エルダー・スクロールズ・オンライン サマーセット

ESO : MORROWIND(モロウウィンド)– ヴァーデンフェルの影響力のある勢力グループ

ヴァーデンフェルはあなたのようなよそ者にとっては危険な場所です。
島を支配する強力な名家や組織に接する時は注意しないと、長くもつことはできないでしょう。
6月6日にESO : Morrowind(モロウウィンド)がリリースされた時、あなたが出会うであろうグループについて知るために、島の古代からあるグループについてご紹介いたします。

 

レドラン家

レドラン家は(裁判所寺院と並んで)、ヴィべク・シティ、島の南部および南西海岸の多くを管理しています。
敬虔で尊敬できるレドラン家は、聖堂とアークカノン・ターヴスとの強力な関係を築いており、レドラン家のメンバーは彼らの家、宗教、家族に関しては、非常に真剣に義務を負おうとします。
レドランはエボンハート・パクトに準拠しており、強力な軍隊は同盟戦争において積極的な役割を果たしています。
厳しさと妥協を許さないレドラン家のメンバーは、他の名家よりも当然自分達が優れていると信じています。
レドラン家のメンバーは赤い色と緋色のシンボルで識別できます。

 

テルヴァンニ家

サドリス・モラに拠点を置く神秘的なテルヴァンニ家は、ヴァーデンフェルの東海岸を支配し、ダークエルフ一族の大半から自主的に孤立して暮らしています。
巨大なキノコの塔に住んでいるテルヴァンニ家の指導者たちは、マジカの習得のために異常なほどに働いています。
エボンハート・パクトに加わることを拒否し、よそ者のことになると、テルヴァンニ家は非常に疑り深く(ダーク・エルフ基準でさえ)よそ者嫌いとなりました。
また、テルヴァンニ家は、エボンハート・パクトによって禁止され、大半の他の名家に認められないのにも関わらず、奴隷制度の恩恵に引き続き与っているのです。
テルヴァンニにとって力は全てであり、必要とあれば何としてでも自分の優位性を証明できる者を尊敬しています。
野心的で、狡猾で、攻撃的なテルヴァンニは、危険ですが神秘的な名家なのです。
テルヴァンニ家のメンバーは、茶色の色と渦巻きのアーケード・パワーのシンボルで識別できます。

 

フラール家

多種族のフラール家はセイダ・ニーンを支配していますが、ヴァーデンフェルの都市や街の各所、特に彼らの市場や大広間で、フラール家を見かけることができます。
フラール家一族は交渉や取引をして利益を生み出すことを好み、大抵のメンバーは問題を解決するためには喜んで和解します。
それでも、未だに高度な文化や都市生活を好んでいるフラール家に対しては、彼らは堕落していて貪欲な官僚であるという(おそらく不公平な)評判が立ってやみません。
しかし、フラール家は自分達の評判に関わらず、彼らはエボンハート・パクトを支援しており、トリビュナル聖堂から大変尊敬されています。
フラール家のメンバーは黄色と天秤のシンボルで識別できます。

 

オーディネーター

トリビュナル聖堂の聖なる衛兵、聖堂のオーディネーター四騎士団は、生ける神の勢力とヴァーデンフェルやその向こう側の所有地を守っています。
各騎士団は組織の下でそれぞれ特別な役割を担っています。
聖堂の敵と戦う戦争の騎士団、異端者を捜し出す審問の騎士団、聖堂と祠を守護する監視の騎士団、そして軍事学者で構成されている教義と秩序の騎士団です。
オーディネーターは主にインドリル家から選出されますが、階級内で、全ての名家から選ばれたメンバーもいます。
オーディネーターは独特の黄金の鎧と仮面から識別できます。

 

モラグ・トング

古くからある暗殺者の組織、モラグ・トングは、モロウウィンド全体で公認の暗殺を続けています。
合法的に認められた処刑令状は、敵対する名家間の大規模な流血の惨事を防ぐため、モラグ・トングの組織はダーク・エルフ文化の中で重要な社会的機能を果たしています。
処刑令状が提出された際、令状はギルドのグランドマスターにより慎重に検討されます。
そして令状が承認されると、合法的な処刑が慈悲などなく成立してしまいます。
モラグ・トングは標的を殺すと、自分達はモラグ・トングの組織の一員であるということを公然と告げます。
その上で、復讐されることを避けるため、また、この殺人は合法的に行われたということを証明するため、 処刑礼状を見せるのです。
この組織は、多少の例外はありますが、めったにモロウウィンドの外では活動をしません。
しかし、ダークエルフの故郷内で、モラグ・トングが辿り着くことができない場所はないのです。
もしあなたがモラグ・トングに狙われた際は、ご安心ください。
その死は避けることができず、迅速に、そして完全に合法的に訪れます。

 

取引する相手には気をつけてください

ヴァーデンフェルを探検していると、色々なグループに出会うこととなります。
どのグループに出会うことが一番楽しみですか?
Twitterでお聞かせください。

ESO : Morrowind(モロウウィンド)についてのさらなる情報はこちらからご覧いただけます。

 


最新ニュース