エルダー・スクロールズ・オンライン

Clockwork City

キャラクター特集 ー エーリカ・スクジョラルモル

DLCゲームパック「Horns of the Reach(リーチの双角)」で今後登場するキャラクターについて知りたいですか?
この新しい冒険に関する最初のキャラクター特集では、ファルクリースの首長の娘、エーリカ・スクジョラルモルについてご紹介します。


Karkへ

あなたはかつて私にこう尋ねましたね、『なぜ自分の年齢の半分ほどしかない子どもに仕えることになったのか』と。
あなたが侮辱のつもりで言っているようでしたので、私はあえて返事をしませんでしたが、今改めて伝えようと思います。
時間が許されているうちに。

私はある程度高名な戦士であるアカヴィリの蛇に勝利した後、郷里へと帰還しました。
その後、私は首長に忠誠を誓うことで、高位な身分の重要人物となり、その結果、毎日要塞の周りを歩き回ることに明け暮れるようになりました。
首長が参加しているソリチュードでの上級王スヴァグリムの戴冠の際、彼の妻と子どもも参加するためその護衛が必要となり、私はそれを好機と考え、その要塞から解放されたい一心で、その機会に飛びつきました。

その旅はとても単調な旅の予感がしていました。
ロリクステッドを出て静寂が振動によって断ち切られるまでは。
用心のため、引き連れていたキャラバンは危険の兆候が消え去るまで待機することになりましたが、それが致命的な失敗となってしまったのです。
見渡して気付いたのは、私たちはマンモスの群れが押し寄せる小道に止まっていた事です。
木々の茂みからマンモスの一群が現れ、いとも簡単に私たちの間を駆け抜けて行き、私たちの荷車をひっくり返し、足で戦士たちを踏みつけていきました。
負傷したマンモスが私たちに死の一撃を加えようとしてきたので、その死の一撃を避けるために首長の娘エーリカをその場から安全な場所に投げ、なんとか助けることができましたが、残された彼女の母親と私の不運はそれで終わりではありませんでした。
私は気を失っていたのか、護衛をはらいのけてしまうほどの力がある、マンモスの怒りに満ちた咆哮によって、体の半分が毛深い毛皮に埋もれていた状態で目を覚ましました。
倒れたマンモスの下に捕らわれている私は、怒りに満ちたマンモスと目が合ってしまい、終わりを直感しました。

これまで見えていた光が獣の影で消え去ると、私は静かに死を覚悟しました。
はじめは獣の影に隠れていたため気付けませんでしたが、マンモスの上にエーリカが登っているのを見つけました。
私は彼女に向かって叫ぼうとしましたが、大人物でさえも彼女の目の前にいると驚いてしまうような、小さな子どもの怒りに満ちた唸り声によって、私の声はかき消されてしまいました。
その声によって、恐れか後悔の念のいずれかを抱かせたかはわかりませんが、巨獣は立ち止まり、エーリカの顔は恐れを知らない子どもの顔へと戻りました。
遭遇した不幸からはエーリカのおかげで救われましたが、彼女の母親は不幸から逃れる事ができず帰らぬ人となってしまいました。
旅を続けるために、私は骨折した足で荷車に戻りました。
私はエーリカをどのように慰めたらよいのか、その術をよく知っていましたが、そのような情けは必要ありませんでした。
彼女の流す涙は氷のように固かったのです。
実際のところ、彼女の父親よりも自分の母親の死と向き合い、耐えていました。一方、首長はだんだんとお酒に溺れるようになっていき、エーリカがその任務を引き継ぐこととなります。

12歳の時に、冬の初期に飢えと戦っている熊のねぐらに入り込み、16歳になった時には、一握りのロイヤルブレードを手に取り、オークの襲撃者を追いかけ回していました。
19歳の時には、突進してくるフロスト・トロールのRaudhungrを殺し、本来は血筋から継承されている従士の称号を、彼女はその功績によって獲得したのです。
ファルクリースには誰一人として、エーリカのお陰で今の生活ができると感謝しない者はいません。
私もその一人です。
彼女の鉄の魂によってこの要塞は守られており、いつの日か、その鉄のかけらが私たちに必要になってくるでしょう。

山々の向こうでは雷鳴が轟いていますが、それは遠くに霞む雨ではありません。
迫り来る洪水と、再び来たる不運を知らせるリーチの双角の合図は遅すぎるのです。
これが私からあなたへの最後の言葉になってしまうことでしょう。
なので、私の人生においてエーリカ・スクジョラルモルに仕えた以上の名誉はないこと、そして、彼女の傍にいられるということは、栄光の死を遂げてソブンガルデに連れていかれるより素晴らしい、と私が言っていたことを覚えておいてください。

もし今後話すことがあれば、その時は彼女に感謝の意を伝えてください。

あなたの兄弟

トリク

族長エーリカ・スクジョラルモルに仕える傭兵


ブラッドホーンクランからファルクリースを守っているエーリカ・スクジョラルモルを支援してくれますか?
Twitterであなたの考えを聞かせてください。
ESO Plusのメンバーシップの特典として、もしくは今年の8月にゲーム内のクラウンストアからDLCゲームパック「Horns of the Reach(リーチの双角)」へとアクセスすることができます。



最新ニュース