エルダー・スクロールズ・オンライン

蘇る骨竜 Dragon Bones

ゲームディレクター Matt Firorからの手紙:2017年の振り返りとこれから

プレイヤーの皆様こんにちは!
今年行われたことを振り返り、次に何が行われるのか考える時が今年もまたやってきました。

2017年を振り返って・・・

2017年は私たちにとって大きな年でした。
200万人以上のプレイヤーが新たに誕生し、多くのプレイヤーが私たちの初めての章であるエルダー・スクロールズ・オンライン:Morrowind(モロウウィンド)からESOの世界に飛び込みました。
DLC以上のものをゲームに追加するのは今回が初めてで、ESO:Morrowind(モロウウィンド)の登場(と成功)は非常に大きいものでした。
多くの皆様がモロウウィンドをプレイするためにゲームに戻ってきて、そしてもちろん、多くの新しいプレイヤーがタムリエルを冒険し、象徴的で懐かしさを抱かせる場所の探索を楽しみました。

さらに、2017年は、プレイヤー数が合計1,000万人を突破した大きな節目でもあります(この1,000万人には、ベータ・テストの参加者やフリー・トライアルのプレイヤーは含まれません)。
この達成を本当に誇りに思いますが、私たちが作り上げてきたものと、それを楽しむコミュニティの大きさに、改めて謙虚な気持ちを抱かせます。
ESOをプレイしてくれている皆様に感謝します。皆様がいなくては成し遂げられなかったことです。

HOMESTEAD(ホームステッド)のリリース

2017年には、ESO:Morrowind(モロウウィンド)以外のものも多くあります。
2月には無料のアップデートとしてHomestead(ホームステッド)をリリースし、プレイヤーが住む家をゲームに追加しました。
ホームステッドでプレイヤーの皆様が作った素晴らしい作品を見ることをとても楽しんでいます。
ESOコミュニティにある想像性は驚くべきもの以外の何物でもなく、ソーシャルメディアチャンネルや公式サイトで紹介できて嬉しく思います。 

これから先もホームステッドに更なる追加を行う予定で、2018年の初めには、収納家具が登場し、所持品を家の中に保管することができるようになります。
ホームステッドがリリースされてから、プレイヤーの皆様にずっと要望されてきたことがついに実現するのです。
年が明けたらすぐに、収納家具がどのように機能するかの更なる情報をお届けする予定です。

新しい冒険が追加された2017年

1月の終わりにTwitchで行ったESO:Morrowind(モロウウィンド)の非常に刺激的な発表で今年が始まり、この時にESOにとって非常に大きい5ヶ月間がスタートしました。
タムリエルは非常に象徴的な場所で、懐かしいElder Scrolls III: Morrowindを思い起こさせるコンテンツがたくさんあったため、この発表は大きい注目を集め、ゲームユーザーの間でESOについての話題が多く飛び交いました。

ESO:Morrowind(モロウウィンド)には私たちがESOで今まで作成した中でも(私はオルシニウムが大好きなので、いつもひいき目で見てしまうのですが)、最高のクエストが含まれると言っても間違いではないと思います。
ストーリーや出会うこととなる印象的なキャラクターの水準が、今後のすべてのDLCや章に求められる水準を引き上げました。

過去のTESシリーズに登場したことはありますが、完璧な探索が行われることはなかった、タムリエルの全く違う側面を冒険できるDLC「Clockwork City(クロックワーク・シティ)」は、「モロウウィンドの年」の締めくくりにふさわしいものとなりました。
クロックワーク・シティのメインクエストの終わりに行われるソーサ・シルとの長い会話は、ESOの中で私のお気に入りトップ5の場面です。
DLC「クロックワーク・シティ」では、12名のプレイヤーで挑み、通常の試練よりもボスの数が少ない初めてのミニ試練が登場しました。
このコンテンツについての前向きな意見を基に、今後もこのような試練を追加していく予定です。

また、DLC「Horns of the Reach(リーチの双角)」では2つの素晴らしいダンジョンが追加され、グループプレイを支援し拡大するという、私たちの継続的なサポートを示すことができました。
2018年に登場する2つのダンジョンを含め、毎年より多くのダンジョンコンテンツを実装する予定です。

世界各国でのコミュニティイベント

2017年にはより多くのコミュニティイベントを行うことに焦点を当て、ドイツのケルンで2回(1回はRoleplay Conventionで、1回はGamescomで)、ファンの方とのミーティングを行いました。
また、3月にはPAX East、9月にはPAX West、6月にはロサンゼルスでE3、TwitchConをロングビーチで行いました。

  

  

ファンやコミュニティに会うことは私たちが行ったことの中でも素敵なことの1つで、私たちと同じくらいゲームを楽しんでいるプレイヤーに会いに行くのはいつでも素晴らしいことです。
2018年のイベントでも皆様にお会いできたらと思っています!

ゲーム内イベント

もちろん、すべてのプレイヤーがコミュニティイベントに参加できるというわけではないので、私たちはたくさんのゲーム内イベントを設けるのです。
そうすることで、プレイヤーの皆様が楽しい時間を過ごせ、新しいプレイヤーと出会い、ゲーム内ボーナスやスペシャルな報酬を獲得することができます。

ゲーム内イベントは、要望の多かったゲームへの実装の1つでもあったため、2017年にはたくさんのゲーム内イベントを行いました。
道化師祭り、魔女祭り、年央の騒乱、ニュー・ライフ・フェスティバル、フリー・プレイ、ESO Plusのフリー・トライアル、DLCのアニバーサリー・イベントなどを行いました。
そしてもちろん、ESOのリリース記念イベントも開催しました。

  

  

2018年の楽しみ

2018年には更なるDLCが3つ、新章が1つ登場することをお知らせできることをとても嬉しく思います。
私たちは決してペースを落とすことはありません。
タムリエルにはやるべきことや冒険する場所が多くあり、来年はプレイヤーの皆様を要望の多かったエリアにご招待できることをとても楽しみにしています。

2018年最初のDLCリリースについての正式なお知らせは、年明けすぐに行う予定ですが、その前に少しだけご紹介します。
今度のDLCはダンジョンベースとなっており、タイトルは「Dragon Bones(蘇る骨竜)」です。
タイトル名からわかる通り、ノルドを基本としたテーマになっており、2つのダンジョンはそれぞれ、この地域の言い伝えに沿って広がっています。

「Dragon Bones(蘇る骨竜)」のリリースと共に、キャラクターの外見が大切だと思っているプレイヤーが気に入るであろう機能や、先程も述べた、家にアイテムを保管する機能など、ESOライフの改善や追加実装が行われます。
来年、ESO英語版でPTSが開始されたら、このアップデートの詳細についてさらに詳しくお伝えする予定です。

もちろん、常に新しいコンテンツだけが追加されるわけではなく、未解決の問題や不具合の修正や、機能改善に更なる時間を掛ける予定です。
フォーラムなどにご意見をぜひお寄せください。
私たちは皆様のフィードバックを評価し、真摯に受け止めます。

最後に・・・

何度もお伝えしていますが、この場を借りて私たちZOSから感謝の意をお伝えします。
タムリエルを素晴らしい世界にするための支援や、熱意、献身に感謝します。
ESOの特性上、このゲームはコミュニティ、つまりあなたから成り立っているのです!
また、多くのゲームタイトルの中で、ESOは最も歓迎され、素晴らしいコミュニティの1つとして知られています。
一緒にこのコミュニティを続けていきましょう!

Mattより


最新ニュース