エルダー・スクロールズ・オンライン グレイムーア

パッチノート v6.0.5(3)

戦闘&ゲームプレイ




戦闘&アビリティ

全体

  • 使用可能なシナジーが複数ある場合に優先的に現れるシナジーを確定するため、シナジーに優先度を設定しました。
    プレイヤーキャラクターによって発動されるシナジーより、クエスト、ダンジョン、アリーナ、試練関連のシナジーが優先的に現れるようになりました。
    さらに、プレイヤーキャラクターによって発動されるシナジーには以下のルールが適用されます:
    • 最も優先度が高いのは回復やシールドに関連するシナジーとなります。
    • 次にユーティリティ、バフ、デバフのシナジーが優先的に現れます。
    • 最も優先度が低いのは完全にダメージに関連するシナジーとなります。
      • 浄化、導管、燃焼のすべてが発動可能となっている場合、浄化(回復)が最初に適用され、その次に燃焼(ユーティリティ)、そして最後に導管(ダメージのみ)が適用されます。
  • スパイクアーマーや導き手の力などの「ソーン」アビリティが、直接ダメージとして判定されていなかった問題を修正しました。
  • 完全にチャージされていない重攻撃、または「中攻撃」が直接ダメージとして判定されていなかった問題を修正しました。
  • サーバーへの負担を軽減するため、プレイヤーキャラクターにおける複数のパッシブのロジックを更新し、最適化しました。
  • この変更が影響するのはサーバーによるロジックの処理方法のみとなり、パッシブの機能やバランスに影響を及ぼすことはありません。
  • 成功しないにも関わらずサーバーがロジックを分析しようとする現象を防ぐため、複数の発動条件のロジックを更新しました。
  • 呪われた突撃などの一部の「ギャップクローザー」アビリティが移動不能の状態で使用できなかった問題を修正しました。
  • ペットの基本攻撃がプレイヤーキャラクターのステルス状態や透明化を無効にできなくなりました。
    骨爆弾やアルティメットアビリティなど、発動を必要とする特別な範囲攻撃のみがステルス状態を無効にできるようになりました。
    • ペットが攻撃を始めた後にターゲットがステルス状態になった場合、ペットがステルス状態のターゲットを攻撃することはあるかもしれませんが、攻撃によってステルス状態が無効になることはありません。
  • ペットを召喚するアビリティを詠唱した後、ペットがすでに現れている状況で再度召喚することを防ぐための防止時間を追加しました。
  • ペットが、集中や驚異などの防具に関連するプレイヤーキャラクターのボーナスを正確に引き継ぐようになりました。
  • 詠唱した直後にダッシュした場合、ペットを召喚することができなかった問題を修正しました。
  • 詠唱やチャネリングの途中にダッシュした場合、すべての移動速度ボーナスが付与されなかった問題を修正しました。
  • 召喚の詠唱が防御でキャンセルされた場合でも、騎乗動物に乗ることができていた問題を修正しました。
  • バーの1つに武器を設定していない場合のバー切り替えに関する複数の問題を修正しました。
  • クイックスロットのアイテムを消費した時に再生されるオーディオが、アイテムを使用できなかった時に再生されていた複数の問題を修正しました。
  • 強撃のダメージを80%減少しました。
  • 強撃のグリフ:これらの付呪は、強撃の武器ダメージと呪文ダメージを348増加するのではなく、160チャンピオンポイント(CP)のゴールド品質の付呪ごとに強撃のダメージを500増加するようになりました。
  • デッドリー・バッシュ(片手武器と盾のパッシブ):このパッシブは、強撃の武器ダメージと呪文ダメージを250/500増加するのではなく、強撃のダメージを750/1000増加するようになりました。

  • 開発者のコメント:
    上記の変更は、通常のダメージを与える中での強撃の過剰使用を減少させるため行いました。
    過剰使用によって使用するプレイヤーとそうでないプレイヤーの間に溝が生まれてきていました。
    強撃は、ダメージを与えるより、主に妨害やアイテムセット、パッシブ、とその他のイベントによる発動をコントロールしたり増やしたりするための機能です。
    しかし、強撃によってダメージを与える機能を保持することに決め、さらに、ダメージを与える目的で使う場合、より効果的になるよう調整しました。
    この実数値ダメージへの変更によって、通常の強撃ビルドは少し効果が下がりますが、怒りの巨人など、付呪、パッシブ、アイテムセットに依存した超強撃ビルドは効果が高くなります。(ローンチ時の様に強すぎないようにしています)。

    • 戦いの精神の治癒低下を50%から60%に増加しました。
    • すべてのプレイヤーキャラクターは、レベル10からクリティカル耐性として基本的にクリティカルダメージが20%減少するようになりました。
    • 多くの入力遅延に対応するために、武器切り替え後のアビリティ発動のクールダウンを500ミリ秒から250ミリ秒に縮小し、アニメーションとより一致するようになりました。
    • 邪悪退散や狩りの達人などのパッシブが、DLCゲームパック「ウルフハンター(Wolfhunter)」 のダンジョンでウェアウルフを敵として認識しなかった多数の問題を修正しました。
    • 一部のバトルグラウンドにおいて、詠唱時間中に落下すると詠唱時間が停止していた問題を修正しました。


    バフとデバフ

    • 詠唱者に永続的な(強)及び(弱)バフを付与する複数のアビリティとアイテムセットを、一時的な(強)及び(弱)バフとより調和して発動するように更新しました。
      • この修正により永続的な(強)及び(弱)デバフが衝突し、お互いの効果をキャンセルする回数が減少します。
      • またこの修正により、(強)及び(弱)バフまたは、デバフを必要とするアイテムセットがより正確に発動するようになりました。


    ドラゴンナイト

    • 熾烈なる炎
      • 火の捕縛
        • 強化の鎖(変異):このアビリティにおける強化の累積が2回から1回になりました。


    ナイトブレイド

      • ベールストライク:このアビリティとその変異は、ステルス状態や透明状態でターゲットを攻撃するのではなく、側面から攻撃すると気絶させ、フラフラ状態を与えるようになりました。
        重攻撃が透明状態を正確に無効化するという最近の修正に伴い、一部のアビリティの攻撃における発動頻度の低下を相殺するためにこの変更を実装しました。
    • 吸引
      • 吸収攻撃:このアビリティとその変異が、傷の治療とその変異によって発動できていた問題を修正しました。
        このアビリティの魂を奪い取る力は軽攻撃と重攻撃のみで有効になりました。
      • 魂の細断:このアルティマとその変異はターゲットから10mより遠い味方ではなく、10mより近い味方に効果を与えるようになりました。


    ソーサラー

    • 闇魔法
      • ルーンの牢獄
        • 防御のルーン(変異):このアビリティのスタンが視線や範囲を無視していた問題を修正しました。
    • 嵐の召喚
      • オーバーロード:このアルティマとその変異が、意図した時間より長く武器を隠すと、効果がプレイヤーキャラクターにスタックするなどの複数の視覚問題を修正しました。
        このアルティマとその変異を発動中に他のアルティマを発動すると、このアルティマは無効になります。
        • エネルギーオーバーロード(変異):この変異から付与されるマジカ回復が、軽攻撃や重攻撃でダメージを与えなかった場合でも発動していた問題を修正しました。


    テンプラー

    • 暁の憤怒
      • 太陽の炎
        • 反射の光(変異):正義のアクティビティと関連する中立的なターゲットに対してこのアビリティが使用できなかった問題を修正しました。
    • 回復の光輝
      • 通過儀式:このアビリティは、その変異可能かどうか関わらず、開始すると防衛によってキャンセルすることができなかった問題を修正しました。


    ウォーデン

    • 獣王
      • 野生の守護者:この召喚を妨害することができなかった問題を修正しました。
      • 獰猛なる獣:野生の守護者とその変異を詠唱することによってこのパッシブが発動できていた問題を修正しました。
      • 灼熱:このアビリティとその変異のダメージが直接ダメージと判定されていなかった問題を修正しました。


    武器

    • 回復の杖
      • 重攻撃:この武器での重攻撃を稲妻の杖とより似るように更新しました。
        同じ強さの3つの攻撃ではなく、弱い攻撃を2回放ち、最後に強い攻撃を1つ与えるようになりました。
        これによって、セットやパッシブがこの武器のフルチャージに反応しなかった複数の問題が解決しました。


    ワールド

    • 吸血鬼
      • 闇の霧:このアビリティとその変異の使用時において視覚効果が消えていたことに関連する複数の問題を修正しました。
    • ウェアウルフ

      開発者のコメント:
      ウェアウルフの体験におけるツールキットには、攻撃的でテンポの速いプレイスタイルをベースにした既存のゲームプレイの強化に重点を置き、味方を率いたり、敵を弱体化させる群れのリーダーの要素など、複数の軽微な更新をしました。

      • 群れの呼び声:このパッシブはウルフパックによって召喚されたダイアウルフに効果を発揮するようになりました。
      • ハーシーンの恵み:体力が全快の状態でこのアビリティを詠唱するとスタミナが回復するようになりました。
        このアビリティとその変異をスロットに登録している間、パッシブとして残忍(強)が付与されます。
        • ハーシーンの怒り(変異):体力が全快の状態でこのアビリティを詠唱すると狂戦士(強)が6秒間付与されるようになりました。
          しかし、プレイヤーキャラクターは追加のダメージも受けます。
        • ハーシーンの不屈(変異):このアビリティにおける通常回復量の増加に加え、回復量の一部(制限あり)に応じてプレイヤーキャラクターの体力とスタミナの再生量も増加するようになりました。
      • 貫く遠吠え:このアビリティとその変異が、プレイヤーキャラクターに向いている敵に10%の追加ダメージを与えるようになりました。
        • 苦悶の遠吠え(変異):この変異のダメージボーナスを33%から25%に減少し、プレイヤーキャラクターに向いている敵にも効果を与えるようになりました。
      • 急襲:このアビリティを詠唱すると5秒間虐殺の状態になります。これにより、ターゲットを素早く引き裂き、積極的な攻撃に対するスケーリングボーナスが付与され、10秒間出血をさせることができます。
        • 残忍な急襲(変異):虐殺を残忍な急襲に上書きし、コーン型攻撃に変更しました。
          敵が残忍な急襲の攻撃を受けるたび、最大6回まで武器ダメージを増加するようになりました。
        • 野生の急襲(変異):最初の一撃、またはその上書きである野生の虐殺でダメージを与えると、スタミナが付与されることに加えて、ウェアウルフ形態の時間が延長されるようになりました。
      • 咆哮:このアビリティが、敵を7秒間フラフラ状態にすることができるようになりました。
        このアビリティとその変異をスロットに登録している間は、パッシブとして獰猛(強)が付与されます。
        • 耳をつんざく咆哮(変異):この変異が持続している間、敵に不自由(弱)を付与するようになりました。
        • 猛獣の咆哮(変異):この変異が持続している間、重攻撃の速度を33%増加するようになりました。
      • ウェアウルフ化:
        • ウルフパック(変異):この変異によりダイアウルフが敵にダメージを与える時に不自由(弱)を付与することがなくなりました。
          その代わり、プレイヤーキャラクターと近くにいる11人の味方に勇気(弱) を与え、プレイヤーキャラクターにダメージ緩和を付与するようになりました。


    ギルド

    • 戦士ギルド
      • シルバーボルト:
        • 銀矢の欠片(変異):正義のアクティビティと関連する中立的なターゲットに対してこのアビリティを使用できなかった問題を修正しました。
    • サイジック
      • 加速
        • 瞑想加速(変異):両手武器の使用時に発生していた視覚効果のタイミングの問題を修正しました。
      • 武器注入
        • 武器圧搾(変異):この変異の回復が、各ランクで与えた治癒の1.1%ではなく、与えたダメージの1%に応じてランクアップするようになりました。
      • 傷の治療:
        • このアビリティの使用後、連続的な重攻撃ができなかった問題を修正しました。
        • 実際に治療を行わなくても、このアビリティでターゲットを重攻撃することでマジカを獲得できていた問題を修正しました。
      • アンドゥ:このアビリティとその変異のアニメーションが、突然表示されて終了していた問題を修正しました。
        巻き戻しで移動しないと、プレイヤーキャラクターがジャズの演奏をしているように不規則に見えていました。
    • アンドーンテッド
      • 血の祭壇:シナジーの視覚を修正しました。
        一部の味方に表示されないだけでなく、敵にも表示されるようになっていました。


    同盟戦争

    • シロディールで特定のクラッシュが発生した後に、同盟戦争のスキルラインがランク1にリセットされることがあった問題を修正しました。
    • 後方支援
      • 障壁:このアルティマとその変異のコストを200から250に増加し、12体のターゲットに適用される他のアルティマと同等に揃えました。
        • 活気の障壁(変異):このアビリティがグループ外のターゲットにも適用されていた不具合を修正しました。


    チャンピオンシステム

      • シャドウストライク :
        • このパッシブに関する挙動を修正しました。
        • 別のアニメーションの途中でこのパッシブを発動しようとする時に発生していた奇妙なアニメーションエラーを防ぐため、このパッシブがプレイヤーキャラクターに対してアニメーションを強制的に再生させることがなくなりました。
    • 精霊
      • 物理武器専門家:このパッシブが、素手の右手及び重攻撃に適切に機能するようになりました。


    アイテムリスト&アイテムセット

    消耗品

    • 最大レベルのクラフトとクラウンの薬のパワーレベルが反映されるように、同盟戦争のソースとなる薬を更新しました。
      これにより、同盟戦争の回復したリソースと全体的な継続時間が増加し、下記の薬がより適切に反映されるようになりました:
      • 戦闘用水薬がゴールドコーストの戦士の霊薬と類似した性質を持つようになりました。
      • 呪文用水薬がゴールドコーストの魔法使いの霊薬と類似した性質を持つようになりました。
      • 体力用水薬がゴールドコーストの生存者の霊薬と類似した性質を持つようになりました。
    • 探知ボーナスを付与する薬が適切な視覚効果を適用するようになりました。
    • 気絶している間に特定の薬を有効にすることができた問題を修正しました。


    アイテムセット

    開発者のコメント:
    サーバーが重くなってしまう原因とならないように、下記のセクションにおける多くのアイテムセットに多数の不具合修正またはパフォーマンス強化を実施しました。
    これらの変更に加え、私たちが意図する効率的な値になるように、関連するすべてのアイテムセットのボーナスの標準化に引き続き取り組んでいます。
    例えば、サーバーが重くならないように重攻撃に関連する多くのセットを更新し、他のセットの標準に合うように必要な調整を行いました。
    このアイテムセットの調整が完全に完了するまでは、引き続き大型アップデートにて同様の調整を行います。

    • ガレンウェの盾:
      • このセットと完全版が味方に付与する強化が3ではなく11になりました。
      • このセットが50%の発動率ではなくなる代わりに、クールダウンを1秒から2秒に増加しました。
      • このボーナスの範囲が、ツールチップが示している範囲よりも大きくなかった問題を修正しました。
    • 琥珀のプラズム:
      • このセットがマジカ回復とスタミナ回復に加え、体力回復も付与するようになりました。
      • 各回復を250から276に増加しました。
    • アークメイジ:このセットが重攻撃をフルチャージする度に834マジカを付与しなくなりました。
      フルチャージした重攻撃でダメージを与えた後にマジカ回復を10秒間360増加するようになりました。
    • 青白い柄:このセットが灼熱の息吹と同じ量のダメージを与えるようになりました。
      以前より2倍の円弧と射程距離を持つようになり、視覚効果とより適切に一致するようになりました。
    • バーラハの呪い:
      • このセットのダメージが直接ダメージと判断されることがあった問題を修正しました。
      • このセットが与える最後の攻撃によるダメージが治癒の効果を付与していなかった問題を修正しました。
    • 致死の一撃:このセットが、ラピッドファイアまたはその変異に適用されなかった問題を修正しました。
    • ドラウグルズレスト:このセットの全体的な治癒力を継続時間全体で11000から19404に増加しました。
    • エルフ殺し:このセットがチャネリングされた効果やビームに適用できなくなりました。
    • エンバーシールド:
      • このセットのダメージが継続ダメージではなく直接ダメージと判断されていた問題を修正しました。
      • このセットが付与する防具を3440から3300に減少しました。
      • 攻撃ごとに付与するダメージを1032から860に減少しました。
      • このセットから発動の確率を削除しました。
    • 闇の気品:
      • このセットの断続時間を5秒から10秒に増加しました。
      • クールダウンを15秒から25秒に増加しました。
      • このセットがオーバーロード及び変異の重攻撃と適切に機能するようになりました。
    • メファーラの手:このセットがダメージ範囲を示すマイナスのテレグラフを有するようになりました。
    • 治癒の魔術師:
      • このセットのアビリティの発動が決められた条件により正確に基づくようになりました。
      • このデバフに影響されている周辺の敵が、通常のように一番近い敵から優先されていなかった問題を修正しました。
    • 非貫通アーマー:このセットが付与するクリティカル耐性を2000から1650に減少しました。
    • クヴァッチ剣闘士:敵の体力が25%以下の場合、このセットが軽攻撃と重攻撃における武器ダメージを1800増加するのではなく、全攻撃の武器ダメージを1475増加するようになりました。
    • 吸血プレート:
      • このセットのダメージが直接ダメージと判断されていたことがあった問題を修正しました。
      • ダメージシールドを有する敵を攻撃すると、このセットの回復量が増大しすぎていた問題を修正しました。
      • このセットが与える最後の攻撃によるダメージが、治癒の効果を付与していなかった問題を修正しました。
    • オルグヌム鱗:体力が60%以下の場合、このセットが体力回復を50%ではなく、体力回復を800、防具を6400増加するようになりました。
    • 女王の雅:このセットの軽攻撃が、次のアビリティの体力かマジカ、またはスタミナのコスト消費量を10%減少し、フルチャージの重攻撃が次の直接ダメージ攻撃のダメージを2610増加するようになりました。変更前は、軽攻撃及び重攻撃のダメージを20%増加していました。
    • 反応する鎧:
      • このセットが行動不能の状態の間に受けるダメージを35%減少するのではなく、20秒間のクールダウンで状態異常攻撃を受けた後に5秒間受けるダメージを33%減少するようになりました。
      • このセットが減速と機能するようになりました。
    • ヒストのローブ:
      • 状態異常攻撃を受けた後、秒毎に回復するのではなく、従来の数値で秒毎に回復する断続回復の効果を5秒間付与するようにこのセットを僅かに調整しました。
      • このセットが、プレイヤーキャラクターが発動する減速と、ボスのメカニクスなどの通常ルールが適用されない一部の減速を発動させる可能性があった問題を修正しました。
    • 変化の武具:発動条件が満たされている場合、このセットがクリティカル耐性を20秒間1304付与するのではなく、5秒間1400付与するようになりました。
    • 獰猛なウェアウルフ:このセットが二刀流の重攻撃によって2重に発動していた問題を修正しました。
    • センシャルの守り手:このセットがビーム攻撃を直接ダメージと判定していた問題を修正しました。
    • 軍曹の鎧:フルチャージした重攻撃のダメージボーナスを1634から2257に増加しました。
    • 拷問者:このセットが適応するアビリティをより詳細に明記し、適応する通常アビリティを予定通りより多く含むよう発動条件を拡大しました。変更前はチャージのアビリティのみ適応としていましたが、チャージ、跳躍、テレポート、引き寄せのアビリティが適応となりました。このアビリティは、雷光などの瞬間アビリティを適応としません。
    • 吸血鬼の王:このセットが吸血症ステージのボーナスとペナルティを下記の通りに増加するようになりました:
      • ステージ 1/2/3/4
      • 受ける炎ダメージ:1/2/4/6%
      • 通常アビリティのコスト消費量増加:1/2/4/6%
      • 吸血鬼アビリティのコスト消費量減少:5/10/15/20%
    • ウィンターボーン:このセットの減速が適用されないことがあった問題を修正しました。


    怪物の仮面

    開発者のコメント:
    怪物の仮面を、セットボーナス効率基準に関して5個セットとより似るように更新しました。
    ほとんどは値の調整となりますが、いくつかのセットは、意図したファンタジーに沿ったものにするため、または使用においてより柔軟性を有するように、より大きな調整を受けています。

    • バローグ:
      • このセットが消費した2倍のアルティマではなく、同量の武器ダメージと呪文ダメージを与えるようになりました。
        また、消費したアルティマの23倍の武器貫通力と呪文貫通力を与えるようになりました。
      • ボーナスの継続時間を10秒から12秒に増加しました。

      開発者コメント:
      このセットの機能は、呪文者へのバーストを短時間の間に可能にし、より長い時間アルティメットを保持することに報酬を与えることを目的としています。従来の数値では、このセットはそれに近いことができていましたが、緩和能力の高いターゲットに対してはフラットな増加が得られるだけで失敗することがよくありました。
      この変更により、このセットは緩和能力の高いターゲットに対してより効果的となり、緩和能力の低いターゲットに対しての効果が下がりました。
      その結果、よりバランスを取ることができ、このセットにおける潜在的な襲う力を少し減少されます。

    • ブラッドスポーン:
      • このセットが与える防具を6450から3300に減少しました。
      • アルティマの発動を14から8に減少しました。
      • 継続時間とクールダウンを6秒から5秒に減少しました。

      開発者のコメント:
      ブラッドスポーンは、ゲームにより複雑な挙動やメカニクスを導入することができる前に登場した初期怪物の仮面の一つです。
      そのため、他のセットと比較すると全体的に非常に強力に感じることがあります。
      これらの変更により、防御と攻撃能力を保持しながら、使える機会を減らしました。
      短くなった継続時間とクールダウンにより小さな戦闘においての効果が減少されるものの、より頻繁に発動できるようになったに加え、発動ごとにアルティマが与えることができるようになるため、数で劣る状況ではそのパワーの一部を保持することができます。

    • チョークソーン:
      • このセットが4秒間で19565体力を回復するのではなく、6秒間で24409体力を回復するようになりました。
      • 発動の確率を15%から33%に増加しました。
      • より強力な回復とバランスを取るように、ビームの範囲を28メートルから15メートルに縮小しました。
    • ドミーハウス:
      • このセットが、プレイヤーキャラクターが輪の中にいる間に武器ダメージまたは呪文ダメージを200ではなく、300付与するようになりました。外側の輪が与えるダメージが1000から1380に増加しました。
      • このセットから発動の確率を削除しました。
    • アースゴア:
      • 潜在的なバーストヒールを防ぐために、このセットが6秒間で30000の体力を回復するのではなく、10秒間で29700の体力を回復するようになりました。
      • クールダウンを35秒から20秒に減少しました。
    • エンジンのガーディアン:
      • このセットが、発動毎にマジカ及びスタミナを1204回復するのではなく、550回復するようになりました。
      • 発動毎の体力回復を1204から1955に増加しました。
      • ビームの範囲を28メートルから15メートルに縮小しました。
      • 中断された後に、スフィアが再び詠唱されなかった問題を修正しました。
      • 実際のクールダウンとは異なるクールダウンが表示されていた問題を修正しました。
        以前は10.7秒と表示されていましたが、意図された10秒になりました。
        これにより、8秒後にセットを発動することができた場合、新しいスフィアが召喚されず、再度8秒後にセットを発動することによって、最初の詠唱から16秒のクールダウンが発生していた問題も修正されます。

      開発者のコメント:
      ブラッドスポーンと同様に、エンジンのガーディアンはゲームが始まってから非常に異なった時期に作られたセットであり、他のリソース対象のセットのバランス決定に大きな影響を与えています。
      これにより、しばしばリソース管理と関係する怪物の仮面は、同等のものを5個集めるよりもはるかに強力になります。このセットから合計の再生を減少することで、ゲーム内の全セットのバランスをより改善することができます。
      ヒーリングを増加させたことによって他のヒーリングのセットの基準との相性も良くなりました。

    • グランドウルフ:このセットによって付与される主要リソースの回復を1000から700に、2番目を500から350に減少しました。
    • イランブリス:
      • 隕石の雨から受ける各ダメージを1170から2015に増加しました。それぞれの隕石の雨を重ねることができなくなりました。
      • 発動の確率を33%に増加しました。
      • このセットが他のセットを発動していた問題を修正しました。
      • このセットの炎ダメージがエルフ殺しによって延長されていなかった問題を修正しました。
    • 業火のガーディアン:
      • 各乳鉢が与えるダメージを5000から4430に減少しました。
      • チャンネリングされた重攻撃を使用している間、このセットが硬化した付呪からの発動に失敗していた問題を修正しました。
    • クジャルナルの悪夢:このセットのダメージが古代の知識など一部のボーナスを引き継ぐことに失敗していた問題を修正しました。
    • クラグ:このセットの攻撃ごとのダメージを1300から1345に増加しました。
    • 看守長:
      • 1セットの防具ボーナスを2975から1487に減少しました。
      • 発動の防具ボーナスを3870から3180に減少しました。
    • マーセロク:ダメージを8000から7200に減少しました。
    • 業火のモー:
      • デイドロスの攻撃によるダメージに関して、各アビリティの持続時間を2秒にし、平均4257の変動する値から常に3865ダメージを与えるように合理化しました。
      • デイドロスは、攻撃の組み合わせをランダムに行うのではなくパターンに従うようになりました。
      • ブレス攻撃が意図したよりも著しく頻繁に炎上を発動していた問題を修正しました。
      • 発動の確率を10%から33%に増加しました。
      • デイドロスをターゲットにすることができなくなりました。
      • 1つのボーナスを1206最大体力から1096最大マジカに変更しました。
    • 強きチュダン:1つのボーナスの防具を2975から1487に減少しました。
    • モラグ・キーナ:このセットが付与する武器ダメージと呪文ダメージを516から560に増加しました。
    • マザー・シアネイト:このセットが付与するマジカを600から822に増加しました。
    • ネリエンエス:
      • このセットのダメージを8890から9393に増加しました。
      • 発動の確率を10%から15%に増加しました。
      • 1つのボーナスで、最大体力ではなく129の呪文ダメージを与えるようになりました。
    • 夜の炎(ボグダン):
      • このセットの攻撃ごとの回復を2525から2460に減少しました。
      • 発動の確率を10%から20%に増加しました。
    • 海賊スケルトン:
      • 防具の1枚のボーナスを1487に減少し、2975に下がりました。
      • このセットの発動のクールダウンを20秒から15秒に減少しました。
      • 発動の確率を8%から10%に増加しました。
    • スカージの収穫者(マルベス):
      • このセットのダメージを持続時間全体で5805から5715に減少しました。
      • 発動の確率を8%から10%に増加しました。
      • 実際にはクリティカル攻撃ではないにも関わらず、このセットの回復がクリティカル攻撃と分類されていた問題を修正しました。
        これにより、このセットが発動するパワーサージなど他の発動条件のインスタンスが修正されます。
    • セレーン:このセットのダメージを12000から13364に増加しました。
    • セリストリクス:
      • このセットのダメージを5030から6836に増加しました。
      • このセットから発動の確率を削除しました。
      • クールダウンを5.5秒から6秒と僅かに増加しました。
      • このセットで複数の敵を攻撃すると、画面が激しく揺れていた問題を修正しました。
        このセットを範囲攻撃で使用してもリヒター・スケールが崩壊しなくなりました。
    • ルクガムズの守衛:
      • このセットから発動の確率を削除しました。
      • 攻撃ごとの回復とリソース回復を1減少しました。
      • 攻撃ごとに回復するマジカとスタミナの量を115から125に増加しました。
    • シャドウレンド:
      • このセットは、命中した相手に3秒間不自由(弱)を適用しなくなり、代わりに2秒間与えるダメージを5%減少させます。
        このデバフは複数のソースから累積することはできません。
      • クランフィアの攻撃によるダメージを合理化して、攻撃ごとに3240から800へと大幅に減少しました。
        与える攻撃がランダムではなくなりました。
      • テールスワイプによる攻撃の詠唱時間を400ミリ秒、クールダウンを3秒減少しました。

      開発者コメント:
      以前は、このセットはパッシブセットとしてはあまりにも多くのダメージ軽減を可能にしていたと像時に相当なダメージを与えていました。
      このセットに大きなクールダウンを導入するのではなく、ボーナスを不自由より弱めに変更することにしました。
      独自のものにすることによってセットがPvEでより有効になるはずです。
      ダメージを減少させるにあたり、セットをブルーザーではなくタンクを中心としたセットとして補強します。

    • メファーラの落とし子:
      • このセットの攻撃ごとのダメージを1096から1340に増加しました。
      • このセットの描写に関わる問題を修正しました。
      • このセットがブロックされていた問題を修正しました。
      • このセットが、戦闘テキストをスクロールすることで継続ダメージとして適切に表示されるようになりました。
    • 石の番人:
      • このセットが回復する体力、マジカ、スタミナを5350から2480に減少しました。
      • 累積するクールダウンを1秒から250ミリ秒に減少して、ブロックにかかるクールダウンとより一致するようにしました。

      開発者のコメント:
      典型的なリソースの管理セットの基準が一致するようになったため、値を大幅に下げる必要がありました。
      この大きな損失を補正するために、より頻繁に累積を発生させて数が多い状況でのセットの機能を向上させることにしました。

    • ストームフィスト:最後の爆発のダメージを8000から8470に増加しました。
      セットの雷撃ダメージが呪文耐性を無視するようになりました。
    • スワームマザー :このセットの1つのボーナスを、129スタミナ再生ではなく、1096最大マジカと1096最大スタミナに変更しました。
    • 刀剣のシンフォニー :
      • このセットが攻撃ごとに回復するリソースを2325から570に減少しました。
      • 18秒間のクールダウンが、全体ではなくターゲットごとに適用されるようになりました。
    • サーヴォクン:
      • このセットの攻撃ごとのダメージを430から100に減少しました。
      • クールダウンを8秒から16秒に増加しました。

      開発者のコメント:
      このセットは本来、汚染(弱)と不自由のアップ時間が永続的(それ以上)であったため、他の弱いセットに比べて非常に強力でした。
      私たちは、エリアを離れたターゲットがその後もしばらく苦しむことを確実にするために、デバフに4秒の余分な時間を残すことにしました。
      静止しているターゲットの場合、合計のアップ時間は12秒、クールダウンは16秒になりました。

    • トレモルスケール:
      • このセットのダメージを5850から6000に増加しました。
      • クールダウンを4秒から8秒に増加しました。
      • ダメージを受けた敵は、3秒間に70%の減速を受けるのではなく、8秒間の物理耐性が2395減少するようになりました。
      • このセットから発動の確率を削除しました。

      開発者のコメント:
      このセットの減速を削除して防具の細断に交換することで、コンテンツ間での機能がより柔軟になりました。
      これはプレイヤー対プレイヤーの相互作用ではなく、プレイスタイルに主な焦点を当てています。

    • トロールキング:
      • このセットで付与される体力再生を1548から925に減少しました。
      • すでに範囲の検査を通過し治癒しなければならないにもかかわらず、このセットの範囲に制限があった問題を修正しました。
    • ヴァルキン・スコリア:
      • このセットの1つのボーナスが、1206最大体力ではなく1487呪文貫通力を付与するようになりました。
      • メテオの波及ダメージを4000から3535に減少しました。
    • ヴェリドレス:
      • このセットの1胞子あたりのダメージを10320から10752に増加しました。
      • クールダウンを9秒から8秒に減少しました。
    • ザーン:
      • このセットの初撃のダメージを3440から2010に減少しました。
      • ダメージスケーリングのボーナスを累積ごとに50%から100%に増加しました。
      • ビームの持続時間を5秒から6秒に増加しました。
      • 発動の確率を20%から33%に増加しました。


       


      パッチノート v6.0.5(4)へ続きます。


最新ニュース