エルダー・スクロールズ・オンライン サマーセット

ウルフハンター(Wolfhunter)をプレイする前に知っておく5つの事

ウェアウルフがはびこる「ウルフハンター」のダンジョンを探検する準備は出来ていますか?
ここでは、ESOの最新のDLCゲームパックをプレイする前に知っておくとより楽しめる5つの事をご紹介します。


一丸となって進もう


DLCゲームパック「ウルフハンター(Wolfhunter)」にはマーチ・オブ・サクリファイスと月狩人の砦の2つの新しいダンジョンがあります。
これらの4名のプレイヤーで挑む新しいチャレンジを生き残るためには、怪物駆除の達人を揃えたのチームを組み、必要な準備をしなければなりません。
つまり、十分なポーション、食事、装備に加え、献身的な治癒師、タンクや2人のダメージディーラーが必要となるのです。


この新しい2つのダンジョンを冒険する勇気のある者は記念品「ウェアウルフ・ベヒモスの印」や個性「獣的な性格」、サーベルマンビーストのスキンを含む全ての新しい報酬を受け取る事ができます。
しかし、これらの報酬の多くは、難易度ベテランでウルフハンターのダンジョンを達成したプレイヤーにしか付与されません。
そのため、もうすぐ公開されるチャレンジに備えるため、同じようなチャレンジがある、「蘇る竜骨(Dragon Bones)」や「リーチの双角(Horns of the Reach)」のようなDLCゲームパックのダンジョンを初めに試してみてもいいかもしれません。


復活したファオルチュと対峙せよ


また、タムリエルで一番有名なライカンスロープ症の1人と対峙する事でウルフハンターへの準備をする事ができます。
エルダー・スクロールズ・オンラインには沢山のウェアビーストが存在しています。
しかし、一部のウェアビーストは強大なファオルチュに匹敵するほど強力で凶暴です。
第一紀にグレナンブラの人々を苦しめて以来、墓の歌い手アンゴフとして知られる強力な死霊術師が第二紀にファオルチュを復活させ、そして今、カムローンの街を支配しています。


アルドクロフトの町中に位置する、グレナンブラ内にあるクエスト「亡命中の公爵」から始まり、プレイヤーの皆様はファオルチュと対峙し、カムローンをアンゴフの支配から再び取り戻すために戦う事となります。
さらに、戦う時にはESOファンから人気のあるNPCが助けてくれることでしょう!
もしモンスターの過去や弱点について学びたい場合は、グレナンブラ湿原のクエスト「波紋の力」を受けてみてください。


戦士ギルドのスキルラインのレベルを上げよう


月狩人の砦とマーチ・オブ・サクリファイスのモンスター達と対峙する時、生き残るためには利用可能なツールをすべて使用する必要があります。
これは、戦士のギルドスキルラインの強力なアビリティを習得することも含みます。
このスキルラインはアンデッドやデイドラ、ウェアウルフとの戦闘に役立てたり、この先の戦闘を理想的に進めれるように設計されています。



戦士ギルドのメリック・アトアスワラに参加しましょう


簡単に習得できる「獣罠」のようなアビリティは、ウェアウルフが飛び掛かろうとするのを止め、時間をかけてダメージを与えることができます。
また、獣の移動速度を低下させ、そして、プレイヤーへ引き寄せる事が出来る「シルバーボルト」やその変化形である「拘束の銀矢」を使用する事も出来ます。


また、戦士ギルドのアルティメットアビリティである「暁の破壊者」,を使用すると、プレイヤーキャラクターの武器ダメージを増加させながら、メリディアの名のもと、大きなダメージを与える事が出来ます。
戦士ギルドのスキルラインにより、あなたの怒りから逃れられるモンスターなどいないでしょう!


ハーシーンの祝福を受けましょう


もしモンスター達を撃破できない場合、モンスター達自身の視点からダンジョンを経験してみるのはどうでしょうか?
ゲーム内クラウンストア(ユーティリティセクションにあります)からウェアウルフのスキルラインを手に入れるか、またはウェアウルフに嚙まれることの2つの方法で、エルダースクロールオンラインでライカンスロープ症に罹ることができます。


セイニーズ・ルピナスを受け感染するためには、バンコライ、リフト、またはリーパーズ・マーチにいる珍しいウェアウルフを見つけ攻撃を受けてください。
この特別な獣は特定の時間にしか出てこないので注意して下さい。
代案としては、すでに呪いと「血の月夜」のパッシブアビリティを受けている他のプレイヤーに嚙んでもらう事を頼んでみることです。



モンスターになろう!


一度呪いを受けると、クエスト「ハーシーンの贈り物」がアンロックされます。
クエストを達成して、デイドラ公のウェアウルフの一員になりましょう。
ウルフハンターとアップデート第19弾で、ウェアウルフ・スキルラインが完全に修正されます。
つまり、あなたの中の獣を解放する絶好の機会が訪れるという事です。


ハーシーンをテーマにした装備を手に入れよう


ハーシーン(またはウェアウルフ)からインスピレーションを受けたキャラクターを作るのが楽しみなら、デイドラ公彼自身がテーマとなっているユニークなセットを手に入れることを考えてみるのもいいかもしれません。


例えば、あなたがウェアウルフ化している場合、「救世主の皮鎧」セットは変身コストを下げてくれるため、素早く、そして頻繁にウェアウルフになることができます。
このセットはマラバル・トールのゾーンで見つけることが出来ます。
「ウェアウルフの皮」セットはダメージを受けた際にアルティマを発生させるので、ウェアウルフにとって役に立つものになります。
グレナンブラでこのセットを発見できます。


更に、「ハーシーンの虚飾」セットはスタミナビルドにとっては汎用性がある頑丈なセットとなり、プレイヤーキャラクター及び最大11名分のスタミナアビリティのコストを下げてくれるため、攻撃の集中砲火を維持したい場合には素晴らしいものとなります。
このセットはダンジョン「セレーンの巣」で見つける事が出来ます。


ウルフハンター達よ、集まれ!


間もなくDLCゲームパック「ウルフハンター(Wolfhunter)」でウルフハンターがテーマの2つのダンジョンを探索し突破する事ができるようになります。
月狩人の砦とマーチ・オブ・サクリファイスの両方とも、プレイヤーの皆様に試練を課す事は間違いありません。
そのため、ハーシーンの獣たちに屈しないよう、必要な準備を整えましょう。
あなたは「ウルフハンター(Wolfhunter)」のためにどのような準備をしていますか?Twitterでお知らせください!


8月13日(月)にリリースされるDLCゲームパック「ウルフハンター(Wolfhunter)」は、ESO Plusのメンバーシップの特典として、またはゲーム内クラウンストアで購入することでアクセス可能です。


最新ニュース