エルダー・スクロールズ・オンライン サマーセット

ウルフハンター(Wolfhunter) - マーチ・オブ・サクリファイスのプレビュー

DLCゲームパック「ウルフハンター(Wolfhunter)」に登場する新しいダンジョン2つのうちの1つ「マーチ・オブ・サクリファイス」での狩りに参加しましょう。
このプレビュー記事内で、ハーシーンのグレートハントで生き延びるために知るべきことをご紹介します。

ハンティング・グラウンドに入りましょう

ハンティング・グラウンドとしても知られているハーシーンの領域は、捕食者と獲物による永遠に続く戦いが行われています。
恐ろしいライカンスロープ症の者に加え、空想的な野生生物や平凡的な野生生物の両方で溢れているこの地は、危険なほど美しく神秘的な野生の領域です。

「エルダー・スクロールズ・オンラインのデイドラの領域は、それぞれはっきりと異なる別世界があります。
しかしハンティング・グラウンドには、より多くの自然環境があります。
この点は多くのタムリエルの自然と似ていますが、それと同時に、少しだけ異なる点もあります」と、ESOのダンジョン開発リーダーであるMike Finniganは話します。

自然で神秘的な環境

タムリエルにおけるライカンスロープ症に罹患した者たちの父。
ハーシーンの「恩恵」を受け入れた者の魂は、ハンティング・グラウンドで獲物を追い詰めることで永遠の時を過ごします。
しかし時折、デイドラ公がグレートハントを開催し、定命の者たちに、マーチ・オブ・サクリファイスに入り、彼が選んだ強力な生物を追い詰めることができる、非常に稀な機会を与えます。
今回の場合はタルシルと呼ばれる偉大なるインドリクがターゲットです。
ハントは危険ですが、ハーシーンはインドリクの心を持ってくる者すべてに対して恩恵を約束しているので、成功した場合の報酬はその危険に匹敵する以上のものとなります。

「ハーシーンは気まぐれです。
彼の信者たちは自分たちの心を略奪し、狩り、そして殺すことで、ハンティング・グラウンドの自由を楽しんでいますが、最高の報酬である、彼らのパトロンからの恩恵を何よりも欲しているのです。」

タムリエルのハンターで最高の者だけがグレートハントに参加するために十分な能力と勇敢さを持っており、失敗してしまうと、マーチ・オブ・サクリファイスに永遠に留まってしまう運命にあります。
そのため、もしプレイヤーの皆さまとその仲間がイベントに入ると、それぞれの理由で報酬を追い求めている別のハンターのチームと遭遇することとなるでしょう。

ハーシーンが皆さまを狩りにご招待します!

非常に信じ難いことですが、プレイヤーの皆さまがマーチ・オブ・サクリファイスを進んでいくと、イベント中にぼんやり漂い、皆さまのすべての動きを見ているハーシーンの影が確かに存在していることにすぐに気づくかもしれません。

「確かに、プレイヤーの皆さまはハーシーンの楽しませるためにハンティング・グラウンド内で上手くやっています。
皆さまが狩りを行っている際に巨大な男が見下ろしている時よりも気分が良くなる方法があるのでしょうか?」と Finniganは話します。

狩って狩られる

ハーシーンの領域内で、プレイヤーの皆さまは荒野を歩き回る多くの恐ろしい獣に遭遇するでしょう。
しかし、注意してください。イベントで競う他のチームは、ハーシーンの恩恵を勝ち取るためには何でも行い、すべてのハンティング・グラウンド生まれの生物のように危険な存在です。

この領域にいる恐ろしい獣と競争相手に加え、荒野の魔女、スプリガンなどを含めた5人の厄介なボスが、マーチ・オブ・サクリファイスの曲がりくねった小道を守っています。
もちろん、プレイヤーの皆さまが直面するボスの内の1人に、あなたの狩りのターゲットである偉大なるインドリク、タルシルがいます。

雄大なタルシルを追跡しましょう

この驚くべき獣を追跡する時、マーチ・オブ・サクリファイスはプレイヤーの皆さまを新しい方法で試そうとするでしょう。

「ハーシーンは野生における狩人と追跡者のデイドラ公であるため、このダンジョンに慣れたいプレイヤーにとって最も重要なことは、隠密を使用し、狩人の役割を担うことです。
一部の戦闘は、以前は必ずしも必要ではなかったメカニクスの使用が求められることとなります。
特に、タルシルは今までの敵とはかなり異なっており、これはプレイヤーの皆さまにとってとても挑戦的であると考えています」とFinniganは説明しています。

この雄大な獣を狩ることは簡単な課題ではないため、プレイヤーの皆さまは攻撃をするための位置をこそこそと探す必要があります。

このイベントに参加している皆さまの仲間のすべての狩人の中で、バローグより危険な者はいません。
「月狩人の砦」に登場するヴィコサのオークウェアウルフの王であるバローグは、ハーシーンの恩恵のためにあらゆることを行おうとし、皆さまが最後の勝利を獲得しようとするならば、ダンジョンの最終ボスとして必ずそれを阻んできます。

獰猛なバローグ

「バローグは戦闘中、プレイヤーの皆さまを追跡するためにハンティングスキルを使用します。
私たちは捕食者としての期待と不安をかなり高めるために、視覚キューと音響キューを組み合わせました。」

ハーシーンの領域内では、狩人と狩られる人の役割はすぐに入れ替わるので、もし生き延びたいのなら、影を見ておく必要があります。

ハーシーンの恩恵

マーチ・オブ・サクリファイスの命がけの試練を達成し、ハーシーンの恩恵を勝ち取ると、強力でユニークな報酬を多数獲得することができます。

報酬には、ダンジョンの難易度ノーマルと難易度ベテランの両方を達成すると獲得できるトロフィーや胸像、最も難しい条件でマーチ・オブ・サクリファイスを達成すると獲得できる個性「獣的な性格」、実績「偉大なるインドリク狩り」を達成すると獲得できるウェアウルフ・ベヒモスの印の記念品などのコレクションが含まれています。

開発チームは、ユニーク実績「偉大なるインドリク狩り」と記念品を、他のダンジョンで得られるものとはちょっと違うものにしようと考えました。

「実績と任務のアイディアは、タルシルとの戦闘から生まれました。
可能な限りボスのメカニクスを試したりテレグラフしたりすることが大好きで、楽しくインデリクを狩ることができるサイドアクティビティの開発に繋がることを望んでいます」とFinniganは話します。

記念品「ウェアウルフ・ベヒモスの印」使用後(背後のものです)

この追加の任務の目的はユニークなものを獲得する機会をプレイヤーに与えることで、通常の任務を妨げることはありません。

「ダンジョンの他の実績(例えば、スピードランや誰も死なないなど)を獲得しようとしているプレイヤーの妨げにしたくかったのですが、これらの実績を望んでないプレイヤーにとっては、ユニークな報酬は楽しい気分転換となります。」

上記のコレクションに加え、マーチ・オブ・サクリファイスには3つの新しい強力な武器セットが登場します。
「ハヌの慈悲」の軽装セット(下記画像参照)は、プレイヤーに強力なバフを蘇らせ、戦闘へ戻る手助けをしてくれます。

ハヌの慈悲(軽)

  • (2)マジカ再生
  • (3)最大マジカ
  • (4)マジカ再生
  • (5)最大マジカ
  • (5)戦闘中に別のプレイヤーを蘇生させると、自身と蘇生させたプレイヤーが勇壮(強)を15秒得て、3アルティマを1.5秒ごとに得ます。

また、難易度ベテランでマーチ・オブ・サクリファイスを達成すると、バローグのモンスターマスクを獲得できます。
バローグの肩当てと組み合わせると、この恐ろしいセットはアルティメットアビリティを発動するたびに武器ダメージにバフを付与し、獣に打ち勝つには最適である恐ろしいバーストダメージを敵に与えます。

ハントに備えよう!

グレートハントとすべての危険や報酬があなたを呼んでいます。
マーチ・オブ・サクリファイスに入り、偉大なるインドリクを追い、仲間のハンターの裏をかき、ハーシーンの恩恵を勝ち取りますか?
もし失敗すれば、ハンティング・グラウンドの獲物として、永遠に放浪する運命となるでしょう!
デイドラ公の危険なゲームに参加する準備ができているかどうか、Twitterでお知らせください。

DLC「ウルフハンター(Wolfhunter)」ゲームパックはESO Plusメンバーまたはゲーム内クラウンストアで近日公開予定です。



最新ニュース