エルダー・スクロールズ・オンライン グレイムーア

パッチノート v4.3.5 (2)

修正及び機能改善:クロックワーク・シティ(Clockwork City)




ダンジョン&グループコンテンツ

聖者の隔離場

  • 聖者の隔離場に入ろうとした時に、聖者の隔離場がグループ試練であるという通知が正常に届くようになりました。
  • 聖オルムスが聖者の隔離場の入口付近で漂っている時に、空中で停止しないようになりました。
  • 勇敢な聖フェルムスが神速の影のアビリティを使用している時に、正しい回数だけテレポートするようになりました。
  • 聖ロシスの抑圧のボルトのアビリティのアイコンが、死亡時の詳細情報UI内で正確なアイコンを表示するようになりました。

  • 探索&アイテムリスト

    実績

  • 海水魚にするためのクリッキングトラベリーを必要とする実績「クロックワーク・シティの釣りマスター」の構成テキストにあった問題を修正しました。
    クリッキングトラベリーは海水で繁栄することはなく、ファブリカントであるため、油が浮いた水の中で生活しています。

  • 修正及び機能改善:蘇る骨竜(Dragon Bones)




    ダンジョン&グループコンテンツ

    ダンジョン

  • 牙の巣
    • ブラックマロウの死の運び手の苦痛の檻のアビリティを妨害しても、効果範囲のテレグラフが正常に表示されるようになりました。
    • リザベット・チャーニスとの戦闘が、リザベットが出現した後すぐに始まらないようになりました。
    • リザベット・チャーニスとの戦闘が始まったら、リザベットとの戦闘にテレポートするようになりました。
    • 戦闘が続いている限り、リザベット・チャーニスの幽霊がプレイヤーキャラクターに対して死霊の槍を詠唱しないようになりました。
  • スケイルコーラー・ピーク
    • ザーン・スケイルコーラーの戦闘スペースで、なぜかいくつかのアビリティ効果を受けることができなかった問題、モンスターの移動を妨げることがあった問題を修正しました。

    修正及び機能改善:リーチの双角(Horns of the Reach)




    ダンジョン&グループコンテンツ

    ダンジョン

  • ファルクリース要塞
    • 難易度ベテランで、ドミーハウスが自分自身にダメージシールドを使用することがなくなり、難易度ハードモードでは、溶岩の盾のアビリティのみを使用するようになりました。
    • ドミーハウスの体力が低い時、ドミーハウスが精霊をあまり召喚しないようになりました。

    修正及び機能改善:インペリアルシティ(Imperial City)




    ダンジョン&グループコンテンツ

    ダンジョン

  • 帝都監獄
    • ダスク看守長のダークライトバーストのアビリティが、適切なアイコンを表示するようになりました。

    修正及び機能改善:モロウウィンド(Morrowind)




    ダンジョン&グループコンテンツ

    試練「ホール・オブ・ファブリケーション」

  • 難易度ノーマルのアセンブリ・ジェネラルとの戦闘の一環で召喚されたモンスターや毒の冷却が、倒された後にそのまま留まることがなくなりました。
  • ピナクル・ファクトタムとの戦闘中に再生産されたセンチュリオンを倒すと、破壊されたポーズになり、その場所に留まるようになりました。

  • クエスト&ゾーン

    クエスト

  • ヴァーデンフェルでクエスト「家族の再会」を完了したプレイヤーは誰でも、ヴェヤから貰った貫かれたメモを読めるようになりました。

  • 修正及び機能改善:マークマイア(Murkmire)




    グラフィック&アニメーション

    全体

  • マークマイアにある洞窟、岩、木、像で見られた様々なテクスチャの問題を修正しました。
  • マークマイアにある様々な洞窟を透視することを防ぐために、洞窟の衝突判定を改善しました。

  • 戦闘&ゲームプレイ

    モンスターアビリティ

  • ハックウィングが怒りの鉤爪を詠唱している時に妨害に成功すると、ハックウィングをフラフラ状態にすることができるようになりました。
  • 太陽魔術師の太陽の切断アビリティによるダメージ量を大幅に縮小しました。
  • ボリプラムスの死体が、両手武器をきちんと鞘に収められていなかった問題を修正しました。

  • クラフト&経済

    全体

  • 木霊する空洞の近くにある調理台にインタラクトすると、カメラアングルがおかしくなっていた問題を修正しました。
  • サマーセットの宝飾品のリソースアイテムが、チタニウムのオンスを5個ドロップしていた問題を修正し、本来意図していた通りに、チタニウムの粉末5個を、稀にドロップするようになりました。
  • ボリプラムスが餌をうまく消化するようになり、革細工の材料をドロップしなくなりました(もちろん、錬金術で使用する油はまだドロップします)。
  • リルモスにある縫製台がついに作動し、再び稼働するようになりました。

  • ダンジョン&グループコンテンツ

    ブラックローズ監獄

  • 解き放たれしドラキーが、プレイヤーキャラクターが新しいアリーナを訪れる度に通知するようになりました。

  • 探索&アイテムリスト

    全体

  • マークマイアにあるサイジックのポータルがマークマイアのセットアイテムを付与するようになりました。
  • マークマイアの青品質のクエスト報酬「倒れた仲間の大槌」がレベルを50以上に拡大しなかった問題を修正しました。
    倒れた仲間の大槌を獲得すると、プレイヤーキャラクターのレベルに準じ最大160チャンピオンポイントまで拡大するようになりました。
  • マークマイアのクエスト「川と根にかけて」の報酬である根の癒やし手の杖が、プレイヤーキャラクターのレベルが50だった場合に適切なレベルで付与されなかった問題を修正しました。
  • マークマイアの特定のクエストのロケーションで、意図されていた数よりも多くの宝箱が一度に出現していた問題を修正しました。

  • 直観記憶

  • 本「甚だしき無駄」を1度読んだら、この本が白く光らないようになりました。
  • 直感記憶の島のメモ3の名称を修正しました。

  • 記念品

  • 記念品「火の岩」を、標的なしで正確に使用することができていなかった問題を修正しました。

  • ハウジング

    全体

  • レシピ「マークマイアの大皿(大)」を「地虫のボウル」に修正しました。
    終始どんなものか分かっていましたが、その周囲の世界は混乱していました。

  • クエスト&ゾーン

    全体

  • マークマイアのモンスターがあまりフレンドリーではなくなり、また重なり合って出現することがなくなりました。
  • テキストとVOが一致しなかった複数のインスタンスを修正しました。
  • 同じNPCが複数のバージョンで出現していたいくつかの事象を修正しました。

  • クエスト

  • 川と根にかけて:ズカスとジャクシク・オルンが儀式の最中に目を閉じるようになりました。
  • 空の巣:
    • クエスト中にアクティブなエフェクトが適切なアイコンを表示するようになりました。
    • イシュケナズが適切なロケーションに出現するようになりました。
    • クエストピンの説明がクエスト中一貫して同じ説明を表示するようになりました。
    • イシュケナズがプレイヤーキャラクターの後ろを正確についていくようになり、意図された反応をするようになりました。
  • 萎縮する使者:この繰り返し可能なクエストに関連しているNPCが、クエストの出発地点に戻るようになりました。
  • 危機的状況:墓標を設置することができなかった問題を修正しました。
  • マークマイアの訪ね人:生物が、クエストダイアログで示されたようにそのエリア周辺を嗅ぎ回るようになりました。
  • マークマイアの行方不明者:このクエストに関連するNPCが赤色のスキンテクスチャーを持たないようになりました。
  • 生存者を集める:このクエスト中に、目標がマップやコンパス上にクエストピンを表示していなかった問題を修正しました。
  • アサシンの仲裁:会話がプレイヤーキャラクターの実績と一致するようになりました。
  • 変化の儀式:変化の儀式を実行中にログアウトすると、進捗がブロックされていた問題を修正しました。
  • 故郷の音:
    • 蛙香の視覚効果が表示されていなかった問題を修正しました。
    • プレイヤーキャラクターが戦闘不能になり復活したら、ルビーホッパーが出現するようになりました。

    UI

    全体

  • マークマイアの興味深い場所が適切な名前を表示するようになりました。
  • ツォフィア洞窟がマップ上に鍵/凡例を表示するようになりました。

  • 修正及び機能改善:オルシニウム(Orsinium)




    ダンジョン&グループコンテンツ

    メイルストローム・アリーナ

  • 凍血のリンクへのポータルでルナ女族長を倒した後、プレイヤーキャラクターのペットが消えないようになりました。
  • 炎の騎士のディープスラッシュのアニメーションが正常に表示されるようになりました。

  • 修正及び機能改善:サマーセット(Summerset)




    探索&アイテムリスト

    全体

  • 水浸しのメモがレベルを表示しないようになりました。
    また、このアイテムには価値がなく、安全に破壊できることがツールチップ内に表示されるようになりました。
    この変更の救済措置として、このアイテムを商人に売却できるようになりました(売値:0ゴールド)。

  • クエスト&ゾーン

    クエスト

  • 大きな代償の真珠:ヴァルサイレンのテレポートで表示される視覚効果が、一度しか表示されないようになりました。
  • 野生の馴致:今まではクエストの完了を妨げていた、このクエストに関連した最後の結界石に、インタラクトできるようになりました。
  • 夢見の洞窟:レイセンとの会話の最中、彼がプレイヤーキャラクターに顔を向けるようになりました。

  • UI

    全体

  • ガイザーの表示名が、一貫した形式で表示されるようになりました。

  • 修正及び機能改善:盗賊ギルド(Thieves Guild)




    ダンジョン&グループコンテンツ

    試練「モー・オブ・ローカジュ」

  • 倒された微かなサル・マスラの1人の前で、ドロ・マスラのドレッドストーカーが不可解に激怒することがなくなりました。
  • スキンライとヴァシャイが、戦闘中に間違ったプレイヤーに対して、月の姿やシャドウ・アスペクトを時々適用することがなくなりました。

  • 修正及び機能改善:ウルフハンター(Wolfhunter)




    ダンジョン&グループコンテンツ

    ダンジョン

  • マーチ・オブ・サクリファイス
    • 移動をしやすくするために、ハンティング・グラウンドにいるハンターが、狩猟小屋にあるガラクタを片付けました。
    • バローグの雷の裂け目が当たった時に、このアビリティによって、プレイヤーキャラクターが地面の中にスタックしてしまうことがなくなりました。
  • 月狩人の砦
    • 看守メリトゥスとの戦闘にあった、間違ったプラットフォームをいくつか削除しました。

    • 戦闘&ゲームプレイ




      戦闘&アビリティ

      全体

    • 別のアビリティを詠唱している間にバーを頻繁に切り替えようとすると、プレイヤーキャラクターが実際に持っている武器とは異なるアビリティバーが出現していた不具合を修正しました。
    • いくつかのクラウドコントロールアビリティによってターゲットが水中でスタックしていた問題を修正しました。
    • 防御している標的に重攻撃が成功すると、リソース0ではなく、半分のリソースが付与されるようになりました。
      この変更により、例えば通常の重攻撃でスタミナが2160回復し、標的が防御した場合、スタミナが回復しないのではく、1080回復します。

    • 開発者のコメント:

      この変更は、このメカニクスが以前提供していた対極のカウンタープレイの一部を撤回することを目的としています。
      今までは、リソースを取り戻そうとしている間にただ単に防御を行っても、継続的に回復が減少していました。
      この変更により意味のある防御を行うことで、味気ない戦闘が少なくなり、戦闘の流れを決定づけることができる、というよく考えこまれたゲームプレイがもたらされます。
      重攻撃の回避は、依然としてすべてのリソースの回復を妨げます。
      このパフォーマンスに更に必要な変更がないかの調査を引き続き行っていきます。

    • すべてのペットがプレイヤーキャラクターのボーナスと獲得したステータスを受け継ぐようになりました。
      この変更により、クリティカルヒットのチャンス、クリティカルヒットの倍率、チャンピオンポイント、その他の%ダメージや回復の増幅が、召喚するどのペットにも適用されるようになります。
      アイテムセットで召喚されたペットは依然として、プレイヤーキャラクターのクリティカルヒットのチャンスを受け継ぎません。
      • これはプレイヤーキャラクターのペットに対応するステータスに影響を与えませんが、変更された%ダメージなどには受け継がれるためご注意ください。

      開発者のコメント:

      この変更は、プレイヤーキャラクターが与えるダメージ量に準じて、ペットも同じように与えるダメージ量を増加するなど、システムを長い目で見たときに分かりやすくするためのものです。
      この変更により、ペットの役割が今まで以上に明確になり、ペットの使用を更に楽しむことができるようになります。

    • 片手武器の武器付呪が両手武器の武器付呪の半分の効果になりました。
      これは付呪の効果とダメージに適用されますが、クールダウンには影響しません。
      • この変更により、通常4秒のクールダウンと4000のダメージを有する両手武器の付呪が、2000のダメージとクールダウンは変わらず4秒になるということです。

      開発者のコメント:

      この変更は、現在の片手武器と両手武器の機能の差を埋めるために作りました。
      両手武器の特性とアイテムセットのスロットの効果は、片手武器のものよりも2倍の効果があり、付呪が発動した場合、今までの相互作用がこの効果を壊していました。

    • 騎乗動物「インドリク」を召喚するアニメーションを実行中に、騎乗することができなくなりました。
    • 1つのアビリティバーでスタックしてしまい、再ログインするか、新しいゾーンに入るか、キャラクターが戦闘不能になるまで、武器交換ができなかった問題を修正しました。
    • 私たちは、皆さまが効果アビリティが好きではないと耳にしたので、効果アビリティが他の効果アビリティに発動できないようにしました。
      チャンピオンポイントのパッシブである打たれ強さとクリティカル吸血を「効果」アビリティの分類に追加したため、アイテムセットの他の効果アビリティには影響しなくなったということです。
    • 吸収攻撃とその変異からの回復を「効果」アビリティの分類から外したため、アイテムセットや付呪などの他の効果アビリティにも影響するようになりました。
      • 注意:私たちは、どのアビリティが効果アビリティとすべきか、そうではないかの調査を引き続き行います。
    • 魔力無効とその変異や結界召喚とその変異を、ブロックなどの他のアビリティと一緒に素早く継承した際に、詠唱中のアニメーションで時々スタックしていた問題を修正しました。

    • バフとデバフ

    • 回避(強)と(弱)が影響すべきではないスキルに影響していた問題を修正しました。
      下記のアビリティとアイテムセットは、回避(強)と(弱)からダメージ減少の効果が付与されることがなくなりました:
      • フォース・パルス
      • 圧倒するサージ
      • 放射アッパーカット
      • セレーン
      • 純粋な毒
      • 仕込み短剣の跳ね返すダメージ
      • 獣罠とその変異
      • 深淵の暗黒
    • 回復またはダメージと関連していない強バフを付与するアビリティを、最大12人の標的に付与できるようになりました。
      この変更により影響を受けるアビリティは下記の通りです:
      • 氷衣とその変異が標的6人ではなく12人に効果を与えるようになりました。
      • 武器溶解とその変異が標的6人ではなく12人に効果を与えるようになりました。
      • 高機動とその変異が標的2人ではなく12人に効果を与えるようになりました。
      • 戦いの角笛とその変異が標的24人ではなく12人に効果を与えるようになりました。

      開発者のコメント:

      ESOのグループサイズとターゲティングシステムの構造とを考慮して、アビリティがどのように標的を攻撃するかという点で、よりバランスを取れるようにしたかったのです。
      今までは、武器溶解や氷衣などの多くのアビリティは6人のみ攻撃可能でしたが、連続や戦いの角笛などのアビリティは24人攻撃することができ、グループがどのように標的と戦闘したかによって、グループのパフォーマンスに大きな格差が生まれていました。
      そこで、4名のプレイヤーが参加できるダンジョンコンテンツとシロディールでの大規模な戦闘の中間をとった、試練のグループサイズを理にかなったグループサイズとして採用しました。
      回復やダメージを与えるアビリティについては、変更する影響が多大であるため、当分の間、追加となる標的の人数は6人の標的のまま、となります。


    • 強化のバフを得ると、たとえ効果時間が短くても、前回のバフが打ち消されていた問題を修正しました。
      効果時間が一番長い強化が常に優先されます。

    • ムンダス・ストーン

    • 影のムンダス:クリティカルヒットダメージのボーナスを9%から13%に増加しました。
      クリティカルヒーリングは変更ありません。ご注意ください。

    • ドラゴンナイト

    • 龍族の力
      • スパイクアーマー:
        • このアビリティとその変異の詠唱者が攻撃を終える前に適用されていたダメージ反射が、隠密などのボーナスの発動を妨げていた問題を修正しました。
          攻撃が始まってからではなく、攻撃を受け終わった後からダメージ反射が発動するようになりました。
    • 大いなる大地
      • 黒曜石の欠片:このアビリティとその変異からの回復が、ペットよりもプレイヤーを優先していなかった問題を修正しました。

      ナイトブレイド

    • 暗殺
      • 標的捕捉:このアビリティの機能性をより正確に表現するために死亡時のヒントを更新しました。
      • シャドウクローク:このアビリティとその変異が、炎のバリスタなど攻城兵器から適用される継続ダメージ効果を打ち消していた問題を修正しました。

      ソーサラー

    • デイドラ召喚
      • すべての召喚アビリティの与えるダメージや回復効果をより明確にするために、ツールチップを更新しました。
    • 嵐の召喚
      • ボルトエスケープ:ボルトエスケープの消耗を非意図的に回避できていた問題を修正しました。
      • 無限の嵐:このアビリティとその変異のコスト消費量を約34%減らしました。

      • 開発者のコメント:

        最近の迅速(強)のソースの変更後、その変異である無限の嵐のアビリティを発動するコスト消費量が与える効果よりも非常に高いという問題が目立ちました。
        迅速(強)と強固(強)の他のソースとより一致させるために、新しいコスト消費量を設定しました。
        この変更により、無限の嵐が迅速(強)の短い持続時間をより少ないコスト消費量で補うことで、早目に再詠唱することが有効な選択肢となります。

      • 内破:
        • このパッシブの名称を「増幅」に変更しました。
        • このパッシブがクリティカル攻撃を反撃するようになり、標的の現在の体力の10%ごとに、その標的に与えるダメージ量が1%増加するようになりました。
        • このパッシブが付与できる最小のボーナスは、与えるダメージ量1%です。

        開発者のコメント:

        この変更の目的は、ソーサラーが与えるダメージを上昇させながら、標的を特定の体力値にし、詠唱者に対する制御不能なバーストの感覚や、低いテレグラフでも標的に高いダメージを与える瞬間を減らすことです。

        ダメージに対するHPの基準値は下記の通りです:

        体力100%=ダメージ10%
        99%-90% = 9%
        89.9%-80% = 8%
        79.9%-70% = 7%
        69.9%-60% = 6%
        59.9%-50% = 5%
        49.9%-40% = 4%
        39.9%-30% = 3%
        29.9%-20% = 2%
        19.9%-10% = 1%
        9.9%-0% = 1%

      • オーバーロード:
        • このアビリティまたはその変異に切り替え中に、軽攻撃または重攻撃を詠唱すると、プレイヤーキャラクターの武器が表示されることがなくなりました。
        • このアビリティの重攻撃が、アルティメットアビリティのコスト消費減少から恩恵を受けていなかった問題を修正しました。
        • エネルギーオーバーロード(変異):アビリティが反映された場合、この変異からのマジカが返還されなかった問題を修正しました。
      • 嵐の精霊召喚:このアビリティからの激しい稲妻シナジーが付与された精霊に、狂戦士(強)のバフが正常に適用されていなかった問題を修正しました。
        精霊たちはあなたと同じぐらい怒っており、怒りに満ちている時の精霊たちのダメージも正常に増加するようになりました。

      テンプラー

    • 暁の憤怒
      • まばゆい盾:このアビリティが、与えるダメージを詠唱者の体力の10%に制限していた問題を修正しました。
      • 太陽の弾幕:
        • この変異が与えるダメージを約10%増加しました。
        • このアビリティが、効果を発動するごとに強化ボーナスを付与するのではなく、効果が切れるまで強化ボーナスを付与するようになりました。

        開発者のコメント:

        近接のマジカベースのテンプラーは、まとまったプレイで他の近接ダメージが与えられる場所で戦うこと(例えば、多数の強化アビリティや衰弱のアビリティを使用するために完全に最適化されたレイドなど)に特に苦戦していたため、これを修正するためにこの変更を行いました。
        この変更により、単一ターゲットに対するクラスのダメージ生成により特化することができ、切り開いていくDPSは比較的堅実なポジションとなるのです。

    • 回復の光輝
      • 浄化の儀式:このアビリティとその変異が、エリア内で最もダメージを受けている標的を優先せずに回復していた問題を修正しました。

      ウォーデン

    • 獣王
      • フェッチャー大群:透明化もしくはステルス状態になった標的に、このアビリティとその変異の視覚効果が持続していた問題を修正しました。
        • 伝搬する大群:このアビリティが新しい標的を狙おうとしたときに、隠密、または透明化状態の敵を狙うことができていた問題を修正しました。
      • 激昂の守護者:粉砕の強打が6人までの標的しか攻撃できなかった問題を修正しました。
    • 緑との調和
      • 安息の胞子:この変異が武器クリティカルではなく呪文クリティカルを使用していた問題を修正しました。

      武器

    • 両手武器
      • 重武器:
        • このパッシブを斧で発動した時に適用される出血を約12%減少しました。
        • このパッシブを剣で発動した時のダメージボーナスを6%増加しました。
      • 怒涛:このアビリティとその変異からの回復が、意図せずに近接攻撃に関連した要件を使用していた問題を修正しました。
    • 二刀流
      • ツインウェポン:
        • このパッシブを斧で発動した時に適用される出血を約12%減少しました。
        • このパッシブを剣で発動した時のダメージボーナスを、装備した各剣ごとに3%増加しました。

      開発者のコメント:

      斧のツインウェポンと重武器で発動する時、他の武器よりも標的に与えるダメージ量が多すぎました。
      また、これらの武器によって適用される出血効果は、物理耐性が高い標的のみに対してよりも、すべての防具タイプに対して効果がありました。
      今後もこれらのパッシブが付与する出血効果を注意深く監視し、斧や戦棍が付与するプレイパターンをより良く区別する方法がないか調査していきます。

      このパッシブ両方を剣で発動する場合も、ボーナスが付加的なものだったため、ダメージ量が低くなっていました。
      二刀流でこの問題を修正し、パッシブの追加ボーナスを6%増加させました。
      剣が武器タイプの中でも生存能力のある選択肢のままであり続けれるようにするために、これからも調査を続けていきます。

      • 乱れ撃ち:このアビリティとその変異が、ノックバックが完了するまで破壊できず、打破に対する反応を軽減し、気絶を適応していた問題を修正しました。
      • 斉射:斉射からのアビリティまたはその変異が、非意図的にブロックできていた不具合を修正しました。
        このアビリティは地上ベースで、範囲効果アビリティ、継続ダメージアビリティであるため、ブロックまたは回避できない他のアビリティと同じルールに従うことを目的としています。
    • 攻撃の杖
      • 古代の知識:このパッシブ効果を獲得するために、攻撃の杖アビリティをスロットに入れる要件を削除しました。
        獲得したいボーナスのバフがある攻撃の杖を装備するだけで、その効果を獲得できるようになりました。

      開発者のコメント:

      このパッシブは、攻撃の杖のアビリティをスロットに入れ、かつ、その杖を活発に使用しないとパッシブの効果が発揮できない点では、制限が厳しすぎました。
      今後は、攻撃の杖を装備するだけです。
      ESOのパッシブ要件は3つに分類されます。
      1. Xタイプのアビリティを使用 2. Xタイプのアビリティ/武器をスロットに入れる 3. 常にアクティブなアビリティを使用。
      ここでの目標は、すでに与えられた条件に必死に打ち込んでいる時にそのパッシブのために何かすることを強いられるよりも、望んでいるアビリティの種類に応じたバーに基づくスキルの選択肢を改善することでした。

      • 雷撃のクレンチ:このアビリティの範囲効果である「衝撃の掌握爆破」が、クリティカル攻撃にならなかった問題を修正しました。
        このアビリティは、呪文クリティカル率と本来備わっているクリティカルヒットダメージの変更を正常に反映するようになりました。

      ワールド

    • ソウルマジック
      • 魂縛:このアビリティとその変異の最初の攻撃が、最初の標的の衝撃から近い位置にいる標的から隠密、または透明化を打ち消していた問題を修正しました。
    • 吸血鬼
      • 闇の霧またはその変異の中に入っている時に、移動速度のバフの視覚効果が透明化された脚の周りに表示されていた問題を修正しました。
        移動速度のバフが付与されている状態で闇の霧にいても、プレイヤーキャラクターがちり雲のように見えることがなくなりました。
    • ウェアウルフ
      • ウェアウルフ化またはその変異の間に、軽攻撃で出血を与えると付呪を発動できていた問題を修正しました。
      • 新しいエリアにジャンプした後に、ウェアウルフから人間に戻っている時にプレイヤーキャラクターが透明化していた問題を修正しました。
      • 追撃:
        • このパッシブが他のボーナスといかに相互作用するかの実際の計算がより良く反映されるよう、このパッシブのツールチップを更新しました。
          以前は、プレイヤーキャラクターが実際に獲得した値よりも更に効果が強く得られそうな表記でしたが、ランクⅠとランクⅡにおいて、25/50%回復する重攻撃のリソースへのボーナスを削減し、ツールチップで表記されていた50/100%から差し引いたため、実際の回復がこれに見合うようになりました。
        • フラフラ状態のボーナスが適切に反映されていなかった問題を修正し、意図されていたように回復するようになりました。
      ギルド

    • アンドーンテッド
      • 内なる炎と蜘蛛の罠:これらのアビリティとその変異から付与されるシナジーを発動させるために必要な最小範囲が、18メートルではなく12メートルになりました。
        (喜んでください。これらのボーナスをを発動するために、オリンピック選手のように様々な範囲から前後にダッシュする必要はなくなりました!)

      • 開発者のコメント:

        近接ビルドと遠距離ビルドがアクセスできるシナジーに差をつけたかったのと同時に、多数の遠距離ビルドは属性の壁や、距離が短い他の遠距離アビリティなどの強力なアビリティを発動するために標的に近付かなければならないということに気づきました。
        この新しい範囲で、近距離と遠距離距離の間でよりよいバランスが取れることでしょう。

    • サイジック
      • 細心の考慮:このパッシブから付与される防護(強)が、他のアビリティからの防護(強)よりも意図されていた以上に強力だった問題を修正しました。
      • 武器注入:このアビリティの消費に失敗して返還されるリソースは、すべてが返還されるのではなく、その一部が返還されるようになりました。
        この変更は、コスト消費を減らすアビリティと共にこのアビリティを詠唱すると、意図されていたよりも多くのリソースが返還されていた問題を修正するために行いました。
      • タイムストップ:このアビリティのコスト消費量を4590から8100に増加しました。
        これはこのスキルラインのパッシブの消費減少、またはこのアビリティのランクアップでコスト消費減少が適用される前の値となるためご注意ください。

      • 開発者のコメント:

        タイムストップは、詠唱者が広範囲を操ることができる非常に強力なアビリティであり、このアビリティの強さである主な要因は、低いコスト消費量と、プレイヤー1人に対する効果継続時間が長いということです。
        今回の変更で、タイムストップは依然として強力ですが、あまり頻繁に使用されないようにするために、リソースが失われる危険性を高めることにしました。
        タイムストップはPvP環境には非常に適しているアビリティであるため、このアビリティのコスト消費量は、除去や高機動のような他のPvPベースのアビリティを基にしています。
        将来的に追加の変更が必要であるかどうかを判断するために、引き続きパフォーマンス全体を監視します。

      同盟戦争

    • 襲撃戦術
      • 活力:このアビリティとその変異が非意図的に、範囲攻撃を必須とするアビリティの効果を発動していた問題を修正しました。
      • 高機動:このアビリティとその変異が、減速、または移動不能の効果に耐性を付与しないようになりました。
        • 撤退機動:この変異が、今受けている減速、または移動不能を打ち消すことがなくなりました。
          その代わり、背後から受けるダメージを15%減少させるボーナスを、減速、または移動不能の効果を受けている味方に付与するようになりました。

        開発者のコメント:

        アップデート第20弾で迅速(強)に変更を行い、バフを付与する全アビリティが同じになるようにしたかったのですが、高機動については変更を行っていませんでした。
        このアビリティがもたらすユニークなグループプレイはそのままに、新しい特徴でこのアビリティを具体化するための時間をより多く費やしたかったのです。
        減速や移動不能を打ち消すことは非常に強力であり、大きなグループがそれぞれのビルド内でこのタイプの打ち消しアビリティを組み込むことが不要になっていたため、この機能を削除しました。
        その名の通り、撤退機動が完全なる防御となるように、プレイヤーの皆さまが移動している時、または回復している時に背後から受けるダメージ量を低下するように変更しました。

    • 後方支援
      • 除去:
        • このアビリティとその変異が、このスキルラインのマジカ救済から、正常にバフを受けていなかった問題を修正しました
        • このアビリティが「味方のデバフを除去する」という要件を発動していなかった問題を修正しました。
          完全に味方のデバフを除去できるようになりました。


      パッチノート v4.3.5 (3)へ続きます。


    最新ニュース