エルダー・スクロールズ・オンライン ブラックウッド

キャラクター特集 ー スヴァナ姫

強情で反抗的なスヴァナは、西スカイリム宮廷の華やかなドレスよりもノルドにある酒場のエールとその仲間たちを好みます。
今回のキャラクター特集では、父である上級王スヴァーグリムと疎遠になってしまったこの王女について学びましょう!


我が君主であるスカルド王ジョルンへ

ご報告が遅くなり申し訳ございません。
衛兵たちは、私がハーフィンガルに到着したことを見逃しはしませんでした。
そのため、事が鎮まるまで身を隠す必要があったのです。
ソリチュードの人々は外部の人間に対して警戒心を抱いているようですが、これがこの人々の平常であるのか、何かがそうさせているのか定かではありません。
私は「寂しいトロール」という宿屋で働きながら、地元民たちと打ち解け、紛れ込もうと試みています。
宿屋なら簡単に溶け込むことができると思ったのですが、どうやらここには常連客しか来ないようです。
しかし、私はこの酒場で思いがけない人物と遭遇しました。

私が新顔であることに気付いた2人の常連客が声を掛けてきた時のことでした。
彼らがタダ酒を求めて、私をカモにしようとしていることは明らかでしたが、数杯のハチミツ酒で情報が得られるなら安いものです。
しかし、そこで私が気付いたのはソリチュードの王家に関する情報には不足があるということでした。
あれほど失踪や死亡の噂が立っていたというのに、スヴァナ姫はこれまで以上に元気な姿で生き生きとしています。
そして、私はこれを断言することができます。
なぜなら、タダ酒を求めていた常連客の1人がスヴァナ姫だったのですから。

最初は、無知なよそ者を狙った詐欺かと思いましたが、上級王の気質を考えるとなんとも危険な行為であると思いました。
私は隣にいた荒々しいオークに向かって王族の御前であることを告げましたが、酒場の客は見向きもしません。
しかし、薄ら笑いを浮かべ、燃えるような髪を生やした若い彼女は紛れもなくあの上級王スヴァーグリムの娘でした。

「私たちは歓迎隊よ。あなたからの貢ぎ物を歓迎するわ。」彼女はそう言いながら私の方にマグを滑らせました。
「姫とだけは呼ばないでちょうだい。」

私はリリス・ティタンボーンの到着までに下準備を進めていたに過ぎず、王家の者と接触するつもりはありませんでした。
しかし、偵察者としてこの機会を見過ごすわけにはいかなかったのです。
私は、その夜をスヴァナ姫と彼女の仲間であるモーグというオークと酒を飲んで過ごし、彼らの悪ふざけに付き合うことにしました。
彼女はテーブルの上で踊り、それは私がモロウウィンドでは見たことがないほど優雅なものでした。
首長のワルツが上手かはさておき、彼女は恐らく吟遊詩人の大学で正式な歌のレッスンを受けたことがあるのでしょう。
歌詞はモーグに書かせたものだと確信しています。

マグに入った酒の半分を顎の下へとこぼさなければ、あの2人の飲みっぷりについていくことはできなかったでしょう。

スヴァナ姫とモーグは歓迎隊などではありませんでした。
公的能力もありません。
スヴァナ姫は国家や政治に関心がないため、王家と折り合いが悪く、それが国王や王妃と疎遠な関係にある理由のようです。
何年にも渡って、正式行事に彼女の姿がなかったのはこれが原因です。
王家における彼女の地位が確立されていれば好都合だったのですが、それでも彼女は有用な人材となり得るでしょう。
この場で話題になっていないだけで、彼女は誰よりも上級王スヴァーグリムとガーヒルド女王について詳しいのですから。

彼女から情報を引き出すには、細心の注意を払う必要があることは心得ています。
彼女は王家の話を嫌い、それは彼女の荒々しい振る舞いを悪化させることに繋がります。
しかし、彼女の腕白で反抗的な性格は、スヴァーグリムが協力に応じなかった時に役立ちます。
我々の便宜上、私は彼女の父親を困らせるよう彼女を仕向けることができると考えています。

少なくとも、スヴァナ姫とモーグはソリチュードの実情を把握しています。
すでに彼女たちは他の見知らぬ者について口を滑らせており、私はその者たちについても調べねばならないと感じております。
スヴァナ姫に喉の渇きを与えてくださったカイネに感謝します!陛下、リリス到着までのアイスリーチ魔術結社に関する調査は迅速に進むことでしょう。
次回のご報告にご期待ください。

スカイリムのために!

ブロンドルドより


スカイリムの闇の中心の情報を探るにしても、西スカイリムの酒場を巡る新しい酒の友を探すにしても、ソリチュードのスヴァナと対面するべきです。
彼女を姫とだけは呼ばないようにご注意を!
スヴァナと共にエールを乾杯するのが楽しみですか?Twitterでお知らせください!

1年に渡り続くスカイリムの闇の中心の冒険の一部である、エルダー・スクロールズ・オンライン: グレイムーア(Greymoor)は5月26日(火)にPC/Macに登場予定です。
今すぐグレイムーアを早期購入し、ユニークなボーナス報酬とゲーム内の騎乗動物「要塞破りの軍馬」(デジタル限定:条件があります)をすぐに手に入れましょう!
お見逃しなく!


最新ニュース