦闘では依然として50ミリ秒を超えています。
  • これらのテストにおけるピーク時の人口は均等にしていました(PC版のEUサーバーでは、3つの同盟すべてにおいてレイヴンウォッチの人口を制限していました)。

サーバー上の試練&ダンジョンにおけるパフォーマンス :これらの初期変更を実施した時には、構成設定にいくつかの問題を確認しましたが、現在は解決しています。
ここ数週間の状況は安定しており、スムーズに動作しています。
更にいくつかの調整が必要であると判明したので、アップデート第29弾で対応して行く予定です。

データベースの改善 - アクティビティ検索 :これらの変更が現時点で良好に機能していることに私たちは満足しています。
これにより、これまでよりも早く、そして確実にダンジョングループに入れるようになりました。
追跡中のエッジケースの不具合はまだ存在していますが、全体的には大幅に改善されました。

断続的なロード画面 :断続的なロード画面の問題に対処するため実施した修正は、非常に良好に機能しています。
すべてのゾーンにおいて、断続的なロード画面が全体的かつ大幅に減少しました。
例えば、最も状況が悪い部分の1つであったシロディールでは、ゾーン内でランダムに発生する断続的なロード画面が95%以上減少しました(1日に約50000件あったものが約3000件にまで減少しました)。
スクリーン リーダーのサポートが有効になっています。

全体的なクライアントの安定性(重要なメモリシステム&Havok物理エンジンの強化) :これらの取り組みにより、全体的に安定性が向上しました。
すべてのクラッシュを修正したわけではなく、取り組むべき作業も残っていますが、アップデート第27弾の実施以来コンソールのクラッシュ率は劇的に減少しています。
スクリーン リーダーのサポートが有効になっています。

アップデート第28弾のプレビュー
アップデート第28弾では、下記の取り組みを行う予定です:

  • 大規模な戦闘におけるパフォーマンスの向上 :
    • これには、クライアントが視覚効果をアップデートする方法の最適化が含まれており、多くのアビリティが詠唱されるような大規模な戦闘に参加する場合において、より高いフレームレートを得られるようになります(クライアントのFPSが改善されます)。

上記のアップデート第28弾におけるゲームパフォーマンスに関する作業を現在実施しており、11月にゲーム内へ実装する予定です。

以上が、この四半期のゲームパフォーマンスのプレビューとなります。
アップデート第27弾の作業がどのように進行したか、アップデート第28弾に向けて私たちが何に取り組んでいるかをこの記事を通してご理解いただければ幸いです。

最新ニュース