エルダー・スクロールズ・オンライン

Clockwork City

バトルマスターズコーナー:THE BULLHEADED BUTCHER

バトルマスターのコーナーで、プレイヤーが作成した新しいビルドをご紹介します。
今回紹介するビルドは、シロディール中を駆け巡る狡猾なスタミナソーサラーのビルドです。
Kasa氏が作成したこの新しいビルドについてご紹介します。

THE BULLHEADED BUTCHER - BY KASA

スタミナソーサラーのビルドは、PvPでのグループプレイ(バトルグラウンドも含む)を目的としています。
無傷で戦闘に出入りできるようグループに必要な機動性を与えながら、まるでボーリングのピンのように敵を倒すのです。

ゴールドコースト荒野にいるミノタウロスの群れによって認められ作り上げられたこのインペリアルスタミナソーサラーには、敵の群れを気絶させるモリハウスのセットと、驚異的な戦闘の功績を残しながらダメージを与えるエターナルハントのセットが重要となります。

このビルドでは、シロディールでグループをサポートしたり、バトルグラウンドのキャプチャー・ザ・レリックで敵からの追撃を退けることができます。
このビルドには、大きなダメージ、驚異的な機動性、そしてダメージを防ぐことが出来る強力な防御力が備わっています。
このビルドの可能性は無限大です。
ロール回避をたった一回するだけで、このビルドはとても素晴らしいものになります!

 

防具と武器

装備はプレイヤーの考え方や個性がスタイルに反映されていると私は思います。
立派なミノタウロスの兜を装備すること以上に敵を恐怖させる方法はあるのでしょうか!

このビルドはエターナルハント(ヒューズベンでクラフト)とモリハウスの皮(ゴールドコーストで発見)のセットが特徴なので、これら二つのセットの複数の組み合わせが使用可能です。

エターナルハントの中装装備5つ、モリハウスの宝飾品に加えてモリハウスの重装装備を2つ(兜と胴)、メイルストローム(メイルストローム・アリーナから)またはマスター(ドラゴンスター・アリーナから)の鋭利な大剣と、メイルストロームかマスターの防御弓が理想的です。
ほとんどの装備品には、最大スタミナの付呪が必要です。

もしメイルストロームやマスターの武器がなくても悩まないでください。
アンドーンテッド魂のパッシブを活かすため、2つ目のモリハウスの重装装備をトレモルスケール、クラグ、ブラッドスポーンの軽装の肩防具と簡単に入れ替えることができます。
また、エターナルハントの両手剣や弓をクラフト(またはフレンドクラフト)することができます。

どちらのセットも持っているなら、配置はあなた次第です!

モリハウスの宝飾品は体力しか増やすことができませんが、体力を増やすことは非常に役に立ち、体力を約23,000から24,000にしてくれることでどんな強い攻撃にも耐えられます。
3種類のグリフの装備なしでも大丈夫なので、ゴールドを節約することができます。

宝飾品の付呪はあなた次第です。
あなたの耐久力に応じ、スタミナ再生の付呪を一つか二つ、併せてダメージの付呪を一つ付与することでうまく立ち回れます。

 

能力ポイントとムンダス・ストーン

スタミナに64の全ての能力ポイントを振りましょう。
ムンダス・ストーンは、PvPの大蛇に使用しましょう。
得られる分だけのすべてのスタミナ再生が必要となります。

 

チャンピオンポイント

チャンピオンポイントを下記のように振り分けましょう。

 

盗賊のツリー

恋人:

  • 奇生動物(100):スタミナの再生が必要です!
  • 執念(27):軽攻撃や重攻撃でマジカやスタミナをもっと回復します。

影:

  • アクロバット(57):このビルドはロール回避に依存するため、コストを減らすためにポイントを振ることは公正な判断となります。

塔:

  • 武将(25):スタミナビルドでも非常にコストを消費する、打破で消費するコストを減らします。

 

魔道師のツリー

儀式:

  • 強大(75):75ポイント以上物理ダメージへポイントを振るのは、見返りを考えると役に立たないようです。

見習い:

  • 祝福(33):活力アビリティと扇動アビリティからの回復量を拡大させます。

精霊:

  • マスター・アトアームズ(22):与える直接ダメージを増加させます。
    破壊の一撃があると、より楽しいです。
  • 粉砕の一撃(25):盾を装備しているプレイヤーによるダメージを増加させます。
    マジカソーサラー、盾を装備した軽装鎧のテンプラーか、黒曜石の盾を装備したドラゴンナイトなど、80%のシロディールの住民に有効です。

 

戦士のツリー

淑女:

  • 頑丈(56):毒、病気、物理ダメージを減らします。
  • 属性の守り手(43):炎、氷結、雷撃、魔法ダメージを減らします。
  • 分厚い皮膚:継続ダメージを減らし、淑女のツリーに122ポイントを振り、打破のパッシブをアンロックしましょう。
    打破を使用したら、シャッフルか活力のアビリティを使用するのを忘れないでください。
    事実上スキルがフリーになります。

駿馬:

  • 耐性(37):全てのクリティカル耐性に追加されます。
  • アイアンクラッド(51):無力化の効果の時間が少なくなります。

 

第1 アビリティバー

両手剣:

PvPではクリティカルサージが非常に役に立つので、もしまだ活力アビリティをアンロックしていなければ、扇動アビリティからの回復が必要となるでしょう。
フィニッシュアビリティが備わった唯一の武器でもあり、このビルドは長時間の戦闘ではなく機動性のために作られているため、すぐに戦闘を終わらせるために追加のバーストダメージが必要となります。

  1. クリティカルチャージ:ほとんどの戦闘が近い範囲内で行われるため、距離を近づけることは非常に便利なスキルとなります。
  2. 扇動:戦闘終了後でもバフを100%で維持して、必要な時に回復するためにもう一度アビリティを使用してください。
    敵が周りにいるかどうか決してわからないので、無力化解除をしたら、すぐに扇動アビリティで回復することで、生きるか死ぬかが変わってきます。
  3. めまいの打撃:ESO:Morrowind(モロウウィンド)による変更によって、中装鎧の両手武器ビルドがもう一度使用可能になったので、めまいの打撃がまた役に立ちます!
    必要な時に敵を気絶状態にできるモリハウスのセットを装備しているため、アッパーカットの変異も有効です。
    個人的には、めまいの打撃を使って、気絶させ、防御しなければいけない状況でロール回避を使用するほうが好みです。
  4. 反転斬り:フィニッシュアビリティです。
    戦闘ではフィニッシャーがより上手く立ち回れますが、目的はグループでの戦闘と複数の敵と対峙する時なので、反転斬りによるスプラッシュダメージがよりよい選択となります。
  5. 魔力の武具:デイドラの召喚獣のパッシブによって増加された最大スタミナと、20%のスタミナ再生を楽しめます。
  6. アルティメットアビリティ至高なる破壊者:確実に倒すことができる気絶した敵に、低コストのアルティメットアビリティを使用するのは最適です。
    または、ダメージ効果の範囲にグループを押し込むこともできます。
    範囲攻撃は円錐形の中にあるので、敵の方向にきちんと向けるようにしてください。

 

第2 アビリティバー

:

ソーサラーアビリティからの迅速(弱)と組み合わせた、ロール回避の直後弓のパッシブで付与される迅速(強)のバフによって、あなたが戦場で一番素早いプレイヤーになります。

  1. 不屈の活力:扇動アビリティを補うための第2の回復となります。
    ESO:Morrowind(モロウウィンド)で消費コストが増加したので、慎重に使用しましょう。
  2. 闇との密約:ゲーム内ではスタミナを維持するための最高のスキルです。
    ESO:Morrowind(モロウウィンド)の更新によって必須のスキルとなり、耐久力が変わります。
  3. ハリケーン:印象的なビジュアル効果と音が出る防御バフで、一定時間の間10%移動速度が増加します。
    好きにならない理由がないですよね?
  4. シャッフル:シャッフル弱体の後でも、回避のチャンスを増やしましょう。
    さらに、このアビリティを使い、鉄びし、吸血鬼の災厄、包囲、ロースラッシュなどの鈍足効果から解放され、より早く逃げることができるようになります。
  5. 魔力の武具これはトグルのため、ダブルスロットになっています。
  6. アルティメットアビリティエネルギーオーバーロード(またはその変異):このスキルによって闇との密約のアビリティとは別に、ソーサラーのクラスに素晴らしいものをもたらします。
    それは、第3のアビリティバーです!

 

ボーナスの第3 アビリティバー!

オーバーロードモードでは、メインバーにセットされているのと同じくらい、使用頻度の低いスキルをスロットに入れたいでしょうが、戦闘中ではまだ役に立つことがあります。

  1. カミソリの鉄びし:鈍足効果と、範囲攻撃ダメージのためのアビリティで、シロディール内でグループで、またはグループに対抗して戦う時に使用します。
  2. 防御のルーン:騎乗時、チャットなどからの離席時、またはPvPゾーンにはいるけれども戦闘をしていない時に、敵から防御するために使用します。
  3. 雷光:機動性と気絶を防ぐために使用します。
    (モリハウスを使用してすでに気絶を防いでいるのであれば、メインバーに雷光のアビリティは必要ありません。
    しかし雷光のアビリティは、バーにセットすることで体力の面でも役立つ素晴らしいスキルです。)
  4. 魔力の武具:第三のアビリティバーでもこのアビリティをスロットに入れる必要があり、スキルを切り替えないといけなくなった際に使用します。
  5. 再設置型トラップ:戦場や小さいスケールでの戦闘において素晴らしいスキルとなります。
    シロディールの主な住民は吸血鬼で、このアビリティで与えるダメージは効果抜群です。
    クリティカルダメージのバフもかなり有効です。
    (ヒント:バトルグラウンドの「キャプチャー・ザ・フラッグ」ではフラッグの間に、「ドミネーション」ではフラッグ上に再設置型トラップを置くのが有効です。)

もし、シロディールで大人数のグループでプレイすることになり、グループ内のメンバーで同時にアルティメットを使用できるなら、オーバーロードや暁の破壊者より、抑制フィールド(無効化)の方がよりよい選択肢となります。

 

戦闘戦略とローテーション

戦闘においての戦略は、状況において異なります。クラスやメカニクスについて知ることや、自分のリソースを適切に管理することで、どんな状況においても対処できるようになるのではないかと思います。

 

同盟戦争

あなたのグループが、戦闘が始まる前にシャッフル、扇動やハリケーンのアビリティで奇襲したり、バフをかけたりできるほど大きいグループでないと仮定します。
その時は、敵に狙いをつけ、クリティカルラッシュを使用し、ロール回避かめまいの打撃のどちらかで気絶させ、必要に応じてめまいの打撃で軽攻撃と重攻撃を繰り出し、そして敵のHPが25%HP以下になったら倒すのです。
それから次の敵に進み、同じ事を繰り返すのです。

防御体勢時や逃走している時は、メンバーを先に逃がしたり敵に突き進んで気絶させたりするためにその場に最後まで残り、少しの間グループへ休息を与えたりしてください。
チームメンバーには、闇との密約、雷光、ハリケーンそしてダッシュのいずれかを行うことで追いつくことができます。

組織的に奇襲をしかけるグループであるなら、バーに撤退機動のアビリティをセットしているか確かめ、戦闘から撤退している時は同時に撤退するようにメンバーに知らせてください。
または、メンバー全員で突撃する時は、前線に立たなければいけません。
公正な正義とハリケーンからの一陣の風で輝きを放つ栄光の姿をまとい、敵の大群へと飛び込み、奇襲によって敵が混乱している間に気絶させ、攻撃の杖のアルティメットで、敵に焼け付くような死を降り注ぐのです。

 

バトルグラウンド

このビルドは、キャプチャー・ザ・レリックのマップでは本当に役に立ちます。
確実に異物を獲得し、勝利への道まで追いかけてくる敵を蹴散らしていくのです。

ドミネーションでは、フラッグを翻している時や、もっとフラッグを獲得しようと逃げている時には、あなたの信じられないスピードはMVPものとなるでしょう。

デスマッチに関して言えば、前述したシロディールでの小さいスケールでの戦略や、同じ逃亡作戦を用いましょう。
敵からの視界を遮ってくれる岩や柱、他のアイテムがあるため、体力とスタミナを回復するために闇との密約のアビリティを唱えましょう。

しかし私が前述したように、大切なことは自分のクラスやゲームの仕組みをよく知ることです。
一度わかってしまえば、どんな種類のセットやスキルでも上手にプレイすることができるでしょう。

最後になりますが、一番大切なことは、楽しむことです!
ご武運を祈ります。
PvPでお会いしましょう!

 

新しいビルドを歓迎します!

ビルドをご紹介してくれたKasa氏に感謝いたします。
このビルドは本当にユニークなものでした!
もしコミュニティで共有したい新しいビルドをお持ちでしたら、公式掲示板からお知らせください。
どんなビルドでも歓迎いたします!

 


最新ニュース