エルダー・スクロールズ・オンライン

Clockwork City

ESO:Morrowind(モロウウィンド)- ヴァーデンフェルの動植物

ヴァーデンフェルはタムリエルの他の場所とは一線を画しています。
エルダー・スクロールズ・オンライン: Morrowind(モロウウィンド)でプレイヤーのみなさまが出会うであろう不思議な生き物と迫力ある環境をご紹介するにあたり、まずは新顔を発表します。
ヴァルドヴァークとクリフストライダーです。
ヴァーデンフェルの緑豊かな土地について学んでいきましょう。


ヴァーデンフェルの動植物

テルヴァンニの自然学者 ティレンラ・シルドレス著

ヴァーデンフェルの地は、一定のサイクルで死と再生を繰り返しています。
レッドマウンテンの溶岩流、噴火、降灰によって、落葉樹林やキノコの密林が枯れると、景色は凶暴な隆起地帯へと様変わりし、古代市民の朽ちた遺跡を覆い隠してしまいます(逆に遺跡が掘り起こされることもあります!)。
しかし、溶岩が固まると島は大きくなり、火成岩からなる層の冷灰から新たな植物とキノコが姿を現します。

火山活動のおかげで肥やされた豊かな土壌には植物が繁茂するので、ヴァーデンフェルには多様な生物群系が存在します。

キノコ類は短期間で火山性土から栄養をたっぷり取り込んで、大きく広がり、ヴァーデンフェルの土地を埋め尽くします。
ビターコースト沿いに生える大きなインクキャップキノコは腐敗した沼地の跡ですくすくと育っていきます。
さらに、たくさんの小さなキノコが岩や木だけでなく、キノコ虫などの一部の動物をも覆っているのです。
なんとかわいらしいことでしょう!

ビターコースト南西の島にあるバルモラは、レッドマウンテンの噴火灰によってその傾斜が剥ぎ取られる危険にさらされているものの、今はまだ森林に覆われています。

荒れ地であるにも関わらず、アッシュランドには驚くほどの種が宿っています。
アッシュホッパーは乾いた灰の山と巨大なキシラリアを軽々と突き抜けて、そのツルを空へと伸ばします。
旅人のみなさま、お気をつけください!
岩山の上には、お腹を空かせた爬虫類のクリフストライダーが待ち伏せています。

フェッチャーフライは火山熱を使って卵を育てることができるように自分たちの巣を作り上げます。
卵が孵ると、女王はマグマの源を利用して、巣に命を吹き込みます。
すると、巣が歩くハイヴゴーレムへと姿を変えて、新しい環境へと移動していくのです。

島の北東部では、ニックス・オックスグレイズランドをうろついています。
一般的には温厚な生き物であると考えられていますが、自分たちの領域を守るためには手段を選びません。

2本足の ヴァルドヴァークは草地を歩き回り、小さな虫を餌にしています。
決していい匂いとは言えないのですが、この愉快な生き物をペットとして飼う人もいます。

また、ヴァーデンフェルに点在する墳墓の内部には、ガーディアンとして召喚された、ハンガーとして知られる強大なデイドラが身を潜めていることがあります。

そして、ザフィルベル湾にはモロウウィンド最大のキノコが存在します。
この雄大な種はテルヴァンニの魔術師によって栽培されており、魔術師の生涯(1000年)をかけて成長します。
このキノコの森は独自の生態を有しているのですが、それに関してはまた別の本でお話しましょう。




今回ご紹介したのは、今年6月に発売されるESO:Morrowind(モロウウィンド)での冒険で出会う多種多様な生き物と環境のほんの一部でしかありません。1番楽しみに感じたのはどんなものですか? Twitter公式掲示板で、あなたのご感想をお聞かせください!



最新ニュース